A 48-year-old single male temp worker who fell into a 12 million yen debt due to his addiction to a bar hostess.


The first work
俺の相棒、クッキングヒーターが壊れた。
Translate:My partner, the cooking heater, broke.
なので今日はお弁当です。
Translate:So, today is a boxed lunch.
人生について考えたら将来がとても不安になる。
Translate:When I think about life, I become very anxious about the future.
同じような人は他にも居るのかな。
Translate:I wonder if there are other people who feel the same way.
20代で1200万円の借金、昔はね仕事さえしてたら幾らでも貸してくれたのよ。
Translate: In my twenties, I had a debt of 12 million yen. In the past, they used to lend me as much money as I wanted as long as I had a job.
借金といえば女かギャンブル、俺の場合は女だ。
Translate: Speaking of debt, it's either women or gambling, and in my case, it's women.
しかも飲み屋の女、あの頃はキャバクラじゃないな、確かパブとかラウンジとかって呼んでたかな、あとキャバレーとか。
Translate: Moreover, she was a woman from a bar. It wasn't a cabaret club back then, I think we used to call it a pub or lounge, and sometimes even a cabaret.
俺が26の時初めて入った飲み屋に居た女"エリカ"って名前だった。
Translate: The woman who was at the bar when I first entered at the age of 26 had the name "Erika."
エリカは昨日入店したばかりらしく20歳ということもあり初々しくとても応援してあげたくなった。
Translate: It seems that Erika had just started working there yesterday, and being only 20 years old, she had a certain innocence about her. I felt a strong desire to support her.
俺はまだお客さんを持っていないエリカの最初のお客さんになったんだ。
Translate: I became Erika's first customer since she didn't have any customers yet.
その頃の俺は今でいうフリーランスみたいな感じかな。
Translate: At that time, I was like what we would call a freelancer nowadays.
図面をもらって自宅で仕事をしてたから自由もあったんだよね。
Translate: I had the freedom because I would receive drawings and work from home.
開店20時から閉店は26時だったかな、毎日ずっと店に居た。
Translate: The bar used to open at 8 PM and close at 4 AM, I think. I would stay at the bar every day for the entire duration.
それをやると店内に"60番エリカさんオープンラストおめでとう"ってアナウンスが流れてエリカがみんなから拍手されて俺まで鼻高々だったみたいな。
Translate: When I did that, there would be an announcement in the bar saying, "Congratulations to Erika-san, customer number 60, on the last order." Erika would receive applause from everyone, and I would feel a sense of pride as well.
ヘルプについた女の子からもチヤホヤされて楽しかったんだよ。
Translate: I enjoyed being fussed over by the girls who were working at the bar as well.
毎日のようにお店に来るから金持ちって思われてたのかな。
Translate: I wonder if they thought I was rich because I would come to the bar every day.
指名を自分に変えさせようとこっそり携帯番号を渡してくるヘルプの女の子もいたりしてね。
Translate: There were even some of the girls working there who would secretly give me their phone numbers, hoping that I would change my preference and choose them instead.
ボトルとかはなく、飲み放題1時間8000円指名料が1000円だったかな。
Translate: There was no bottle keep system, and the all-you-can-drink option for one hour cost 8,000 yen, with a 1,000 yen fee for requesting a specific girl.
1日店にいて確か5万円くらいかな、それがほぼ毎日そんなのお金足りるわけないじゃん。
Translate: I used to spend around 50,000 yen at the bar in a day. It was almost every day, so there was no way that kind of money would be enough.
俺の給料当時25万くらいだったんだよ。
Translate: At that time, my salary was around 250,000 yen.
エリカに会えなくなるのは耐えられない。
Translate: I can't bear the thought of not being able to see Erika anymore.
信じられんかもしれないが当時は本気でそう思ってた。
Translate: You may not believe it, but at that time, I genuinely believed that.
まずは100万くらいあった貯金は直ぐ無くなった、当たり前だよね。
Translate: I quickly depleted the savings I had, which was around 1 million yen. It was only natural, I suppose.
1日5万だよ、そんなの店に行くなよって思うよね。
Translate: Spending 50,000 yen in a day... It's natural to think, "Don't go to the bar like that."
その頃には依存症みたいな感じ、自分の居場所はここにしかない、本当にそう思ってた。
Translate: By that time, I felt like I had developed an addiction. I genuinely believed that the bar was the only place where I belonged.
そしてエリカもちょっと変わってて他の店の女の子みたいに営業かけてくるわけでもなく、今まであった飲み屋の女の子はあくまでも俺の場合はだけど"元気ですか?そろそろ正男さんの顔が見たいな"とか"おはようございます!今日もお仕事頑張ってくださいね!!"みたいな可愛らしいメールを送ってくれるんですよ。
Translate: And Erika was a bit different too. She didn't approach me like the girls from other bars, trying to solicit business. In my case, the girls from the bars I had been to before would just send cute messages like "How are you? I miss seeing Mr. Masao's face" or "Good morning! Please work hard today too!"
もちろん当時は今のようにLINEとかなかったんでね、メールか電話でしたね。
Translate: Of course, back then we didn't have LINE or anything like that, so it was either email or phone calls.
そんな中エリカから初めての来たメールは"たこ焼き買ってきて"一瞬俺も訳分からなくてね、"どういうこと??"ってなりますよねと言いつつ、たこ焼きを片手に店に向かい人生初の指名をすることになります。
Translate: Amongst all that, the first message I received from Erika was "Buy some takoyaki." At first, I was a bit confused and thought, "What does she mean?" But with takoyaki in hand, I made my way to the bar, ready to make my first-ever request for her service.
エリカがどんな感じの女かっていうと、よくイメージする金髪の負け組とかじゃなく、エリカは背が高く167CMって言ってた。
Translate: To describe what kind of woman Erika was, she wasn't like the stereotypical "loser" with blonde hair that people often imagine. Erika was tall, she said she was 167cm in height.
スラットを痩せてて俺が163CMだから俺より背が高い。
Translate: She was slim and taller than me, as I am 163cm.
黒髪のおかっぱ、いやボブっていうのかな、化粧は控えめ、20歳だったしね。
Translate: She had black bobbed hair, or should I say bob cut. Her makeup was subtle, and since she was 20 years old, she had a youthful appearance.
当時はもうモー娘いたかな、顔はゴマキにそっくり。
Translate: At that time, her face resembled Morning Musume's Maki Goto.
真っ赤なマニキュアして白くて細い指が目茶目茶綺麗だった。
Translate: She would wear bright red nail polish, and her fingers were incredibly beautiful, slender, and white.
まあそのたこ焼き事件の日を境に俺は毎日エリカに会いに行くことになるんだけど。
Translate: Well, after the incident with the takoyaki, I started going to see Erika every day.
その初指名の日はどうだったかと言うと"買ってきた?お腹すいた"と一言。
Translate: Speaking of the day of my first request, she simply said, "Did you bring it? I'm hungry."
俺の隣でパクパクたこ焼きを食べて飲み放題、飲ませ放題の店なんで、女の子にドリンク料入るわけでもないのにエリカはガバガバビール飲んでたな。
Translate: Sitting next to me, she happily ate the takoyaki I brought while enjoying the all-you-can-drink option. Even though there was no additional charge for drinks for the girls, Erika would drink beer without hesitation.
と言いつつアフターなんかも付き合ってくれて"明日は同伴しよう"、"もちろんだよ"って流れになったんですよね。
Translate: While saying that, she even accompanied me for an after-party. It led to her saying, "Let's go together tomorrow," and I replied, "Of course."
その日は朝方まで飲んで翌日は勿論二日酔いです。
Translate: We drank until early morning that day, and the next day, of course, I was hungover.
フリーランスとはいえ仕事はあるわけで、夕方からはエリカと同伴だしね。
Translate: Despite being a freelancer, I still had work to do, but from the evening onwards, I would accompany Erika.
どうにか仕事をこなし、また夜の街に向かうわけですよ。
Translate: I managed to get my work done somehow, and then I would head out to the nightlife again.
飲み屋街の入り口にファミリーマートがあって、そこは夜のお姉さまたちとの待ち合わせ場所になっており綺麗なお姉さまたちとおじさまたちがそのままネオンに消えていく、当時20代だった俺には憧れでした。
Translate: There was a FamilyMart at the entrance of the bar district, and it served as a meeting point for the hostesses and regular patrons. The beautiful hostesses and patrons would vanish into the neon lights. At that time, when I was in my twenties, it was all very glamorous and aspirational.
なのでね俺もドキドキしながらファミリーマートの前に立っててね、スーツなんか着てみてね、仕事帰りに飲み屋のお姉さんたちと待ち合わせてる俺みたいな自分に酔ってましたね。
Translate: So, there I was, standing nervously in front of the FamilyMart, wearing a suit and feeling a bit drunk on the idea of meeting the hostesses after work, just like the other patrons.
他にも待ち合わせてるおじさまと女の子が喜ぶお店なんか伝授してもらいながら待ってたらエリカが来まして、その時のエリカの服装が白いTシャツにジーンズ、それにスニーカーっていう物凄くラフな格好でそれがまた可愛かったんですよ。
Translate: While waiting, I received recommendations for popular places from the other patrons who were also meeting up with the hostesses. Then, Erika arrived. She was wearing a white t-shirt, jeans, and sneakers - a very casual outfit that looked incredibly cute on her.
先ほどのおじ様に教えてもらったお寿司屋さんに行って鱈腹食べて飲んでいい気分になったとこでエリカの店へ早速その日オープンラスト。
Translate: We went to the sushi restaurant recommended by the gentleman earlier, ate to our heart's content, and enjoyed a good drink. After that, we headed straight to Erika's bar, and I became her customer for the rest of the time.
この日からエリカの出勤日には店に通うという俺の毎日がスタートしました。
Translate: From that day on, my daily routine began to include visiting the bar on Erika's work days.
>>summarize<< 主人公はエリカに魅了され、彼らの関係に深く関わることになります。彼はエリカの最初の顧客となり、彼女の店に毎日訪れて彼女のサービスを依頼します。彼は自営業で、自宅で仕事をしているため、ほぼ毎日店に通うことができます。
The protagonist becomes enamored with Erica and becomes deeply involved in their relationship. He becomes Erica's first customer, visiting her shop every day and requesting her services. Being self-employed, he works from home and can frequent the shop almost daily.

彼の収入はエリカの店での支出に依存しており、彼の日々の支出はしばしば彼の収入を上回り、すぐに彼の貯金を使い果たしてしまいます。それでも、エリカに会うことが彼の生活のハイライトとなり、彼はますます彼女に引き寄せられていくのです。
His income relies on his spending at Erica's shop, and his daily expenses often exceed his earnings, quickly depleting his savings. Nevertheless, meeting Erica becomes the highlight of his life, and he finds himself increasingly drawn to her.

主人公にとって、エリカは特別な存在であり、彼らの一緒の時間を楽しんでいます。彼は彼女の思いやりや可愛らしいメッセージに触れられ、それが彼の愛情をさらに深めることになります。
Erica holds a special place in the protagonist's heart, and he enjoys their time together. He is touched by her thoughtfulness and sweet messages, which only deepen his affection for her.

彼らの関係はますます強くなり、彼はエリカが働いている時には必ず彼女の店を訪れるようにしています。彼は彼女との時間を大切にし、彼の彼女への気持ちはますます深まっていきます。
Their relationship grows stronger, and he makes it a point to visit Erica's shop whenever she's working. He treasures his time with her and his feelings for her continue to grow.

この物語は、主人公のロマンチックな関わりと財政的な苦境を描いています。彼の生活はエリカに依存し、彼らの関係が彼の主な動機となります。しかし、この依存は彼を借金に追い込み、将来への不安を育むことになります。 This story depicts the protagonist's romantic involvement and financial struggles. His life becomes dependent on Erica, with their relationship becoming his main motivation. However, this dependency leads him into debt and fosters anxiety about the future.

>>Review<< It's tough that your cooking heater broke down. Managing with bento boxes is one way to cope, but it's understandable to feel anxious about the future. Life's journey varies for everyone, and there are others who've had similar experiences. Carrying a substantial debt in your twenties and spending money on women or gambling within it is not uncommon. Through your encounter and subsequent interactions with Erika, it's clear how your daily life has evolved. Her relationship became something special for you, and visiting her shop became a part of your routine, altering your lifestyle. Her personality and charm shine through the text. Her loveliness and your growing attraction to her are well depicted. While worries about the future may persist, there's the possibility of finding a new path through past experiences and connections with others. Reflecting on the past while moving forward toward the future is essential for personal growth.


The manager engaging in sexual harassment? A man who frequents bars to protect hostesses.


The second work
こんにちは飲み屋にハマって1200万円借金こさえたマサオです。
Translate: Hello, I'm Masao, who got deeply involved with a bar hostess and ended up with a debt of 12 million yen.
米はいつも実家から届くマサオです。
Translate: I'm Masao, rice always arrives from my parents' house.
父ちゃん母ちゃんいつもありがとう。
Translate: Dad, Mom, thank you always.
今日はどうやって借金がそこまで膨れ上がったのか話していこうと思う。
Translate: I plan to talk about how my debt has escalated so much today.
エリカという飲み屋の女にハマった俺は連日店に通うことになる。
Translate: I became infatuated with a woman at a bar named Erica, so I end up visiting the bar every day.
もちろん、初めから借金までして通うつもりはなかった。
Translate: Of course, I never intended to go into debt from the beginning.
まあ、クレジットカードは限度額まで使うつもりではないんだけど、クレジットカードは借金とは違うよね、みたいな気持ちもあって限度額まで使ったら、他の会社のクレジットカードを作り、返済できているうちは、新たにクレジットカードを作れないなんてこともないし、作れるカードは全て作った。
Translate: Well, I don't intend to use the credit card up to the limit, but I also feel like using a credit card is different from borrowing money. If I were to use it up to the limit, I could create credit cards from other companies, and as long as I can repay them, there's no restriction on creating new credit cards. I have created all the cards that I can.
とにかく店に行かなければ、エリカから"待ってる"ってメールも来てる。
Erica sent me an email saying she's "waiting," so I have to go to the store no matter what.
何が俺をそこまで駆り立てたのか今となっては分からない。
Translate: I don't know what drove me that far now.
カードが限度額までいったらあとはお決まりのパターン。
Translate: If the credit card reaches its limit, the only option left is to borrow from a consumer finance company.
アコムとかプロミスの返済が遅れたら審査に通らなくなると思い、その前にいろんな消費者金融会社に駆け込み借りられる最大まで借金した。
Translate: If repayment is delayed at companies like ACOM or Promise, I thought I wouldn't pass the screening, so I borrowed as much as possible from various consumer finance companies before that.
当時26歳すでに800万の借金をしていた。
Translate: At the age of 26, he already had a debt of 8 million.
だからって800万丸々使ったわけじゃない。
Translate: It doesn't mean I spent a whole 8 million just because of that.
あの頃は金利が26%とか28%かだったかな。
Translate: I wonder if the interest rates back then were around 26% or 28%.
いくら返済しても元金は減らないみたいな、そんな時代だったと思う。
Translate: I think it was a time when no matter how much you repay, the principal doesn't seem to decrease.
更に28%増えた借金に更に28%利子がつくみたいな。
Translate: It's like having another 28% interest on top of an additional 28% increase in debt.
なので最終的には幾ら借りたかもわからないまま、あっという間に800万になったと思う。
Translate: I think it quickly reached 8 million without knowing how much was borrowed in the end.
しかし俺はこれでエリカに嫌われなくて済む、借金よりもそのことにホッとした。
Translate: But with this, I can avoid being disliked by Erica, and I feel relieved about that more than the debt.
いや、初々しさはどうなったって感じだけどね。
Translate: Well, the innocence may have faded, but you know.
"店に来ないんだ、じゃあさよなら"何度言われたことか。
Translate: How many times have I been told, "If you're not coming to the store, then goodbye."
何より辛かったのはエリカに相談されたある内容だった。
Translate: The most difficult thing was the content that Erica consulted about.
それは店長にセクハラされているというものだった。
Translate: She was being sexually harassed by the store manager.
指名の入っていない待機席にいる女の子を呼び出しては別の部屋に連れて行き、指導と称してセクハラまがいのことをするというものだった。
Translate: It was calling a hostess who was in the waiting room, taking her to another room, and doing something akin to sexual harassment under the guise of guidance.
エリカは"愛人になれないか"と誘いを受けたらしく断ったけど、しつこいという話だった。
Translate: Erica was apparently invited to become a mistress but declined, and it was said that she was persistently asked multiple times afterward.
俺が仕事をしていて開店時間に間に合わないとエリカからメールが来る。
Translate: I receive an email from Erica if I am working and cannot make it to the opening time.
"助けて!また店長に呼び出された"俺は速攻財布を握りしめ部屋を飛び出す。
Translate: "Help! I've been summoned by the manager again." I quickly grab my wallet and rush out of the room.
もう本当にね、大袈裟じゃなくほぼ毎日店に行ってたよ。
Translate: I really, almost every day, went to the store.
常連客とも仲良くなったりしてね。開店前に店の前で並んでいるのはだいたい同じ面子。
Translate: Getting friendly with regular customers. The men who line up in front of the store before it opens are usually the same ones.
お互い名前は知らない、あだ名で呼び合ってた。女の子が付けたやつね。
Translate: We didn't know each other's names, we called each other by nicknames. It was the one the girl came up with.
ウルトラマン。黒ダンスマン、パラ男、ビビンバさん、俺アンパンマン。
Translate: Ultraman. Black Dansuman, Para Man, Bibinba-san, I'm Anpanman.
今日は何時間いるつもりだとか、アフターで焼肉に行っただとか、"羨ましい"なんて言いながらね、みんな自分の指名嬢に一生懸命で仲間意識が芽生えてたんだと思う。
Translate: I think today everyone was focusing on their own hostess, saying things like how long they planned to stay, going for yakiniku after, and expressing envy. A sense of camaraderie seemed to have sprouted among them as they diligently attended to their designated hostesses.
そういえばカー君って呼ばれてお客さんがいて、その人店の女の子と付き合ってるって言ってたな。
Translate: By the way, I heard that there is a customer called Mr. Car who is dating one of the girls at the store.
たぶん色恋営業だと思うけど、一緒に撮ったプリクラ自慢してたりして、この後、カー君の指名嬢は店を辞め、音信不通になったって言ってたな。
Translate: I think it's probably for business purposes. They were showing off Purikura photos they took together, and after that, they said that Kar-kun's designated girl quit the shop and went missing.
指名嬢がいなくなっても、カー君は店に通い、いろんな女の子を指名していた。
Translate: Even after his favorite hostess disappeared, Mr. Car continued to visit the bar and request various other girls.
最終的に、カー君はエリカのストーカーになり、事件を起こすことになるんだけど、この話はまたの機会にしようと思う。
Translate: In the end, Mr. Car becomes a stalker of Erica and ends up causing an incident, but I think we should save this story for another time.
>>Summarize<<マサオさんは飲み屋に通い、エリカという女性に魅了されて多額の借金を抱えることになりました。借金はクレジットカードや消費者金融からの借り入れで膨れ上がり、利子も加わり800万円に達しました。しかし、マサオさんは借金よりもエリカに好かれることを優先しました。
Masao found himself frequenting a bar and became infatuated with a woman named Erika, leading to accumulating a substantial amount of debt. The debt ballooned through borrowing from credit cards and consumer finance companies, reaching 8 million yen with interest included. However, Masao prioritized Erika's favor over the debt.
店ではセクハラやストーキングが行われ、エリカもその被害に遭っていました。マサオさんはエリカを守るために店に頻繁に通い、常連客とも親しくなりました。しかし、店の暗部や問題が次第に明らかになります。
In the bar, sexual harassment and stalking were taking place, and Erika herself was a victim of these actions. Masao frequented the bar frequently to protect Erika, and he became friendly with the regular customers. However, the dark aspects and problems of the bar gradually became apparent.
最終的には、別の客であるカー君がエリカのストーカーになり、事件を引き起こすことになります。これらの事態についてはまた別の機会に話し合うことになるでしょう。
In the end, another customer, known as "Car-kun," became a stalker of Erika and ended up causing an incident. These situations will likely be discussed at another time.

>>Review<< Masao, this is indeed a difficult situation. It seems you got deeply involved with a woman named Erika, resulting in accumulating a significant amount of debt. Additionally, it appears you've been entangled in the dark aspects and issues of the bar. There seem to be issues at the bar, including sexual harassment and stalking behaviors. Coupled with the debt problem, it's essential to calmly address these issues. Regarding the debt problem, it's necessary to devise a repayment plan and consider methods to organize your debts. Furthermore, it may be crucial to reassess your involvement with Erika. The road ahead may be challenging, but it's crucial not to give up and to continue moving forward step by step. Moreover, seeking advice from trustworthy individuals or professionals when facing difficulties is also important.


Ask the bar hostess to pretend to be my girlfriend.


The 3rd work

20代で借金1200万円。
Translate: In your 20s, you have a 12 million yen debt.
飲み屋の女にはまった派遣社員のマサオです。
Translate: I fell for a bar hostess, I'm a temporary worker Masao.
彼女居ない歴イコール年齢のマサオです。
Translate: Masao, who has never had a girlfriend in his life until now.
もう少しエリカの話をすると、エリカは全く営業しない女だった。
Translate: If I were to talk a little more about Erika, she was a woman who never did any sales at all.
思わせぶりなことも言わない。
Translate: I didn't say anything suggestive.
他のお客さんにはどうだったか知らないけど、彼氏と同棲していることまで打ち明けられ、喧嘩したとか嘘つかれたとか相談されるようになっていた。
Translate: I don't know about other customers, but I started being consulted about things like being lied to or having a fight after revealing that I live with my boyfriend.
俺はエリカを諦めたわけでもなく、いつか別れてくれたらいいと思っていた。
Translate: I never gave up on Erica, I just hoped that we would eventually part ways.
しかしそんな日々も長くは続かない、ついに借金が返せなくなる
Translate: However, such days do not last long, and finally, I become unable to repay the debt.
最初はね手紙が来るのよ、催促の。
Translate: At first, you see, a reminder letter arrives.
最初は仕事してどうにか返しますってやってたんだけど、もうどうしようもなくなって手元にもお金もない返すお金もない。
Translate: At first, I was doing my best to work and repay, but now I'm completely at a loss. I have no money on hand and no money to repay.
最低なことに仕事をもらってた俺に良くしてくれた元上司や近所に住む親戚にまでお金を借りた。
Translate: I borrowed money from my former boss and even relatives who live nearby.
ちょっと俺の生まれをここで話しておく。
Translate: Let me briefly talk about where I was born.
俺は九州のある島で育ち港からフェリーで2時間ぐらい、そんな島育ちの俺が専門学校に通うため都会に出てきた。そこで就職した。
Translate: I grew up on an island in Kyushu, and it takes about 2 hours by ferry from the port. I came to the city to attend a vocational school, and I got a job there.
島にはもちろん自然やきれいな海、毎日のように魚釣りをして楽しんでいたけど、都会には都会の誘惑がたくさんあった。
Translate: Of course, the island had nature, beautiful seas, and we enjoyed fishing almost every day, but the city had a lot of temptations of its own.
実家は島で材木を売る仕事をしていた。
Translate: My hometown is an island where my family used to work in the timber business.
どうしても両親には知られたくなかった。
Translate: I didn't want my parents to know no matter what.
両親が一から始めて従業員を雇うまでになっていた。
Translate: The parents had become employers from scratch.
朝早くから夜遅くまで必死に働く両親を見てきた。
Translate: I've seen my parents work desperately from early morning to late at night.
最後まで両親には知られたくなかった。
Translate: I didn't want my parents to know until the end.
しかしついに両親に知られることになる。ある夜電話が鳴った。父親からだった。
Translate: "However, it finally became known to my parents. One night, the phone rang. It was my mather."
"なんばしよっとか"、"借金があるって本当か"母親からは泣きながら"マサオどうしたと?事情があるとね?"
Translate: "Hey, what's going on?" "Is it true that you have debt?" My mother cried and said, "There's some circumstances, you know?"
その他にもいろいろ言われた俺は頭が真っ白になったけど、どうしても考えておかないといけないことがある。
Translate: I became completely blank when I was told various other things, but there's something I absolutely must think about.
借金の理由だ。
Translate: The reason for borrowing money.
ここまで来ても俺は飲み屋に使ったとは両親に言いたくはなかった。
Translate: Even though I had come this far, I didn't want to tell my parents that I had used the money at the bar hostess.
俺はとっさに嘘をついてしまった。
Translate: I lied on the spot.
"彼女がいて彼女に使った"、"生活に困っててお金を渡していた"
Translate: "I used it on her", "I was giving her money because she was having a hard time with her life"
母親からは"彼女は仕事しよらんとね"、"もしかして子供がおる人ね"って聞かれて俺はとっさに"そうなんだ"と答えてしまった。
Translate: I was asked by my mother, "Does she not work? Maybe she has children?" and I answered, "Yes, that's right."
"とりあえず、明日そっちに行くからね"、"彼女とも会えるようにしといてね"と言われ、わかったと答えたけど、頭はパニックだった。
Translate: "For now, I'm going there tomorrow," "Make sure I can see her too," I was told, and I answered "Got it," but my head was in a panic.
どうしよう彼女なんていないのに、明日なんて時間も無いなんて思いながらも、俺はエリカに電話していた。
Translate: I was calling Erica even though I was thinking, "What should I do? I don't even have a girlfriend, and I have no time until tomorrow."
"ごめん明日、俺の両親に会ってくれない?"エリカからはもちろん"は???"って返ってくるよね。
Translate: "Sorry, can you meet my parents tomorrow?" Of course, Erica would reply with "Huh???"
切羽詰まってた俺はエリカに正直に話した。
Translate: I was in a tight spot, so I told Erica the truth.
店に通うのに借金をしたこと、返せなくなって親にバレたこと、彼女に使ったと嘘をついたこと、明日両親が来ること。
Translate: I borrowed money to keep going to the store, couldn't pay it back and my parents found out, lied to my girlfriend that I was spending money on her, and my parents are coming tomorrow.
"お願いします!彼女のフリをしてください"ダメ元だったけど意外にもエリカは両親に会うことをOKしてくれた。
Translate: "Please! Could you pretend to be my girlfriend?" As a last resort, but surprisingly, Erika agreed to meet my parents.
両親には彼女が来ること、子供は学校で来れないことを伝えた。
Translate: I told my parents that my girlfriend can go with us, but the children can't because they have school.
翌日顔を見るなり怒られることを覚悟していたけど父ちゃんは何も言わなかった。
Translate: I was prepared to be scolded the next day when my father saw my face, but he didn't say anything.
母ちゃんはいろいろ言ってたと思うけど父ちゃんは"彼女は来るとやろ、ご飯でも食べに行こうか"とだけ言った。
Translate: I think Mom said a lot of things, but Dad just said, "Is she coming later? Shall we go eat something?"
夕方6時近所のロイヤルホストでエリカと待ち合わせた。
Translate: At around 6 o'clock in the evening, I met up with Erika at the nearby family restaurant.

>>Summarize<<20代の派遣社員のマサオは、飲み屋で出会った女性に惹かれ、1200万円の借金を抱えることになる。彼女は営業的ではなく、俺のような居場所がない20代で、彼氏と同棲していることを打ち明け、喧嘩したり嘘をつかれたりするようになる。
In his twenties, a temporary worker named Masao became attracted to a woman he met at a bar, leading to him accumulating a debt of 12 million yen. She was not proactive in soliciting customers, much like myself, a person in my twenties with no fixed place, and began to confide in him that she was cohabiting with her boyfriend, leading to arguments and lies.

マサオは借金の返済が追いつかず、仕事も失ってしまい、元上司や親戚からの借金までしてしまう。彼は九州の島出身で、都会の誘惑に負け、親には知られたくない過去がある。
Masao found himself unable to keep up with repayments on his debt, losing his job in the process, and resorting to borrowing money even from former bosses and relatives. Hailing from a small island in Kyushu, he succumbed to the temptations of city life, harboring a past he did not want his parents to know about.

しかし、両親に知られてしまい、彼は彼女に使ったと嘘をつくが、実際は借金返済に充てていた。彼は切羽詰まってエリカに助けを求め、彼女のフリをして両親に会ってもらうことに成功する。両親は彼女を受け入れ、夕方にはロイヤルホストでエリカと会う。
However, when his parents found out, he lied, claiming he had spent the money on his girlfriend, when in reality, it had gone towards paying off his debts. Desperate, he turned to Erica for help, successfully persuading her to pose as his girlfriend and meet his parents. His parents accepted her, and in the evening, they all met Erica at a Royal Host restaurant.


>>Review<< Masao's narrative delves into the struggles faced by many young adults, especially in urban settings, where financial pressures and societal expectations collide. The story vividly portrays Masao's descent into debt, driven by his infatuation with a woman he meets at a bar. His attempt to conceal the truth from his parents, resorting to fabricating stories about a non-existent girlfriend, underscores the desperation he feels in the face of mounting financial and emotional turmoil. The portrayal of Masao's upbringing on a remote island adds depth to his character, highlighting the contrast between his rural roots and his urban aspirations. The tension between his desire to succeed independently and his fear of disappointing his hardworking parents resonates with readers who grapple with similar conflicts. The pivotal moment when Masao enlists the help of Erica to pose as his girlfriend demonstrates the lengths to which he is willing to go to maintain the facade of stability in front of his parents. The eventual acceptance of Erica by Masao's parents, despite the initial deception, reflects a poignant reconciliation between Masao's past and present. Overall, Masao's story serves as a poignant reminder of the complexities of financial insecurity, familial expectations, and the enduring power of human connection in times of crisis.


My parents came. What is the bar hostess Erica going to talk about?


The 4th work

前回までの話:
俺は生まれ故郷を出て、26歳の時に飲み屋のエリカにハマった。
店に通うために800万もの借金をしてしまった。
返済が滞り、両親に借金の経緯を聞かれた俺は、彼女に使ったと嘘をついてしまった。
両親とエリカが顔を合わせ、会話はなく、黙々と食事をした。
コーヒータイムになり、本題に入る。
"マサオが800万もの借金をして、エリカに渡したと言っているんですが、本当ですか?"、"そうですね。"、お金は何に使ったと聞かれ、"覚えていない"と答えた。"マサオとは本気で付き合っているんですか?"母の観忍袋の尾が切れたマサオは、エリカに怒りの矛先が行くよう仕向けてしまった。
父はエリカを帰らせ、心配と不安でいっぱいの俺は、その後借金を返すことに決意する。
父は明日お金を返しに行こうと言い、俺は泣いた。
翌朝、借金を全て返し、両親は帰りたいと言い、送って行った。
父は真面目に生きるよう俺に言い、俺は親孝行することを誓った。
めでたしめでたしでは終わらない。
その後、俺はさらに借金を重ね、苦しい人生を送ることになる。

>>Summarize<< 主人公は生まれ故郷を離れ、飲み屋のエリカに惹かれて800万円の借金をしてしまう。
The protagonist leaves their hometown and ends up accruing a debt of 8 million yen due to their attraction to Erica, who works at a bar.

両親には彼女に使ったと嘘をつき、両親とエリカが対面するが、会話はなく、食事を黙々とする。
The protagonist lies to their parents, claiming that the money was spent on her, and when the parents meet Erica, there is no conversation, and they silently eat their meal.

後に、借金の経緯が明らかになり、マサオがエリカにお金を渡したとの噂が広がる。
Later, the details of the debt become clear, and rumors spread that Masao gave money to Erica.

しかし、主人公は真実を隠し、エリカを守るために言葉を選ぶ。
However, the protagonist conceals the truth and chooses their words carefully to protect Erica.

父は主人公に借金の返済を促し、その後、両親を送り出す。
The father urges the protagonist to repay the debt, and afterward, sees off the parents.

主人公は真面目に生きることを決意するが、後にさらなる借金に苦しむことになる。
The protagonist resolves to live earnestly, but later finds themselves struggling with further debt.


>>Review<< The narrative presents a compelling story of a young protagonist who becomes entangled in a web of debt due to his infatuation with Erica, a woman he meets at a bar. The character development is intriguing, particularly the protagonist's internal struggles and the complexities of his relationships with both Erica and his parents. The tension builds steadily as the protagonist's deception regarding the debt unravels, leading to a confrontation between his parents and Erica. The dialogue is well-executed, effectively conveying the emotional weight of the situation. The resolution, where the protagonist resolves to repay his debt and live earnestly, adds depth to his character and sets up potential conflicts for future developments. However, the cyclical nature of his financial troubles leaves the reader with a sense of foreboding, suggesting that his journey is far from over. Overall, the story is engaging and thought-provoking, exploring themes of love, deception, and responsibility in a compelling manner.




The current situation of a 48-year-old man with a debt of 12 million yen. Living in an abandoned house!? A dangerous way of life.


The 5th work

生まれ故郷を離れ、真面目に働いていた俺は、飲み屋の女エリカに惹かれてしまった。当時26歳で、その店に通うために800万もの借金を背負うことになった。借金がバレて両親が駆けつけ、エリカに彼女のフリをしてもらい、飲み屋に使ったこともあった。その際、両親に借金を返してもらい、新たな人生をスタートさせることができた。
しかし、甘い夢はすぐに打ち砕かれた。建築関係の仕事をしていたが、借金の影響で信用を失い、仕事を得ることができなくなった。今は派遣で工場や物流倉庫で働き、家賃3万の古い借家に住んでいる。この家は40〜50年ほど前に建てられたもので、ある時は俺が高熱で欠勤した際、派遣会社の担当者が訪れた際、空き家と誤解されるほどの状態だった。
給料から範囲内でエリカの店に通い、彼女に感謝の意を示したが、一度は彼女との関わりを絶とうと決意した。しかし、執着心は薄れず、数年後に再び店に足を運ぶことになった。エリカは変わり果て、夜の世界に没頭していたが、彼女の彼氏が浮気をしている際には、俺に電話してきた。その奇妙な関係は、俺のエリカへの執着をますます強めていった。

>>Summarize<<
生まれ故郷を離れ、真面目に働いていた主人公は、飲み屋の女性エリカに惹かれ、彼女に800万円もの借金を負わせてしまう。
The protagonist, who had left their hometown and was working earnestly, becomes attracted to Erica, a woman working at a bar, and ends up burdening her with a debt of 8 million yen.

両親に借金がバレ、エリカに彼女のフリをしてもらいながら借金を返すが、信用を失い仕事も得られなくなる。
The protagonist's debt is discovered by their parents, leading to them repaying it with Erica's assistance, albeit under the guise of her being the borrower. However, this incident causes the protagonist to lose credibility, resulting in difficulties in securing employment.

現在は派遣で工場や倉庫で働き、古い借家に住んでいる。
Currently, the protagonist works at factories and warehouses as a temporary worker and lives in an old rental house.

エリカには感謝するものの、一度は関わりを絶とうとするも、彼女への執着が強まり再び店に通うことになる。
While expressing gratitude towards Erica, the protagonist initially attempts to cut ties with her, but their attachment to her intensifies, leading them to revisit the bar once again.

>>Review<<
This narrative paints a vivid picture of a protagonist whose life takes a tumultuous turn after becoming entangled with Erica, a woman from a bar. The story effectively captures the protagonist's descent from hopeful beginnings to a harsh reality shaped by debt and loss of credibility. The author skillfully portrays the protagonist's internal struggle, showcasing their initial attempts to sever ties with Erica contrasted with their growing obsession towards her. The depiction of the protagonist's deteriorating circumstances, from a promising career to menial temporary jobs and living in a dilapidated rental house, adds depth to the narrative. Overall, the story provides a poignant exploration of themes such as love, betrayal, and the relentless pursuit of what one desires, leaving a lasting impression on the reader.



If it's a favor from a girl I like, I'll listen to anything.


The 6th work

飲み屋の女、エリカにはまってしまった俺は800万の借金をしてしまうが、借金を知った両親が代わりに返済してくれる。真面目に生きていこうと誓った俺だが、エリカからの自爆を解くことはできなかった。店に通いながらも、エリカの彼氏が浮気をしたことで、俺たちは店外でも会うようになっていた。恋仲ではなく、エリカの彼氏の浮気の証拠をつかむため、連日二人で張り込みをしたり、彼氏の車を追ったりするためだ。
先日ついに、エリカの彼氏が浮気相手のアパートに入っていくのを目撃した。その後、エリカと彼氏は大喧嘩をしていたようだが、別れるまでには至らなかった。彼氏は浮気をやめず、そのたびにエリカは傷つき、自分自身も傷つけるようになっていた。白く細く綺麗だった腕に、痛々しい傷ができていた。
俺はものすごく苦しかった。俺なら絶対に苦しい思いさせないのに、何度も思った。ある日曜日の昼ごろ、エリカから電話が鳴った。その日は朝から土砂降りだった。辛いから雨に濡れたいな、と。ちょっと意味不明だったけど、俺は森高千里の『雨』を思い出し、悲しいとそんな気分になるのかな、とも思った。
\ 俺はエリカと待ち合わせた公園に車で向かった。土砂降りの中、傘もささず、ずぶぬれになりながらブランコに座り、二人で雨に打たれた。そばから見たら、さぞ、危ない2人だったろう。エリカは泣いていたから、このまま悲しみも雨と一緒に流れるといいのに、と思った。エリカがふと口を開いた。「彼氏に死ねって言われた。」 一緒に死んでくれる、俺は当たり前のように答えた。どこまで本気だったかわからないけど、その後は何も言わず、ただ雨に濡れていた。
今思えば、エリカは、自分だけと一番に思ってくれる俺のような人がいることで、安心したかったのかな、と思う。残念ながら、エリカの心は、俺には向いていなかった。けど、しばらく経って、この日は6月だったけど、体も冷えてきたし、そろそろ帰ろうか、と声をかけた車に乗り込み、用意していたタオルを渡した。濡れた髪を拭きながら、エリカが、「ありがとう、ちょっとすっきりしたよ。」と笑ったから、俺は親戚よかった、と思った。どんな形でもいいから、エリカのそばにいよう、そう思ったその日から、また俺は、店に通うようになってしまう。その頃、エリカは前にいた店を辞め、違う店に勤めるようになっていた。
エリカにどんなお客さんがいるのか、仲良くしてるんじゃないか、とか色々考えるようになっていた。変な考えかもしれないけど、彼氏を脱ぎにして一番頼ってくれるのは自分でいたかった。しかし、また店に通うのが当たり前になってしまうと、家にいるのが耐えられなくなってしまった。うちでテレビを見ていても、今頃エリカは他のお客さんと話しているくどかれているかもしれない。そんなことばかりが頭をめぐった。
少なくとも、自分がエリカの指名客として店に行けば、フリーのお客さんにはつかない。そんな思いから、また毎日のように店に足を運んだ。もちろん、お金は足りはずもなく、俺はまた借金をしてしまう。あれだけ親に迷惑をかけ、真っ当に生きると誓ったのに、俺は目の前のエリカしか見えなくなっていた。一度全額完済している俺に消費者金融はいとも簡単にお金を貸してくれた過去の経緯を知っている。エリカにはお金大丈夫なの? と聞かれたけど、俺は親の遺産が3000万くらい入ったんだ、と嘘をついた。
俺がお金を持っていると思ったエリカはもう遠慮しなかった。今日も最後まで生きるでしょ、終わったら焼肉食べようよ。そんな日々が当たり前になった。借りても借りてもお金はあっという間になくなった。

>>Summarize<<
飲み屋の女、エリカにはまってしまい、800万の借金を背負うが、両親が返済してくれた。
I got hooked on Erica, a woman from the bar, and ended up with a debt of 8 million yen, but my parents repaid it for me.

真面目に生きようと誓いつつも、エリカの浮気や彼氏との問題に巻き込まれる。
While swearing to live earnestly, I became entangled in Erica's infidelity and issues with her boyfriend.

エリカの彼氏の浮気を証明するため、二人で行動する日々が続く。
We continued to take action together every day in order to prove Erica's boyfriend's infidelity.

彼氏の浮気を目撃し、エリカの苦しみを目にするが、俺は彼女を支え続ける。
I witnessed her boyfriend's infidelity and saw Erica's pain, but I continued to support her.

エリカは自分だけを思ってくれる俺に安心感を抱き、俺も彼女のそばにいたいと思う。
Erica feels a sense of security with me, knowing that I care only about her, and I also want to be by her side.

しかし、結局はお金の問題に直面し、借金が増える。
However, ultimately we faced financial issues, and the debt increased.

エリカは俺が裕福だと思い込み、遠慮しなくなる。
Erica mistakenly believes that I am wealthy and stops holding back.

日々は同じくらいに焼肉を楽しみ、お金はすぐになくなる。
We enjoy barbecue about the same amount every day, and the money quickly runs out.

>>Review<<
This narrative encapsulates a tumultuous journey fueled by infatuation and financial struggle. The protagonist finds himself ensnared in a complex web of emotions as he grapples with his feelings for Erica, the woman from the bar, and the mounting debt incurred as a result of their relationship. Despite his earnest intentions to lead a righteous life, he is drawn deeper into Erica's world, becoming entangled in her boyfriend's infidelity and the subsequent emotional turmoil she experiences. The depiction of the protagonist's unwavering support for Erica, even in the face of adversity, highlights the depth of his feelings for her. However, as the financial burden escalates and Erica's misconceptions about his wealth lead to a lack of restraint in spending, their relationship becomes increasingly strained. The narrative skillfully navigates themes of love, loyalty, and financial hardship, painting a poignant portrait of the complexities inherent in human relationships. The reader is left contemplating the weight of emotional investment and the toll it can take on one's financial and emotional well-being. Overall, this narrative offers a compelling exploration of the intricacies of love and the sacrifices one is willing to make in its pursuit, making it a captivating read.


Finally, even my parents' company went bankrupt.


The 7th work

両親に返済してもらったマサオです
一度はリセットされた借金でしたが、私はまた店に関わるために借金を繰り返してしまうことになりました。正直、両親が返済してくれたことで、次もどうにかなるのではないかと甘えた考えに陥っていました。その頃、両親が経営していた材木店はそれなりに繁盛しており、父は骨董品を趣味にしていました。返済後も、私が仕事を失った時には毎月10万円の仕送りをしてくれました。
私は足りなくなると父に電話し、「ごめん、生活費が足りないんだ。いくらか振り込んでもらえないかな」と頼み込みました。父は理解してくれ、「5万でいいか」と言ってくれました。そんな感じで、理由をつけては親からお金を借りていました。そのお金を握りしめ、返済に当てていました。その頃、お金は親から無限に湧いてくるような感覚に陥っていました。
そんな暮らしを数年続けていた頃、私は30歳になっていました。エリカは24歳で、当たり前のように父にお金を無心しました。父はいつものように理解してくれ、「昼に振り込むよ」と言いましたが、お店も厳しい状況だとよ。お金が足りないから、頼み込んで何人かを辞めさせたとよ。島で商売をしていた与伸だったが、小さい島なので従業員といっても顔なじみの人ばかりでした。
母は昼休みには手料理を作り、従業員に振る舞っていました。「お腹が空いてたら頑張れないからね」と言いながら、従業員たちは母の手料理を美味しいと食べていました。その頃、学生だった私も学校が休みの時は、家にいる時はみんなでお昼ご飯を食べました。みんな家族みたいな存在で、私のために母はやめてくれというのがどれだけ心苦しかったか、と言い、みんなわかってくれたけど申し訳ないと言いました。
「あんたもう30歳やろ、そろそろ自分のことできないと。お父さん、最近体調も良くないし、お店もあんまり売れてないし、自分たちのことで精一杯よ」と母は怒りました。私も父が苦しそうだと思い、「病気なのかな。迷惑かけないようにしな」と思いながらも、そう簡単には変われなかったのです。
派遣や日雇いの仕事をしていましたが、なかなか同じところで長く働くことができませんでした。長期の派遣も何度か受けましたが、一週間も持たなかったのです。甘えた考えから抜け出すのはなかなか難しかったです。
私は島から出て就職しましたが、ゆくゆくは両親の事業を引き継ぐつもりでした。だから将来を考えてちゃんと就職しない頭になかったのです。母からあんな話を聞いても、なお私はどうにかなると思っていました。数をあげればキリがないほど親に迷惑をかけて生きてきたことを、私は本当に最低だと思います。
父は全く私に弱いところを見せませんでした。母からはいろいろ言われましたが、全く現実に思えませんでした。そしてついにこの時が来てしまい、両親の事業は不景気が続き、廃業してしまいました。いや、たぶん私のせいだろうと思っています。度重なるお金の無心や家賃の滞納、車が廃車になった時も、新しい車を買ってくるよう頼んだこともありました。「ちょっとずつ返していくから」と何度も父に言いましたが、それだけではありません。
小さい島は噂がすぐ広まります。名誉をかけてしまった妹も、島を出て就職し、結婚しましたが、「お兄ちゃんのことは紹介しないから」と言われ、実際に結婚式にも呼ばれていませんでした。一時期は帰省するのが恥ずかしいと言われるほどでした。私は従業員や客からの信頼も失ったと思います。
そういった事情から廃業に追い込まれたのではないか、と考えている私はショックでした。さらに、父は腎臓が悪化して人工透析を受けていることを知りました。しかも、父は私にお金を工面するために生命保険さえ解約していました。島には適切な病院がないため、父はフェリーで2時間かけて病院に通っていました。廃業したから倉庫の土地を売りましたが、大した金額にはなりませんでした。それでも、父の治療費がかさむため、母も私もしっかりしないといけないと本当にそう思いました。
>>Summarize<<
両親に借金を返済してもらったマサオです。
I'm Masao, who had my parents repay my debt.

私は借金をリセットした後、再び店に関わるために借金を繰り返してしまいました。両親が返済してくれたことで、次も何とかなるのではないかと甘えた考えに陥りました。両親が経営していた材木店は順調に繁盛しており、父は骨董品を趣味にしていました。仕事を失った際も、両親は毎月10万円の仕送りをしてくれました。
After resetting my debt, I ended up borrowing money again to get involved with the store once more. The idea that everything would work out again because my parents had repaid the debt led me to a complacent mindset. The lumber shop that my parents managed was thriving, and my father had a hobby of collecting antiques. Even when I lost my job, my parents continued to provide me with a monthly allowance of 100,000 yen.

私は生活費が足りなくなると父に頼み込み、「ごめん、お金が足りないんだ。少し振り込んでもらえないか」と言いました。父は理解してくれ、「5万でいいよ」と答えてくれました。そのようにして、理由をつけては親からお金を借りていました。そのお金を握りしめ、返済に充てていました。その頃、お金は親から無限に湧いてくるかのような感覚に陥っていました。
When I found myself short on living expenses, I pleaded with my father, saying, "I'm sorry, but I don't have enough money. Could you send me some?" He understood and replied, "I'm okay with sending 50,000 yen." That's how I would come up with reasons to borrow money from my parents. I would clutch onto that money and use it to repay debts. During that time, I felt as though money was flowing endlessly from my parents.

そんな暮らしを送っていた30歳の私。24歳のエリカも同様に父にお金を無心していました。島で商売をしていた与伸も同様です。母は手料理を作り、従業員に振舞っていましたが、私たちはそれを当然のように受け取っていました。母は私たちの生活のために奔走していましたが、私たちはその努力について考えることなく、甘えてしまっていました。
At the age of 30, I was living such a lifestyle. Similarly, Erica, at 24, was also asking her father for money, just like Yushin, who was doing business on the island. While my mother cooked and treated the employees with homemade meals, we took it for granted. Despite my mother's efforts for our livelihoods, we simply took advantage of her efforts without much thought.

両親の事業は不景気の影響を受け、廃業に追い込まれました。その後、父の健康状態も悪化し、人工透析を受けることになりました。さらに、私の借金のせいで生活費を捻出するために生命保険まで解約しなければならない状況になりました。島には適切な病院がないため、父は遠方の病院に通う必要がありました。
The family business was hit by the economic downturn and was forced to close down. Subsequently, my father's health deteriorated, leading to him requiring dialysis. Furthermore, due to my debts, we had to cancel our life insurance policy to cover our living expenses. With no suitable hospital on the island, my father had to travel to a distant hospital for treatment.

これらの出来事から、私は自らの甘えや責任を痛感しました。家族や事業に対する負担を考えることなく、自己中心的な行動を続けてきたことを反省しました。
These events made me keenly aware of my own dependence and responsibility. I reflected on my selfish behavior, continuing without considering the burden on my family or their business.

>>Review<<
Review: The narrative provides a poignant reflection on the consequences of financial irresponsibility and dependency on one's parents. Masao candidly recounts his journey of repeatedly borrowing money, initially buoyed by his parents' support, only to realize the gravity of his actions as their business faced closure and his father's health deteriorated. The text adeptly captures the complexity of familial relationships, societal expectations, and the toll of personal shortcomings. Masao's introspection and acknowledgment of his past behavior demonstrate a profound maturity and offer a compelling narrative arc. Overall, the review offers a sobering yet insightful portrayal of the challenges and consequences of financial dependency and familial dynamics.



One of the regular customers at the store has finally become a stalker and caused an incident.


The 8th work

両親が一から会社を立ち上げ、父親を追い詰めたマサオです。彼の部屋にようこそ。初めてLEDライトを取り付けました。これで以前より暗かった部屋が明るくなります。さて、夕食の前にお風呂に入ります。ガスが通っていないため、水風呂ですが、最近は気温も上がってきているので苦ではありません。それでは夕食の支度をしながら、話を続けたいと思います。
材木店を廃業した後、父親は小さな釣り具店を始めました。主に旅行客を相手にしており、細々とした商売を続けています。父親はもう俺には何もできない、自分たちだけで食べていければいいと考えていました。借金も返してもらえるだろうと期待していました。
俺は真面目に生きようと決意しましたが、同時に、今更真面目に働いてもどうにかなるのだろうかと不安に思いました。また、エリカの店にはもう行けなくなるのではないか、普通の人生が遅れてしまうのではないかと考えると、夜も眠れませんでした。
しかし、問題の一つは早々に解決しました。エリカが店を辞めたのです。その理由は、カー君という男性が関わっていました。彼はエリカの店によく通っており、店の女の子と付き合っていると思い込んでいました。カー君は自らの使命を変える中で最終的にエリカに惹かれていきました。
エリカはカー君を乗客として扱っていましたが、彼は徐々にエリカに近づいていきました。そしてある日、エリカの住むアパートを突き止め、彼女に対するストーカー行為を行いました。その後、エリカは暴行を受けることになりましたが、彼女はカー君をなだめ、彼が去るのを待ちました。
数日後、エリカはカー君からの手紙を受け取りました。その手紙には、カー君が亡くなったと書かれており、彼がエリカを本当に愛していたことが伝わりました。しかし、その後もエリカは無言電話や脅迫的な手紙を受け取り、最終的には店を辞めて引っ越しをしました。

>>Summarize<<
マサオは両親が立ち上げた会社を倒産に追い込み、LEDライトを初めて取り付ける。
Masao drove the company his parents had built into bankruptcy and installed LED lights for the first time.

夕食の前に水風呂に入り、その後家族との食事の準備を始める。
He took a bath before dinner, then began preparing the meal with his family.

父親は材木店を廃業後、小さな釣り具店を始めるが、それも苦戦していた。
After closing down the lumberyard, his father started a small fishing tackle shop, but even that was struggling.

マサオは真面目に生きようとするが、自身の将来に不安を感じる。
He tries to live earnestly but feels anxious about his own future.

エリカの店に通っていたカー君が関わり、ストーカー行為に及ぶ。
The guy named Karu, who frequented Erica's shop, gets involved and engages in stalking behavior.

エリカは暴行を受けるが、最終的にカー君は去り、手紙を残して亡くなった。
Erica is assaulted, but ultimately Karu leaves and leaves behind a letter before passing away.

エリカは脅迫行為に怯え、店を辞めて引っ越した。
Erica lived in fear of harassment and eventually quit her job and moved away.

>>Review<<
Review: Masao's story is a compelling narrative of personal struggle and the consequences of one's actions. The portrayal of Masao's journey, from inadvertently driving his parents' company into bankruptcy to his introspective moments as he contemplates his future, is both thought-provoking and relatable. The addition of LED lights in his room symbolizes a glimmer of hope amidst the darkness, highlighting Masao's desire for change and improvement. The subplot involving Erica and Karu adds depth to the story, exploring themes of obsession and the repercussions of toxic relationships. Erica's decision to leave her job and move away serves as a poignant resolution to her ordeal, underscoring the importance of prioritizing one's well-being over external pressures. Overall, Masao's tale is a captivating exploration of human resilience and the pursuit of redemption. The narrative effectively blends themes of personal growth, familial relationships, and societal expectations, leaving readers reflecting on the complexities of life and the power of choice.



The story of Masao, a single man in his thirties with a debt of 12 million yen.


The 9th work

こんにちは、マサオです。最近、空き家と噂されるマサオの部屋に興味がある方もおられると思います。そこで、少しチラ見せしてから本題に入りたいと思います。マサオの部屋へようこそ!では、お話の続きをしていきましょう。
ストーカーの被害に遭ってから夜のお店を辞めてしまったエリカ。しばらくは貯金を切り崩し生活していたようです。俺が援助することもあった。店を辞めてからしばらくして、エリカは子供を産んだ。彼氏の子供だと言っていた彼氏はエリカの妊娠を知ると浮気相手と逃げた。もし何かあったら俺も助けるから産みなよと俺も言った。子供がいればもう夜の店に戻ることもないだろうし、他の男も寄りつかないのではないか。エリカと子供を支えるうちに俺に気持ちが向いてくれるかもしれないという良くない感情も湧いていた。
俺はその頃派遣で働きながら就職先を探していた。就職して借金を返しながらエリカを支えていきたかった。俺が仕事をして結婚して普通の暮らしを送ることは親孝行にもなると思った。就活を始め何度も面接に落ちたが、ついに採用が決まる太陽光の営業の仕事だった。しかし、3日間の研修を受けた後、仕事の必需品として携帯が必要だと言われた。当時は仕事用の携帯を支給してくれる会社は大企業を除いてあまりなかった。俺はその時度重なる大脳が原因で携帯を契約できなかった。当時は携帯電話は今で言う大手で契約するしかなく、一社でも大脳だと重ねると他社でも契約を断られた。機種を一括で買うのなら契約できるところもあったが、当時は一括で買えるような金額の携帯電話はなかった。中古を持ち込んで契約とかもできない時代だった。
俺はなんとか就職したくて、父ちゃんに携帯を契約してくるように頼んだが、俺の信用は血に落ちていたため、絶対に無理だと言われた。俺はせっかく決まった就職を棒に振ることになり、自暴自棄になった。日雇いでその日暮らし、夜はスナックの防衛などをしていて、食いつないだ二度目の借金は利子も含め一千万を超えていた。怪しいところかも借りていたのだ。エリカの子供が1歳になる頃、俺たちはたまに連絡を取り合っていた。今は実家に身を寄せていて普通の仕事を探していると言っていた。エリカからこんな話をされた。「私よりの仕事しかしたことないから不安だよ。うまくやっていけるかな」と。俺はエリカにこう持ちかけた。その時、ちょうど短期の倉庫でのバイトがあり、俺はそれに応募した。だからエリカもそこに応募してみたら、わからないことは俺がサポートしてあげるから。そうして俺たちは同じ倉庫で働き始めた。ギフト向け商品の箱詰めの仕事だった。仕事は半年の短期の仕事ということもあり、とても簡単な作業だった。
そこで俺とエリカの人生を変えるとんでもない温度ってだよ。名前はなおみ。俺たちと同じ短期バイトでの採用だった。身長も高いが、横幅もあり、多分100キロくらいあったんじゃないかな。えりかの5つ年下で若かった。最初の印象は人懐っこく、初日にえりかに一緒にお弁当を食べようと話しかけた。二人は俺の勝手な印象だけど、ナオミの見た目はとにかく大きく染めたこともなさそうな真っ黒で綺麗な髪を見て、きっと純情な子なんだろうなと思った。
彼氏がいたこともないんだろうな、と勝手に想像していたエリカも同様の思いを抱いていたようで、妹のように可愛がっていた。しかし、3ヶ月後くらいにナオミがバイトをクビになった。理由は、商品を足で蹴っていたというものだった。周りの皆もナオミがそんなことをするはずがないと考えた。たまたま足元にあった商品に足が当たってしまったんだろう。みんながそう思っていた。エリカもナオミに同情していた一人で、春流のように仲良くなっていたナオミがクビになったことで、自分も辞めると言い出した。結局、エリカもバイトを辞めてしまった。二人は一緒に派遣会社に登録し、同じ職場で働き始めた。真面目そうに見えたナオミの本性がどんどん浮き彫りになってきた。本当にそんな女性がいるのかと疑う人もいるだろうが、実際にはいた。次回はナオミについて詳しく話していきたいと思います。最後までご視聴いただきありがとうございました。チャンネル登録していただけると、とても嬉しいです。Thank you!
>>Summarize<<
マサオはストーカーの被害に遭ったエリカを支え、彼女が子供を産んだ後も援助しようと考えていた。
Masao was considering supporting Erica, who had been a victim of stalking, even after she gave birth to her child.

一方で、マサオ自身は就職を目指し、携帯電話の契約で問題に直面した。
On the other hand, Masao himself was aiming for employment and faced issues with getting a mobile phone contract.

父親に頼んでも信用されず、自暴自棄になりながらも生活を続けていた。
He was not trusted even when he asked his father, and he continued to live in despair.

エリカとのコミュニケーションを通じて、彼女の不安を和らげるために短期の倉庫の仕事を提案し、一緒に働くことになった。
Through communication with Erica, he proposed a short-term warehouse job to alleviate her anxiety, and they ended up working together.

そこで彼らの人生に影響を与えることになるナオミという人物が登場する。
Then, a person named Naomi, who would have an impact on their lives, appeared.

ナオミは最初は純粋で人懐っこい印象を与えたが、後にバイトをクビになる出来事が起きる。
Naomi initially gave off an impression of being pure and friendly, but later, an incident led to her getting fired from the part-time job.

周囲は彼女を信じており、エリカもナオミに同情していたが、彼女の本性が次第に浮き彫りになっていった。
The surroundings believed in her, and Erica also sympathized with Naomi, but her true nature gradually became apparent.




I was invited to a hotel by a very impressive woman.


The 10th work

マサオです。今日は仕事が終わって帰ってきました。愛車であるこちらが車庫に入ります。車庫付きの一軒家、マサオの部屋へようこそ。
今回は、短期のアルバイトで出会った女性、ナオミについてお話ししたいと思います。ナオミはエリカと仲良くなりました。私たちは3人でカラオケに行ったり、ファミレスでおしゃべりすることもありました。もちろん、私はお財布代わりとして呼ばれていましたが、ナオミはとてもインパクトのある女性でした。
彼女は身長164センチで体重92キロ。腰まである真っ黒なロングヘアーと、大きくクリッとした銅色の目が特徴でした。彼女は痩せたらきっと可愛いだろうと思っていましたが、違和感を感じることがありました。
そのきっかけは、ファミレスで喋っているときに隣のテーブルに座っていたイケメンのサラリーマンがいたことでした。エリカは冗談で彼に話しかけるように言いましたが、私は男慣れしていないナオミがそんなことをするはずがないと思いました。
しかし、ナオミは躊躇せずにファミレスの紙ナプキンを手に取り、エリカにアイライナーを貸してと頼みました。そして、自分の携帯番号とメールアドレスをアイライナーに書いて、サラリーマンに渡しました。驚いたことに、その夜にはサラリーマンからメールが来たそうです。
さらに驚いたことに、そのサラリーマンは既婚者だったそうです。エリカはナオミに結婚している男と関係を持つのはやめるように忠告しましたが、ナオミは悪びれることなく、自分もしたかったと言いました。
彼女いない歴、年齢の私にとってはかなり刺激的な内容でした。ナオミの過去は私の想像をはるかに超えていました。彼女は高校を卒業した後、風俗で働いていたそうです。その後、2年ほど引きこもっていたとのことで、私たちが出会ったときには体重が増えていたそうです。
倉庫を辞めた後、ナオミは髪を茶色に染め、化粧も濃くなっていました。しばらくはサラリーマンと付き合っていましたが、あまり会えないことが原因で別れたそうです。エリカとナオミは危ない遊びにどんどん走るようになりました。エリカは子供をほとんど親に預けており、子供の話もしなくなっていました。
彼女たちは出会い系サイトを利用し、夜な夜な飲み歩いていました。私は彼女たちを送り迎えしたり、危ない男が近づくのを遠くから見張ったりしていました。ある日、出会い系でいい男性を見つけたと言って、エリカとナオミは私を飲みに誘いました。
私は運転手なので、飲み物はコーラです。2人の愚痴を聞いていると、エリカがトイレに行った後、ナオミから驚きの提案がありました。3000円でホテルに行こうと言われ、私はかなり驚きました。こんな金額で自分を売るのかと思いましたが、未経験の私にとってはチャンスかもしれないとも思いました。
しかし、エリカにバレたらどうしようと考えると、複雑な気持ちになりました。最後までご覧いただき、ありがとうございました。チャンネル登録していただけると嬉しいです。またのご視聴をお待ちしています。ありがとうございました。
>>Summarize<<
マサオは仕事が終わり、自宅に帰りました。
Masao finished work and returned home.

彼の話題は、短期アルバイトで出会ったナオミについてです。
His topic is about Naomi, whom he met during a short-term job.

ナオミはマサオと仲良くなり、一緒にカラオケやファミレスに行く仲になりました。
Naomi became friends with Masao and they started going to karaoke and restaurants together.

彼女はインパクトのある外見で、身長164センチ、体重92キロでした。
She had a striking appearance, standing at 164 centimeters tall and weighing 92 kilograms.

しかし、ナオミがファミレスでナンパされた際に、彼女が驚くべき行動に出たことで、マサオは彼女の過去や行動に興味を持ちます。
However, when Naomi was hit on at the family restaurant, her surprising reaction piqued Masao's interest in her past and behavior.

ナオミは風俗で働いた経験があり、サラリーマンとの関係もあったが、エリカと一緒に危険な遊びに興じていました。
Naomi had experience working in the adult entertainment industry and had also been involved with a salaryman, but she was indulging in risky activities with Erica.

ある日、ナオミがホテルに行こうと提案し、その金額に驚いたマサオは複雑な気持ちになりました。
One day, Naomi suggested going to a hotel, and Masao was surprised by the amount involved, leaving him with mixed feelings.




A debt-ridden single temporary worker finally


The 11th work

マサオです。俺の家の車庫について話そうと思います。
この家に住んで10年くらいになりますが、最近まで車庫に誰かがずっと水上バイクを止めていて、使えませんでした。ある日、突然その人が亡くなっていましたが、空き家だと思われていたのでしょうか。
前回の話の続きです。俺はエリカを送りに行きました。車でナオミと二人きりになったエリカは全く疑ってもないようで、「ナオミのことちゃんと送ってあげてね」と言って家に入って行きました。
どうする?お金ある?ナオミが言いました。俺は高鳴る鼓動を抑えながら、「あるよ」と言いました。俺たちはホテルに向かった。お金は?あまりないから安くて休憩2800円くらいのところ仕事の通り道にあるのを知っていたのでそこに入りました。女性とホテルに入るなんて人生で初めての経験でした。まさか俺にこんな日が来るとは、俺のマサオは爆発寸前でした。
どういう風に始めればいいかわからずドギマギしているナオミはムードもなく、時間ないから早くしようと言いました。女性はそういう時、電気を消してとか恥ずかしそうに言うのかと思っていましたが、ナオミは気にもしていない様子でした。
俺はすごく緊張してきました。手慣れていそうなナオミかたやこっちは未経験でした。ナオミは服を脱ぎ始めた俺はドギマギしながらナオミの後ろ姿を見つめていました。そこで俺の目に飛び込んできたものは、ナオミの背中に描かれた美しい女性の絵とボタンの花でした。女性の方に色はなかったと記憶しているが、ボタンは色鮮やかな赤色をしていて、今でもよく覚えています。俺はしばらく言ってしまっていた不思議と違和感もなく、ナオミに似合っているなと思いました。しかし、我に返ると、俺なんかが手を出してはいけない女性なんじゃないか、俺なんかがナオミを満足させられるわけがないと思うと、俺のマサオはどんどん元気がなくなっていきました。結局俺は成し遂げることはできませんでした。
ナオミは男ならこういうこともあるってとケラケラ笑っていましたが、俺は内心ものすごくショックを受けていました。俺の初体験は不発に終わりました。ナオミを家まで送り届けた後の帰り道、冷静になった俺はエリカにバレるんじゃないかと焦っていました。結局何もできなかった上にエリカにも嫌われたんじゃ話にならない。でも、ナオミもエリカがトイレに行った隙にこっそり持ちかけてきたくらいだし、言うわけないだろう、自分を納得させましたが、その日は眠れませんでした。
次の日、エリカから連絡があり、ヒヤヒヤしましたが、エステイクから車を出して、というものでした。俺はほっとしました。迎えに行くと、エリカは車に乗り込んできました。日焼けしたくないからと座るのはいつも後部座席だったため、車の後部座席は黒のフィルムを貼ったりカーテンつけたりしてほとんど気が入らないようにしていました。
俺はバレてないんだなと思い、ほっとしましたが、あんたさあナオミとホテル行ったでしょ、心臓が飛び跳ねました。ほんとどうしようもないね、二度と信用しないから、そう言うと後ろから俺の座席を何度も蹴ったので、俺はごめんなさいを連発するしかありませんでした。エリカをエッセで下ろすと、迎えはいい人と会う約束だからと言われ、俺はとっさに誰とと聞いてしまった。あんたには関係ない、そう言うとエリカは店に入っていきました。俺の彼女でもないのに、なんでここまでするのか不思議に思う人もいるかもしれませんが、俺は俺なりにエリカに忠誠を誓ったつもりでした。
それを裏切ってしまった俺は、真相を公開していたエリカはまた俺を頼ってくれるだろうか。数日後、エリカから何事もなかったかのように連絡があり、焼肉食べたい、お酒も飲みたいと言われた。俺は2日分の日雇いの給料を握りしめ、エリカの元に急いだ。
薬肉店に着くと、個室の座席に案内されたエリカは俺の違和感に気づいたようだった。俺は今まで一度も被ったこともない帽子を被っていた。帽子かぶってるの?初めて見た?とエリカが言った帽子を取った俺を見て、エリカは「何それ」と笑い出した。
俺は丸坊主にしたのだ。この頭に誓って二度と裏切りません。俺は土下座をした。エリカは「ふーん」とだけ言って、ビールや肉の注文を始めた。エリカはビールを飲んでしよってくると、ナオミのことをねほりはほり聞いてきた。俺は全て正直に答えた。俺のマサオがダメだったことを話すと、心なしかほっとしているようにも見えた。
俺はエリカが普通に接してくれたことに感謝した。俺はエリカのしもべとなった。それからも、エリカとナオミにお金を使い続けた。ナオミに使うのは納得いかなかったが、呼び出された先には大抵ナオミもいた。そしてナオミは全くお金を持ち歩かない女だった。「その辺の男に声かけたらご飯くらいタダで食える」とナオミはいつもそう言っていた。
俺はエリカが巻き込まれるのが嫌で、渋々二人も払っていた。しかし俺に手持ちがないときは出会い掲載とや逆なんとかして、二人は毎晩飲み歩いていた。ナオミはその日ご馳走してくれた人と大抵最後まで行っていた一人残されたエリカ。俺はたびたび迎えに行った。「ご飯くらいで自分を折るなんてバカみたい」と思いながらも、俺はエリカのそんなところも好きだった。
しかし、俺の財布の事情はいつも財布に何百円も入っていないのが当たり前だった。俺の収入を全て把握していた二人は、お金が入るとすぐに俺の金を使っていった。自分で使えるお金はほとんどないに等しく、親から送ってもらったお米を食べ尽くしたある日、お腹が空いてたまらなかった。
三日前に白米に醤油をかけて食べたのが最後だった。日和は雨で仕事がなく、1週間近く降り続く雨のせいで、俺の財布には3円しか入っていなかった。俺は許されないことをしてしまった。
最後までご視聴ありがとうございました。チャンネル登録してもらえたら嬉しいです。
>>Summarize<<
マサオは10年以上住んでいる家の車庫に誰かがずっと水上バイクを停めていて、使えなかった。
Masao's garage at the house he has been living in for over 10 years had someone constantly parking a jet ski, rendering it unusable.

その家の人が亡くなり、空き家だと思われていたのかもしれない。
It's possible that the person from that house passed away, leading others to believe it was vacant.

エリカを送る途中、ナオミと2人きりになり、ナオミは俺にお金があるか聞いた。
On the way to dropping off Erica, I was alone with Naomi, and she asked me if I had any money.

俺たちは安くて休憩2800円くらいのホテルに行き、初めての経験をしたが、ナオミはムードもなく早くしようと言った。
We went to a cheap hotel, costing around 2800 yen for a break, and had our first experience together, but Naomi was indifferent and suggested we finish quickly.

俺は緊張し、ナオミは不発に終わったことを笑ったが、俺はショックを受けた。
I was nervous, and Naomi laughed off the failed attempt, but I was shocked.

次の日、エリカから車を出してほしいと連絡があり、ホッとしたが、心配だった。
The next day, I received a message from Erica asking to borrow the car. I felt relieved, but also worried.

エリカは車に乗り込み、ナオミとホテルに行ったことを知っているのかと思い焦った。
As Erica got into the car, I wondered if she knew about Naomi and our trip to the hotel, and I felt anxious.

エリカにバレないか心配だったが、エリカはナオミとのことを言わず、心配した。
I was worried about Erica finding out, but she didn't mention anything about Naomi, which made me even more anxious.

その後、俺はエリカのしもべとして過ごし、エリカとナオミにお金を使い続けたが、俺の財布はいつも空っぽで、やがてお腹がすいてしまった。
After that, I continued to serve Erica and Naomi, spending money on them, but my wallet was always empty, and soon I found myself hungry.

結局、俺は許されないことをしてしまった。
In the end, I did something unforgivable.






The sin committed due to hunger and the woman who promises multiple men at the same time on a dating site.


The 12th work

こんにちは、マサオでございます。まずはこちらをご覧ください。 空き家に間違われるマサオの家の七不思議の一つ、道の深い家続く階段になっております。この通り錆びて朽ち果てておりますので、俺が乗れば一頃でしょう。 さて、前回の話の続きをしていきたいと思います。降り続く雨で日雇いの仕事がなく、財布に3円しか入っていなかった。お米も底をつき、父ちゃんにお米を送ってくれるよう頼んだが1週間ほどかかると言われた。俺は3日ほど何も食べておらず、マヨネーズをそのまま食べた。少し気分が悪くなったその頃、俺の家は電気や水道が止まるのはしょっちゅうだった。
水道は水道局に行っていついつまでに払いますとサインする誓約書みたいなものを書いたら、大抵止めるのは待ってくれたが電気は待ってくれない。支払い期限が過ぎたらすぐに止ません。暗な部屋にいたくなくて、俺は寝る時間まで8時の休憩所で過ごしたり、スーパーをうろうろしたりしていた。スーパーには美味しそうな食べ物があり、喉から手が出るほど欲しかった空腹も限界に達し、頭もぼーっとしていたその時、俺の目に飛び込んできたのは混ぜ込みわかめのおにぎりだった。
俺はとっさにそれをポケットに入れてしまった。心臓はバクバクしていたが、なるべく普通を装って店を出た俺は呼び止められた。ちょっとお兄さん、年配の女性だった。お金払ってない商品がありますよね、よく警察24時などで聞くセリフに、俺はこれは現実なんだろうかという不思議な感覚に陥っていた。バックヤードに俺は連れて行かれ、店長と話した商品を出してと言われた。俺はポッケからおにぎりを出した。店長はこれは犯罪だからね、警察を呼ぶからねと言われ、俺は警察に連れて行かれた。
俺はなんでこんなことをしたのか後悔しかなかった。身元引き受け人がいないと帰れないよ、誰かいる警察の人に言われ、俺は家族にはどうしてもバレたくなかった家族じゃなくてもいいと言われたので、俺は当時働いていた派遣や日当の路肩の人に賭けたと思う。しかしもちろんこだわられ、警察の人からはそんな生き方してるから信用がないんだねと言われ、情けないやら悲しいやらでいっぱいだった俺は仕方なく妹に連絡した。車で2時間くらいのところに住んでいた妹は、旦那と2人ですぐに来てくれた。
そしておにぎりの代金を支払ってもらい、俺は帰ることとなった。妹からは、あんたが家族で恥ずかしいと言われた俺は、妹の車に乗せられ、俺の車は妹の旦那が乗り込んだ。俺は自分で運転して帰るよと言ったが、父ちゃんに電話した。とりあえず私の家まで連れて行くから明日、父ちゃんと母ちゃんに引き渡すと言われた。俺は、こんなことを父ちゃんに知られたら絶対に怒られる、どうしようやばい逃げたい、そんな感情でいっぱいだった。
俺は妹にトイレに行きたいからとコンビニに寄ってもらうと、そのまま一目散に走って逃げた。逃げてもどうにもならないのは分かっていた。なぜそんなことをしたのか今でも分からない。そしてなぜか、エリカに電話していたおにぎり事件のことを話すと怒られたが、車も取られたんでしょう、逃げても仕方ないから、ちゃんと親と会って話すしかないよと言われた俺は、父ちゃんに、ごめんなさいとだけメールした。電話をかける勇気はなかった。
次の日、父ちゃんからメールが来た。近くのファミレスにいるからな。怒ってないから出てきなさい、というものだった。ファミレスに入り、席に着くと父ちゃんは、好きなもの頼みなさい。そして、そんなことする前に、家族に頼りなさいよ、とだけ言った。帰り際、父ちゃんは財布から、5万円を取り出すと、俺の手に握らせた。父ちゃんの手に触れたのは、何年ぶりだろう。いつの間にか痩せて、歳をとっていた。本来なら、俺が支えていく番なのに、相変わらずの親不幸ぶり。俺は情けなかった。俺は今さら、変われるのだろうか。変わりたいと思っているけど。
父ちゃん達が帰るといつもの日常に戻った。あの事件があっても、日雇いの仕事はクビになることはなかった。エリカとナーミンは一緒に派遣で働いていたが、長く続いてはいなかった。1週間持った仕事あっただろうか。2人は朝からの仕事は好まず夜勤の仕事ばかりしていた。なので俺は自分の仕事が終わってから、二人を送り迎えしていた。
その日も俺は、二人を職場に送っていった。職場の駐車場に着いてから、ナオミが、今日仕事したくない飲みに行こうと言い出すのはいつものことだった。エリカはそれに対し、もう着いてるし、仕事しようよ、またクビになるよ、と返していたがナオミは、今日だけお願い明日から頑張るから明日はちゃんと行く、そんなやりとりを何度も見てきた。
そして、俺の公募座席でナオミは、JKサイトを始めた。今から飲みに連れて行ってくれる人、大募集、みたいなことを掲示板に載せると、ぜひ、ご一緒したいです、もちろん、ご出動しますよ、みたいな返事が来ていた。そこで、5、6人から連絡があると、エリカとナオミは、全員とある居酒屋で会う約束をした。
俺たちは居酒屋に着くと、3人ではなく、2人と1人で店内に入る。エリカたちはテーブルに座り、俺はその席が見えるカウンターに座る。それがいつものことだった。
俺は日和とおりのお金1000円を自分の財布に入れ、残りをエリカとナオミに渡した。呼んだ男が金を出さなかった時のためだ、連絡があった。全員と約束するのは中には来ない人もいるからね、確実に確保するため、ダソーでナオミや出会い系をする時は一人だけと約束するということだな、実際に数名と約束しても誰も来ない日もあるが全員が来る日もある。
その日は3名の男性が約束の時間に店内に入ってきた。約束の居酒屋について、AI系で約束した女性が他の男とも約束していたら怒って帰りそうなもんであるが、不思議とみんなで楽しく飲みましょうよ、みたいなエリカとナオミの雰囲気に初めましてよろしくお願いします、初めて会った男同士が仲良く飲み始めるのだから、その光景は異様なもんだった。
その中の一人とナオミが付き合い業になり、しばらく平穏な日が続いたが2週間ほどで別れが来たようで、またいつもの日常が戻っていった。そんな日々をどれくらい続けただろうか、エリカは33歳、ナオミは27歳、俺は39歳くらいになっていた。相変わらずナオミは自分をその頃には常連も数名いた。
その頃、ナオミは彼氏ができた年上の既婚者だった。年齢はナオミの30上の57歳、ババちゃんとナオミは呼んでいた。自営業をしていた男だった。年齢の割に体もがっちりしていて、背も高く、顔の彫りも深く、かっこいい男だった。俺はナオミが普通の恋愛をしているのを見たことがないかもしれない。非婚者の、しかも年上ばかりだった。
そして、ナオミは年上の男性に可愛がられることが多かった。人懐っこく、愛嬌のあるナオミ。そんな二人の不倫の結末が、あんな悲劇を生み出すとは、俺は予想もしていなかった。最後までご視聴ありがとうございました。チャンネル登録していただけたら嬉しいです。
マサオは家の電気や水道が止まることがよくあり、日雇いの仕事もなくお金に困っていた。ある日、スーパーで空腹を我慢できず、おにぎりを万引きしてしまい、警察に連れて行かれた。身元引き受け人が必要だったが、家族にバレたくなく、友人や仕事仲間に頼んだが断られ、最終的に妹に連絡した。父親との再会では、驚くべきことに叱られることなく温かく受け入れられ、援助された。その後、日常が戻り、ナオミとの不倫関係が続いたが、思わぬ結末に至った。
>>Summarize<<
マサオは家の電気や水道が止まることがよくあり、日雇いの仕事もなくお金に困っていた。
Masao often experienced his house's electricity and water being cut off, and he was struggling financially with no day-labor jobs available.

ある日、スーパーで空腹を我慢できず、おにぎりを万引きしてしまい、警察に連れて行かれた。
One day, unable to bear his hunger any longer, Masao shoplifted an onigiri at the supermarket and was taken to the police by the staff.

身元引き受け人が必要だったが、家族にバレたくなく、友人や仕事仲間に頼んだが断られ、最終的に妹に連絡した。
Masao needed a guarantor but didn't want his family to find out, so he asked friends and colleagues, but they refused. In the end, he contacted his sister.

父親との再会では、驚くべきことに叱られることなく温かく受け入れられ、援助された。
At the reunion with his father, Masao was surprisingly warmly accepted and supported, without being scolded.

事件があったにも関わらず、マサオの日雇いの仕事はそのまま続きました。エリカとナオミは派遣労働者として一緒に働いていましたが、その雇用は長くは続きませんでした。彼らはよく朝のシフトを避け、夜勤を好んでいたため、マサオはしばしば彼らを仕事の後に送迎していました。ある日、ナオミが仕事をする代わりに飲みに行くことを提案し、これはマサオにとってよくある光景でした。エリカの反対にもかかわらず、ナオミは翌日も仕事をすると主張し、これはマサオが何度も目撃していた繰り返しのやりとりとなりました。
Despite the incident, Masao's day laborer jobs remained intact. Erica and Naomi worked together as dispatch workers, but their employment didn't last long. They often avoided morning shifts, preferring night shifts, so Masao would often drop them off and pick them up after work. On one occasion, Naomi proposed going out for drinks instead of working, a familiar scenario for Masao. Despite Erica's objections, Naomi insisted on working the next day, leading to a repetitive exchange Masao had witnessed many times.

その後、ナオミは出会い系サイトを使い始め、人々を飲みに誘っていました。いくつかの返信があり、地元の居酒屋での会合が実現しました。到着すると、3人ではなく2人と1人で、エリカとナオミがテーブルに座り、マサオがカウンターから見守るという通常の配置でした。マサオは、以前の経験からの教訓として、彼らが呼んだ人が支払わない場合のためにお金を分配しました。
Later, Naomi started using a dating site, inviting people to join her for drinks. Several responses led to a meetup at a local izakaya. When they arrived, it wasn't the three of them but two and one, with Erica and Naomi sitting at a table while Masao watched from the counter, a usual arrangement. Masao distributed money among them as a precaution in case someone they called didn't pay, a lesson learned from past experiences.

マサオが彼らの安全を心配していたにもかかわらず、彼らはいくつかの男性と会いました。驚くべきことに、みんなが仲良くなり、見知らぬ人たちが飲み物を楽しみながら交流する異例の光景が生まれました。最終的に、彼らのうちの1人がナオミと付き合い始め、その後2週間後に別れるまでの穏やかな時期が訪れ、彼らを日常の営みに戻しました。
Despite Masao's concerns about their safety, they met with several men, and surprisingly, everyone got along well, leading to an unusual sight of strangers bonding over drinks. Eventually, one of them started dating Naomi, bringing a period of calm before their eventual breakup two weeks later, returning them to their usual routine.

この間、年上の男性に惹かれることで知られるナオミが、彼女よりはるかに年上で既婚の男性と関係を築きました。この事実にマサオも驚きました。不倫関係にもかかわらず、マサオは起こる悲劇を予期することはありませんでした。
During this time, Naomi, known for being attracted to older men, developed a relationship with a much older, married man. This fact surprised Masao as well. Despite their affair, Masao never anticipated the tragic outcome.




What is the conclusion of an affair?


The 13th work
こんにちは、マサオです。今日もマサオの部屋の7不思議の一つを紹介していきましょう。
マサオの部屋へようこそ。トイレットマサオの部屋に遊びに来て、トイレがしたくなったら皆さん迷わずこの扉を開けるでしょう。どういうこと?
この家にはトイレがないの?お風呂でしてるの?きっと遊びに来た人はそう思うでしょう。
前回、お米も底をつき、空腹に耐えきれずおにぎりがどうしても欲しかった俺ですが、父ちゃんから臨時収入が出た俺はエリカをお寿司に誘った。必要なことに使いなさいとお金をくれた父ちゃんに対し、申し訳ないという自覚はあったが、当時の俺は何をするにもエリカが優先になってしまっていた。
俺の家の近所に回転寿司ではあるがそこそこの値段はしてもネタも大きくお気に入りの店があった。エリカを迎えもちろんそこにはナオミもいたわけだが、店に入り席に着くとエリカとナオミはまず生ビールを注文した。そしてお互い好きなネタを何皿ずつか注文し、食べ始めるとエリカとナオミはビール飲んでるから米はいいや、シャリはマサオにあげると言いネタの刺身の部分だけを食べると、シャリを俺の前に置いていった。それはシャリを食べないんだから、なかなか満腹自分の食にはならないよね。2人は25皿ずつぐらいは食べていたと思う
。 俺は50皿分のシャリだけを食べ続け、お米が食べたい欲求は完全に満たされたのだった。
ナオミ27歳とワバちゃん57歳の不倫の続きを話していきたいと思う。
2人の出会いはエリカとナオミが飲んでいる時のことだった。もちろん俺もコーラを飲みながらそこにいたのだが、ナオミがあのカウンターにいる人めっちゃタイプと言い出した。そして俺にあの人に一緒に飲みませんかって聞いてきてよと言った。そういったことはたびたびあったので俺はすっかり慣れてしまっていた。
そして俺はカウンターで一人で飲んでいた。ババちゃんによかったらこっちのテーブルに来て一緒に飲みませんか、こっち男一人で、彼女らの会話についていけなくてみたいなことを言った。ババちゃんは女性2人も相手にするなんて大変だね、女性はよく喋るからね、しかしこんなおじさんが参加してもつまらないんじゃないのと笑って言っていたが俺は全然大丈夫です来てもらえたら助かりますと言って、ババちゃんを2人がいるテーブルに連れて行った。ナオミのよほどタイプだったのだろうか、かっこいいを連発し、連絡先の交換を迫っていた。
ババちゃんは親子ほど年も離れているせいか、本気にはしていなかったと思う。僕は君のお父さんと変わらない年齢なんじゃないの、悩みとか相談に乗るくらいしかできないよ、それに僕は結婚してるしねとは言っていたが2人は連絡先を交換していた。最初は相談があると言ってババちゃんを呼び出し、2人で会っていたようだがやはり男と女だ時間はかからなかった。
二人は不倫ではあるが、付き合い始めたナオミはババちゃんに本気になり、離婚を迫っていた。ババちゃんには当時、まだ大学生の息子と娘がおり、子供が自立するまでは一緒にはなれないと、ナオミを説得していたようだ。その頃ババちゃんは奥さんとは別居しており、一人でマンションに住んでいた。
ナオミはそこで半同棲のような生活を送っていたが、ある日ババちゃんの娘が訪ねてきて見られてしまう。それを機に別居が解消となり、奥さんはマンションに帰ってくることとなった。しかし二人の関係は終わらなかった。不倫って普通はバレないようにするものだと思うが、ナオミの場合はそうではなかった。ババちゃんと会えない日に居酒屋に呼び出され、俺とエリカはナオミの不倫の愚痴を聞いていた。寄ってくるとナオミは必ずババちゃんに電話も夜の8時とか絶対家族がいる時間にだ。最初の数回は出ないが、ナオミはしつこく出るまで電話をかける。ババちゃんもタバコを買いに行くとか理由をつけて家を出てナオミに電話をしていた。今すぐ会いたいの来て、多分ババちゃんも無理だと断ったのだろう。しかしナオミは絶対に諦めない。「もう知らないから来ないなら別れる」というやり取りをすると、必ずババちゃんはナオミを引き留めるのだ。30も年下のナオミに会えると、しっかりのぼせ上がっているようだった。
ナオミの持ってきたババちゃんは、怒るどころか、いつも優しい目でナオミを見ていた。奥さんとは元々うまくいっておらず、離婚するつもりで別居していたこと、子供が独立したらナオミと一緒になりたいこと、俺にはいろいろ話してくれた。ババちゃんはマンションを出たナオミに、日々の生活費を渡していた。しかし、不倫なのは変わっていない。ナオミの話によると、ババちゃんといると必ずババちゃんの携帯に奥さんからLINEが来るというものだった。「一緒にいるんでしょ?帰ってきてください。ナオミさん、このメッセージを見ていたら、お願いだから夫と別れてください。私は今でも夫を愛しているし、最後まで面倒を見る覚悟もあります。あなたはまだ若く、未来もあるのでしょう。うちの夫でなくてもいいんじゃないですか?」なんてのもあったらしい。ナオミは、別居してたくせにババちゃんのことを知っていたなかったのに、女が出てきた途端帰ってくるとかありえないと言っていたが、ババちゃんの家庭のこともどこまでが真実かは俺には判断はつかなかった。
しかし俺とエリカはさすがに家族が不憫になり、別れるよう何度も説得したが、ナオミは別れなかった。虐殺施設しても年が30も離れているのだ。ナオミがババちゃんの老後の面倒まで見る覚悟あるのか、今さえ良ければいいナオミのことそんな覚悟はないだろう。しかし3年ほどはナオミもババちゃんと付き合っていた。その間に俺も何度かババちゃんと会っている。俺たちはレンタッチ先を交換し、いい相談相手になっていた。俺にお金がないことを知ると、ババちゃんの行きつけの定食屋でお腹いっぱいご飯を食べさせてくれた。そこの唐揚げ定食が絶品だった。何でもないことが嬉しく思える時期だった。
とんでもない女に引っかかってしまって、お互い大変だなんて言いながら、ババちゃんはとても大きな唐揚げを頬張りながら、いつも美味しそうにビールを飲んでいた。いい場所が取れたからと、一緒に花火を見に行ったこともあった。借金してから人間関係が壊れてしまった俺には、久しぶりにできた友達だった。
ババちゃんはナオミに、言われるがまま、少しでも若く見えるように髪を茶色に染めたり、シルバーのごつい指輪をつけたりすることもあった。その頃にはナオミとババちゃんは仲のいい年の差カップルのようにしか見えなかった。しかしナオミは実際年上のイケメンの彼氏ができるとしばらくは二人と同時に付き合っていた。しかし若い男とも付き合いだしたナオミは次第にババちゃんはおじさんすぎて無理と言い出し、あっさりとババちゃんを捨てた。新しい彼氏が言ったことを告げると、ババちゃんは自分は結婚してあげられないから、ナオミには幸せになってほしいと別れを受け入れた。新しい彼氏も既婚者だったのだが、ナオミはそのことはババちゃんには言わなかった。
俺にも連絡をくれて、ナオミが幸せならそれでいいと言っていたが、その声は憔悴しきっているようだった。「僕は家族を傷つけ、娘にも嫌われ、何をしてたんだろうねが悪いんだけどね」と悲しそうに言った。これがナオミに送ったババちゃんの最後の言葉となった。「この年になってこんなワクワクした気持ちを持てたこと本当に感謝してるよ。ありがとう。」ババちゃんはもういない。
>>Summarize<<
マサオの部屋の7不思議の一つは、トイレがないというもの。
One of the seven mysteries of Masao's room is the absence of a toilet.

マサオの家にはトイレがなく、トイレはお風呂で済ませている。
Masao's house doesn't have a toilet, so they manage with using the bath.

最近の臨時収入でおにぎりを食べたいと思ったマサオは、エリカをお寿司に誘う。
Masao, who wanted to eat onigiri with his recent extra income, invited Erika to sushi.

マサオはエリカが優先だったが、エリカとナオミと一緒に回転寿司に行き、シャリを食べ続ける。
Masao prioritized Erika, but he went to a conveyor belt sushi restaurant with both Erika and Naomi, continuing to eat only the sushi toppings.

ナオミとババちゃんの不倫の続きでは、ナオミがババちゃんを誘う場面が描かれる。
In the continuation of Naomi and Baba-chan's affair, a scene is depicted where Naomi invites Baba-chan.

ババちゃんはナオミにとって本気になり、離婚を迫るが、ババちゃんは子供が自立するまで一緒になれないと説得する。
Baba-chan becomes serious for Naomi and pushes for divorce, but he convinces her that they cannot be together until his children become independent.

不倫がバレそうになるが、ナオミはババちゃんを引き留める。
The affair almost gets exposed, but Naomi manages to keep Baba-chan from leaving.

しかし、ナオミは新しい彼氏ができるとババちゃんを捨て、ババちゃんはナオミに幸せを願う。
However, Naomi dumps Baba-chan when she gets a new boyfriend, and Baba-chan wishes happiness for Naomi.

ナオミがババちゃんに別れを告げると、ババちゃんは感謝の言葉を送り、ナオミは憔悴している。ババちゃんはもういない。 When Naomi breaks up with Baba-chan, he sends words of gratitude, and Naomi looks worn out. Baba-chan is no longer around.





A child was born


The 14th work

こんにちは、マサオです。相変わらず両親にお米を送ってもらっているマサオです。親不幸ばかりした50近い息子のために、本当に両親には感謝しかありません。
さて、話の続きをします。ババちゃんが亡くなったとの連絡を受け、俺はしばらく落ち込んでいました。ナオミの顔も見たくなかった。ナオミが悪いわけではないのは頭ではわかっている。男女の別れなんて星の数ほどあり、誰もが経験してきたことだ。残念ながら、出会いも別れも俺には経験がないが、その頃ナオミは彼氏はいるが相変わらず自分を売って生活していた。
そして自分の身の安全のために、俺にボディガードのようなことをさせていた。ほとんどがホテルにはいかず、トイレや相手の車の中で短時間で済ませていた。しかし、ババちゃんのことがあり、俺はボディガードをしばらくしたくないとなお見に行ってしまった。
ナオミは怒って、「何なのじゃあ、もうババちゃんのこと好きでもないのに付き合っておけばよかったわけ。ボランティアじゃないんだから、ふざけんな。そもそも声かけた麻生の責任はないの」と言われた。俺は、「君のボディガードをボランティアでしているが」と一瞬思ったが、それ以上に俺はショックだった。
確かにあの日、俺がカウンターで一人飲んでいるババちゃんに声をかけなければ、今でもババちゃんはきっと今も元気だった。何気ない行動の一つ一つが人の運命を変えてしまうこともある。そう思うと俺の責任も重大だった。しばらくはそのことばかり考え、何気ない行動の一つ一つが人の運命を変えてしまうこともある、エリカともナオミとも会わない日々を過ごした。
1ヶ月くらい経った頃、持ち込んでいる暇はなくなったナオミが妊娠したのだ。俺は作戦会議をするから集まってとエリカに言われ、人に聞かれないよう個室の居酒屋を用意した。誰の子かもわからないらしく候補は5人いるとのことだった。
ナオミには既婚の彼氏がいて、さらにその彼氏が相手してくれない時用の独身の浮気相手、仕事のお客さんが3人ということだった。俺にはもう理解できない世界だった。その3人も何度か相手をした人で、LINEではあるが連絡先も分かっているというのは救いだった。
しかし、そのお客さんも2人は既婚者。ナオミの妊娠を知れば大変なことになるだろうと思った。彼らの奥さんもまさか自分の旦那が予想の女を妊娠させたとなったら、どういう行動をとるのだろうか。子供もいて奥さんは旦那がそんなことをしているなんて知りもしないだろう。全てが壊れてしまう軽い気持ちで女を飼い不倫をする俺は、絶対にいつ時に生きようと思った。ふとエリカに聞いたエリカのタイプってどんな人なのかな。エリカは前も言ったじゃん。サイバリオとルパン三世よ。その答えは、エリカが二十歳に聞いた時と変わっていなかった。俺はそうだったねと答えたが、そんな人は現実にいないよと内心思った。
さて、まずはナオミに子供をどうしたいか聞いた。ナオミは感謝入れず、「産むわけないじゃん。彼氏の子なら産むかもしれないけど、わからないし」と答えた。男の俺には理解できないことかもしれないけど、お腹にいる赤ちゃんのことそんな簡単に決めていいのか、わからなかった。
ナオミは可能性的には多分彼氏の子供だけど、他の人の可能性もゼロではないから、だから全員から忠実する費用14万をもらう。その取り立てをエリカと俺に手伝ってほしいと言った。ナオミは自分の伝えたいことを文章にしたり、相手に伝えるのが昔から苦手らしかった。なので普通の仕事をしてもうまくいかず、短期間でクビになったり続かなかったりしていた。
今回はエリカが男たちに送るLINEの文章を作ることになったナオミです。「突然驚くかもしれませんが、実は子供ができました。あなたとそういう行為をしたのだから、可能性があるのは分かっていると思います。どうしますか?認知してもらえますか?私は産んでもいいと思っています。もし望まないのであれば、その費用を両立ててもらいたいです。体を傷つけるのは私自身なのですから。」文章が出来上がると、5人の男たちに一斉に送った。
そのうち3人の既婚男性たちはLINEを見て震え上がるだろうなと思った。LINEしか知らない客だと逃げられるんじゃないかと思うかもしれないが、エリカとナオミはしっかりと手を打っていた。ナオミは妊娠が分かるとすぐ客たちともう一度約束を取り付け、会っているそこで車のナンバーをおしゃべしたり、さりげなく職場を聞いたり、免許証をシャワーの間に盗み見て住所を控えていた。
まずは速攻で寄婚の彼氏から電話があった。ナオミはヒデ君と呼んでいた寄婚のヒデ君の答えは思いもよらないものだった。産んでほしい嫁とは別れるからと言ったヒデ君は37歳で、結婚12年目だが子供はいなかった。それを言われてナオミの気持ちは揺らいだようだった。
しかしヒデ君はお父さん候補が5人もいるとは知らない。それを知ったらきっと産んでとは言わないだろう。結局は産まないとナオミが言い、ヒデ君は費用は用意するとのことだった。客の3人はあっさりとお金は用意するから生まないでくれと言ってきた。コンビニで待ち合わせて回収したり振り込みしてもらったり、4人は全員忠実にかかる費用を全額払った。
問題は浮気相手だった独身の男だ。お金ないしの一言で温真不通になった。ちなみに彼は実家住まいで、何度か実家にも遊びに行ってるらしいのに、逃げるのが俺には理解できなかった。そこで、なぜか俺がナオミのお兄さんという役をやらされ、浮気相手の実家に訪ねることになった。
出てきたのは母親だった。何度か遊びに来たナオミのことは覚えているらしく、「妹が妊娠したんです。息子さんと連絡は取れないのですが、今、家にいますか?」と聞いた母親は、「あんな窓開けて昼でも夜でも大きくなっているかかってたら子供もできるでしょうよ。近所に恥ずかしいから家出するのはやめてって言ったのよ。あなたの妹さんも異常だと思うわよ。息子だけの責任じゃないでしょ」と言った。
浮気相手の実家は俺の家とそう変わらない古い家で、きっとお金がないんだろうと思ったが、妊娠させてお金がないからと逃げるのは許されることではない。お兄さんが立て替えてくれない?少しずつ2日に払わせるからと母親が言ったので、それを飲むことにした。これで全員から回収が完了し、ナオミは中絶の日時を病院で決めてきた。
それは男の俺にはわからない恐怖らしかった。信じられない激痛手術が終わり、麻酔から完全に覚めてもしばらくは腹痛に耐え、数日間は絶対安静。もう二度と男の人とそんなことしない、怖いとしばらくナオミは言っていた。女の人は体も心も傷ついて、何より望まれない赤ちゃんが一番の被害者だ。
俺は絶対にそんなことをしないぞと心に誓った。しかし、喉元すぎれば熱さを忘れる。その後、ナオミは数年にわたり同じようなことを何度も繰り返した。
次回予告:ナオミの体調が戻ると、俺たちは派遣からコンビニ弁当を作る工場に行き始める。そこには、カオリンという42歳のボス的女性がいた。休憩になると、いつも俺の隣に座り、手作りの卵焼きや稲荷寿司をくれた。カオリンは年下のバイトを集め、謎のイベントを定期的に開催していた。
>>Summarize<<
マサオは両親に感謝し、ババちゃんの死に落ち込む。
Masao expresses gratitude to his parents and mourns the death of Baba-chan.

ナオミとの関係も難しい。
The relationship with Naomi is also complicated.

彼女は自分を売って生活しているが、マサオは彼女のボディガード役をやめたくなる。
She is selling herself to make a living, but Masao wants to quit being her bodyguard.

ナオミは怒り、自らの責任を問う。
Naomi gets angry and questions her own responsibility.

マサオはその後もナオミやエリカと会わず、考えを巡らせる。
Masao continues to avoid meeting Naomi and Erica, pondering over his thoughts.

ナオミが妊娠し、5人の男たちの間で子供の行く末を決める。
Naomi becomes pregnant and decides the fate of the child among the five men.

結果的に4人は費用を支払い、一人だけが逃げる。
In the end, four of them paid the expenses, while one person escaped.

彼の家を訪れたマサオは母親と対面し、全員からの費用を支払うことが決まる。
Masao, visiting his house, faced his mother, and it was decided that she would pay the expenses on behalf of everyone.

ナオミは中絶手術を受け、その後も同じような問題に直面する。
Naomi underwent an abortion procedure and continued to face similar problems thereafter.

次回は、マサオが働く工場での出来事が描かれる。
Next time, events at the factory where Masao works will be depicted.







Go to a new workplace.


The 15th work

こんにちは、マサオです。仕事から帰ってきました。明るいうちにお風呂に入ります。俺の家は借りてから10年近く経っていて、一度もガスが通っていないため、お湯が出ません。でもこれからの季節は水浴びが気持ちいい代わりに、冬の風呂場は地獄です。家は断熱材がまともに入っていないため、夏は暑くて冬は寒い。冬のお風呂といえば、エリカの心温まるエピソードがあります。
ある寒い日のこと、2月に雪がちらつく中、エリカを歯医者に送り届けた日。後部座席に座っていたエリカから「なんか臭い、お風呂入ってる?」と言われ、安いコロンを振ってごまかそうとしたけど、どうやら臭いが拭えていなかったようです。冬でも外仕事前日はほぼ1日中穴掘りをして泥だらけだったので、体は拭いたつもりでも匂いまでは取れなかったようです。寒さのため、水浴びは3日に1度しかできなかったけど、不思議なことに水をかぶると体がポカポカしてきます。ただし、湯気みたいなものが出るので絶対に真似しないでくださいね。
歯医者が終わった連絡を受け、エリカを迎えに行くと、家でお湯を用意してくれました。手には段ボールに入ったミネラルウォーターが6本入ったやつ。家まで送り届けると、「これで体きれいに洗いなよ、頭もね」と言われました。お湯は熱くて身体が温まり、なぜかお風呂場で号泣してしまいました。エリカにメールで「久しぶりにさっぱりしたよ、ありがとう」と送ったら、「いつでも言ってね」と返ってきました。しかし、もしかしてエリカの家のお風呂に入れるんじゃないかと勘違いして、急いで家に戻り、内緒で水浴びして体を洗ってきました。
話は変わり、中絶手術を受けたナオミは安静にしていましたが、お金が底をつき、新たに仕事を探していました。彼氏との関係も終わったようです。そこでエリカとナオミは派遣で働ける仕事を探していました。派遣のサイトに登録し、応募して採用された仕事は、大抵、人気のない仕事でした。しかし、エリカと一緒ならいいかと思い、楽しみにしていました。
翌朝、俺はエリカとナオミを迎えに行き、お弁当工場に到着しました。想像していたよりも古く小さな工場でした。派遣の担当者から契約書や説明を受け、制服を受け取り、全身消毒をして中に入りました。工場では様々な仕事が行われ、怒声や泣き声が聞こえました。初めての経験で圧倒されましたが、エリカと一緒に仕事を始めました。
食品を盛り付ける作業は慣れるまで大変でしたが、エリカと一緒に頑張りました。他の派遣社員も同じように怒られていました。休憩中、工場の中で目立っている女性、カオリンに声をかけられ、驚きました。彼女は優しくて美人で、手作りの稲荷寿司をくれました。彼女からの誘いで、工場のイベントに参加することになり、楽しみにしています。
一方、エリカには心の変化があり、ナオミは出会い系で知り合った客の家に転がり込み、奇妙な同居生活が始まります。
>>Summarize<<
マサオは家が古くて断熱材がなく、冬は風呂場が寒くて水浴びがつらい。
Masao's house is old and lacks insulation, making the bathroom cold and uncomfortable for bathing, especially during winter.

ある日、エリカを歯医者に送った際、体臭が気になると指摘され、自身の体臭に悩む。
One day, when Masao took Erica to the dentist, she pointed out that she smelled bad, causing Masao to worry about his own body odor.

しかし、エリカの家でお湯を用意してもらい、温かいお風呂で心が温まった。
However, Masao's heart warmed up in a warm bath prepared for him at Erica's house.

その後、ナオミとエリカは派遣で働くことにし、お弁当工場で働くことになる。
After that, Naomi and Erica decided to work as dispatch workers and ended up working at a bento lunchbox factory.

初めての経験で戸惑いながらも、エリカと一緒に仕事を頑張る。
Despite their initial confusion due to lack of experience, they work hard together with Erica.

工場では怒声や泣き声が飛び交い、カオリンという女性に出会う。
In the factory, angry voices and crying can be heard, and they meet a woman named Kaorin.

彼女は優しく美人で、稲荷寿司をくれて、工場のイベントに誘われる。
She is kind and beautiful, and she gives them inari sushi, inviting them to a factory event.

一方で、エリカは何かを考えており、ナオミは出会い系で知り合った男性の家に転がり込み、奇妙な同居生活を始める。
On the other hand, Erica is contemplating something, while Naomi moves in with a man she met on a dating app, starting a strange cohabitation.





Finally attended an event for beautiful married women.


The 16th work

こんにちは、マサオです。だいぶ暑くなってきましたね。半年ぶりにビールを飲んだら酔っ払ってしまいました。今日はマサオの部屋へようこそ。
夏のビールといえば、エリカと居酒屋に行った時のことを思い出します。珍しく二人きりで、エリカから「暑いし、生ビール飲みたい気分、付き合って」と連絡が来ました。普段は運転手だったのですが、今回はエリカも一緒に飲むことになりました。エリカが「マサオも飲んだら一人で飲むの寂しいし」と言うので、お金がなかったけれども、安くてボリュームのあるお気に入りの居酒屋に行くことにしました。
集合時間も近づいていたので、玄関の横に置いてあった折りたたみ自転車を取り出しました。久しぶりの自転車に乗り、タイヤがパンクしていたにもかかわらず、仕方なくその自転車で家を出ました。
エリカがすでに到着していて、急いで飲みたいと促す中、パンクした自転車に乗りながら必死に追いかけました。暑い中、エリカのポニーテールを見ながら必死に追いかけ、なんとか店に到着しました。
二人で飲むことを楽しみにしていましたが、お酒のせいもあって喧嘩してしまい、エリカはタクシーで帰ってしまいました。次の日は、真夏の炎天下にエリカのママチャリを取りに行く羽目になりました。
弁当工場での初出勤は散々な結果になりましたが、日払いの仕事が他にないためしばらく続けることにしました。お昼休憩はいつもエリカとナオミと3人で食べていました。エリカが俺の分も弁当を作ってきてくれたことに感動しました。
エリカとナオミは仕事帰りにナオミの元カレの話をしていました。ナオミは出会い系で知り合った元カレと暮らしていましたが、ナオミはその男性たちと一緒に住んでも何も問題ないと答えました。
仕事が終わり、着替えをして公衛室を出たところ、カオリンがイベントに誘ってきました。明日、カオリンのアパートでイベントがあるとのことで、交換した連絡先を通じて参加することにしました。
翌日、仕事を終えてカオリンのアパートに向かうと、そこには他の男性社員たちも集まっていました。カオリンの子供の姿はなく、最低限の生活用品しかないようでした。イベントが始まり、マック風のハンバーガーを出され、食べてみると本物そっくりの味でした。
お酒が進むと男性社員たちの挙動がおかしくなり、恐怖を感じました。カオリンはタカノ君を引き連れて別室に入っていきましたが、その様子に違和感を覚えました。俺は帰りたいと思いました。
>>Summarize<<
マサオは暑い日にエリカと居酒屋に行きましたが、自転車のタイヤがパンクしていたため、苦労して店に到着しました。
Masao went to an izakaya with Erika on a hot day, but struggled to arrive at the restaurant because the tires of his bicycle were punctured.

しかし、お酒のせいで喧嘩してしまい、エリカはタクシーで帰ってしまいました。
However, due to alcohol, they ended up having a fight, and Erika went home by taxi.

次の日、マサオは弁当工場で働き、エリカとナオミと一緒にお昼を食べました。
The next day, Masao worked at a bento factory and had lunch with Erika and Naomi.

ナオミは出会い系で知り合った元カレと暮らしていました。
Naomi was living with her ex-boyfriend whom she met on a dating site.

その後、カオリンからイベントに誘われ、参加することにしました。
Afterwards, Masao decided to join an event he was invited to by Kaorin.

イベントでは他の男性社員も集まり、お酒が進むと彼らの挙動が怪しくなり、マサオは帰りたいと思いました。
At the event, other male colleagues also gathered, and as alcohol flowed, their behavior became suspicious, causing Masao to want to leave.



A beautiful part-time housewife, the price of playing is high.


The 17th work

こんにちは、マサオです。
もうすっかり夏ですね。暑いですね。
40過ぎたあたりから毎年夏になると、一度は熱中症になってしまいます。皆さんも気をつけてください。
この前、料理してる時に暑すぎて上半身裸で料理してたんですが、脂が体にパチパチ跳ねてきてめっちゃ痛かったです。エプロン必須ですね。
さて、今日も仕事から帰宅しました。ご飯にしていきたいと思います。これはマサオのアイコンにもなっている昔話盛のご飯です。巷ではマンガ盛と呼ばれているようですが、俺はずっと昔話盛と呼んでいます。
きっかけはエリカと焼肉に行った時。お金があまりないので、いかに少ないお肉でお腹を満たすか、金額的にカルビオ2皿が限界。エリカは生ビールは2杯飲みたいというので、使えるお金はあとわずかだと思います。そこで安くてお腹を満たせそうなご飯の台を3つ頼み、エリカはそれをなぜか一つにまとめて山盛りのご飯にした。
カルビー1人5枚ずつだから、そんだけご飯あったらお腹いっぱいになるでしょと言って俺に渡してきた。それからエリカと焼肉に行くと、マサオは昔話盛り食べるでしょと言い、ご飯の台で昔話盛りを作ってくれたのだと、前回の続きを話していこうと思う。
カオリンのアパートでのイベントに参加した俺は、信じられない光景を目にする。美人パート主婦42歳カオリンが男性社員20歳の高野くんの手を引き、ベッドルームに消えていった。ベッドルームからは大音量でクラシック音楽が流れ始め、中の様子は全くわからなかった。
キッチンに取り残された俺と38歳の小賀さん、ミニスカパートのユミコさん、高野くんが選ばれたことに不満そうな小賀さん。俺は、一体皆さんはどういう関係なんですか? 小賀さんもカオリンと付き合ってるんですか? と聞いた。カオリンは、俺だけのものじゃない。俺は彼女に認められたいだけだよ、と小賀さん言っていたが、俺は、なんとなくだが気持ちがわかるような気がした。そして、高野のやつ、職場に彼女いるんだぜ。婚約中のあいつは、多分、かおりんのお金が目当てなんじゃないかと思うんだ、と言った。
確かに俺も1000円もらったらかおりんのイベントに付き合うとお小遣いがもらえるのかもしれない。ベッドルームまでお付き合いしたら、もっともらえるのだろうかと思った。ユミコさんはなんでかおりんと付き合ってるんですか、と俺は聞いたが、かおりんに聞かれるかもしれないから今は言えないと小声で答えた。
あんな大音量で音楽かけてるんだしないでしょうと思ったけど、これ以上は聞かないことにした俺は、飲んでないし帰りますね、と言ってその日は部屋を後にした。その後も何度かイベントに参加したが、高野君と小川さん以外にも男性社員が参加していることがあった。俺は一度もベッドルームには呼んでもらえなかった。
しかしこの頃、弁当工場の仕事は徐々になくなっていった。俺はまたしばらくドカトの日雇いに戻ることにした。現場までは自分の車で行くのだが、車を持ってない人もいるので、俺の車に何人か乗せて行くことも多かった。
一人当たり500円の手当もついたし、帰りにコンビニに寄ると乗せてくれてありがとうねと飲み物などを買ってくれる人もいたので、俺は率先して自分の車を出すようにしていた。しかし俺の車に3人乗せて現場に行った日、家に帰ってから仕事用のバッグの中に財布がないことに気づいた。
まさか、俺の1000円も入っていない財布を盗むなんて。せめて中身を確認してからにしてくれよ、と思った。数日後、行ったこともない離れた市の警察から連絡があり、財布は無事に見つかった。何十円かは入っていたと思うけど、中身はすっからかんだった。
その他にも奮発して買った魔法瓶の水筒がなくなった時は、本当にショックだった。乗せてきた人は、人たちが帰りのコンビニにジュースや缶ビールを買っていても、俺は一切買わずに毎日家でお茶を沸かして入れてきたというのに。
その頃のエリカとナオミは再び色々な派遣を点々としていた。夜は相変わらず出会い系サイトをして飲み歩いていたが、しばらく経って少し変化があった。ナオミが県外のデリヘルで住み込みで働き始めた。それを機に、エリカはまともな仕事をしたいとまず車の免許を取ると言い出した。
30過ぎて自動車免許を取るのは年齢的には遅いかもしれないが、それまでエリカには俺を含め常に運転手代わりの男いたので、足には困らなかったのだろう。真面目に仕事がしたいというエリカを、俺は応援した。ナオミと離れていることもあり、割と平穏な日々が続いていたと思う。
真面目に教習所に通い、卒業も間近という頃、エリカはありがちな教習所マジックにかかっていた。確かにエリカの担当の教官はまだ若くイケメンだった。卒業したら先生に会えなくなると言い、泣いていたが、ついに卒業してしまった。それでもエリカは、先生がどうしているか知りたいと言い、得意の張り込みが始まった。
エリカは俺なんかには強気だが、好きな人には自分から話しかけることもできないような性格だった。俺たちはその教官が教習所に出勤する前から近くの駐車場で待機し、出勤してきた教官の姿を見つけてはそれで満足しているようだった。近くのといっても、そこから見える教官の姿は豆粒くらいの大きさで、俺はそんなことして何になるの? むしろよく見分けつくね、と思っていたが、そのうち飽きるだろうと張り込みに付き合っていた。
案の定3ヶ月も経てば先生という言葉も、もなくなった。それからは俺はエリカと楽しく過ごす日々だった。その頃俺たちはインドカレーにハマっていて、遠征してインドカレー屋さん巡りをしていた。激辛好きのエリカ違うカレーを頼んでシェアしようと、俺の頼むカレーもエリカ好みの辛さにしていた。
一方、俺はもともと辛いのは得意ではなく、ココイチなら普通の辛さでも食べられないくらいだった。あるインドカレー屋さんの50倍という辛さで注文した体験したことのない辛さ。でもはや痛い唇も口の中も痛すぎる。汗はダラダラと涙まで出てきた俺たちの後に入ってきたグループが、「この店はね、にからでも辛いからね。これ以上になると味がわからないよ」と言っているのを聞いて、エリカにも同じことを言ってやってくれと思ったが、聞こえていたようで店を出てから案内された。うちらが味音痴みたいじゃんと言っていた。1時間くらいは口の痛みが治らなかった。昔話守屋激辛を食べさせられても、俺はとにかく楽しかった。しかし、そんな日々もナオミが戻ってきて終わりを告げる。そして2人はまた夜の仕事を始めてしまう。しかも今度は普通の飲み屋ではなかった。また夜の仕事を始めたのには深い理由があった。俺にとって忘れられない深い傷となった次回予告。とんでもない男に引っかかったエリカ。辛い出来事が俺を襲う。俺を始めて、衣装を変えた。
>>Summarize<<
マサオは夏が来ると熱中症になる経験を語り、料理中に体が熱くて上半身を裸にしていたら脂が跳ねて痛かったことを振り返った。
Masao recounted his experience of getting heatstroke every summer and reflected on a painful incident when cooking shirtless caused hot oil to splatter on his body.

彼はエリカと焼肉に行った際、少ないお金でお腹を満たすために大盛りのご飯を頼んだことを語り、エリカとのエピソードを続けた。
He recounted an episode with Erica when they went to a yakiniku restaurant and ordered extra servings of rice to fill their stomachs with limited funds, continuing to share anecdotes about their experiences together.

その後、カオリンのアパートでのイベントで起きた出来事や仕事の日々の話を続け、車で仕事に行った際に財布が盗まれた経験を述べた。
He then continued to recount the events at Kaorin's apartment event, as well as his daily work experiences, and mentioned the incident of his wallet being stolen when he drove to work.

エリカとナオミは再び派遣の仕事をしており、夜は出会い系サイトで飲み歩いていたが、ナオミが県外のデリヘルで働き始めた。
Erica and Naomi were once again doing temporary jobs, and at night, they were going out drinking through dating sites, but Naomi started working at a delivery health service outside the prefecture.

それをきっかけに、エリカはまともな仕事を求め、まずは車の免許を取ることを決意した。
As a result, Erica decided to seek a proper job, starting with obtaining a driver's license.

エリカは教習所に通い、卒業が近づくにつれて担当の若くイケメンの教官に興味を持ち始め、教習所マジックにかかってしまう。
Erica attended driving school, and as graduation approached, she began to take an interest in her young and handsome instructor, falling under the spell of driving school magic.

その後、教官に会えなくなることを悲しんでいたエリカは、教官の行動を追うために張り込みを始める。
Afterward, saddened by the thought of not being able to see her instructor anymore, Erica began to stake out his movements to keep track of him.

一方で、エリカとの楽しい日々を過ごしていたマサオたちは、インドカレーにハマり、辛さに挑戦するものの、ある店での辛さに苦しんだ。
On the other hand, Masao and Erica, who were enjoying their days together, got hooked on Indian curry and challenged themselves with spiciness, but struggled with the heat at a certain restaurant.

ナオミの復帰により、2人は再び夜の仕事を始めるが、今回は普通の飲み屋ではなく、深い理由があるようだ。
With Naomi's return, the two of them resumed their night job, but this time it seemed there was a deeper reason behind it, as it wasn't just an ordinary drinking establishment.







The day I wanted to disappear


The 18th work

「こんにちは、マサオです。 仕事が終わったので、まずは水浴びしてから調理に取り掛かります。家の中は夜でも30度を超えていますね。さて、料理しながらお話ししましょう。 私の部屋へようこそ。平和な日々は、ナオミと共に終わりを告げました。私もエリカもナオミも、お金がなかったのです。私は土方の日雇い、いや単発のバイトでなんとか生活費や借金の返済、最低限のお金以外はエリカとナオミに渡していました。 しかし、それでも足りないエリカには、もっと割のいい派遣に行ったら?と言われていました。エリカが求めるのは、例えば車や車の部品の製造、半導体製造などの長期派遣で、月収にして25万くらいもらえるところもあるんです。もちろん、私もそれはわかっていました。 しかし、私は色覚異常があり、色の区別がつきにくいんです。昔、そのような工場で働いたことがありましたが、配線の色や機械のボタンの色の区別がつかず、孤立してしまったんです。悔しい思いもしましたが、仕事ができない自分を腹立たしいと感じました。 色覚異常は覚醒遺伝で、私のじいちゃんが色覚異常だったんです。家族の中で私だけが色覚異常でした。両親は私のために色覚治療を受けさせようとしましたが、それは遠くの病院での治療でした。 私は3ヶ月間、親戚の家に泊まり、学校を休んで治療を受けました。治療中は、色が見えるようになったような気がしましたが、それでも仕事での困難は解消されませんでした。 その後、仕事を選びながら生活していました。しかし、お金がなくなり、エリカとナオミは夜の仕事に戻りました。私もある店に応募しましたが、その夜は思わぬ出来事が起こりました。 役所の用事の後、ショッピングモールで買い物をしている様子が動画に撮られ、それが上司に見せられ、クビになってしまったんです。
じゃあ俺の動画を撮った人は平日にショッピングモールで何してたの?と思ったけど何も言わず、クビを受け入れた。もともとやめようか悩んでいたし、いいきっかけになったと自分に言い聞かせた。それからは仕事を選び、なるべく俺でもできそうな仕事をやってきた。俺はエリカのためにもっと給料が高い仕事をしたかったけど、過去のことがトラウマになりなかなか勇気が出なかった。
そうするうちにお金がないからと、エリカとナオミは夜の仕事に戻った。昔勤めていた店はもう存在してなかった。そこで求人にある面接受けるだけで1万5000円もらえるというあるお店に応募すると言った俺は嫌だったけど、俺にも渡せるお金はあまりない。仕方なかったある夜、エリカとナオミに呼び出され、珍しくご飯を奢ってもらった。今日は休みだといい、俺に頼みがあると言ったナオミからのある提案だった。入店して2週間経つんだけど、あまり指名取れないの店長にも痩せろとか言われるし、お金あげるからマサオナミのこと指名してよ。俺はナミ?誰?と聞いたナオミのことだよ、お願いねとエリカにも言われ、店に行ってみたかった俺は引き受けた。
ナオミからは3万円受け取った。次の日、早速エリカとナオミの働くお店に行った。飲み屋街を歩くのはいつぶりだろう。前通っていた時とはすっかり変わっていた店に到着し、扉の前に立っていたボーイに「ナミさん指名でお願いします」というと、中に案内された。昔エリカが勤めていた店はスナックに近かったが、今度のお店は雰囲気が全然違った。薄暗く天井にはミラーボールとかカラフルなライトがピカピカしていて、なんていうかディスコみたいな感じ。
座席も一人一人仕切りがあって、一対一の接客を売りにしているらしかった。俺はエリカどこにいるんだろうとキョロキョロしていたら、ナオミが現れた。「いらっしゃいませ、ナミです。ご指名ありがとうございます」と言い、俺の隣に座った。黒の胸元と背中が開いたドレスを着ていて、入れ墨は隠していなかった。俺はそういえばナオミとホテルに行ったんだよなと思い出して、ちょっとドキドキしてしまった。隣に座ったナオミは、「店長に怒られない程度には仕事するふりするからね」と言い、腕を絡ませてきたり、恋人のようにイチャイチャしてきた。
俺は一体何事かと思ったが、周りの客もそんな感じで義父恋人体験ができるというお店だった。それならエリカを指名したいよと心から思った。ナオミは接客は人気がある子はある程度任されてるけど、ナミは人気ないから太もも触るとかキスくらいはしてもいいよと言われたけど、とんでもない。俺はエリカがどこにいるか探した。俺の斜め後ろの席にいるのを見つけた。白のロングドレス、深めのスリットが入っていて、髪をアップにしていた。めちゃセクシーで可愛かったけど、若そうな、オールバックの髪型をした。客と手を繋いで、いい雰囲気で会話しているのを見て、もやもやした。
さらにナオミに、「最近、エリカ、あの客と付き合ってんだよ」と聞かされ、俺はショックを受けた。その後は、怒りや悲しみでナオミの話もよく聞いていない。それは今までエリカに彼氏がいたり好きな人もいたりしたけど、何か俺に話してくれたかったことがショックだった。終わりの時間になり帰る間際ナオミに聞いた。帰りどうするの、家まで送ろうかな、んな食べて帰ってもいいし。俺はとにかくエリカと話がしたかった。ナオミには今日は用事があるから、マサオ、帰ってていいよと言われた。
俺はもやもやが収まらなかった。飲まないつもりで来たので、車は飲み屋街の店の近くのパーキングに停めてある俺はただエリカとナオミが出てくるのを待った。しばらくすると、店の前に車が止まった男2人が乗っているようだった。運転しているのはさっき店にいたエリカの彼氏だという男だった。助手席の男が電話をかけているようで、少ししたらエリカとナオミが出てきた。「待った?ごめーん」と言いながら、二人はその車の後部座席に乗り込んだ。俺はとっさにその車を追いかけていた。
多分エリカもナオミも飲んでるし浮かれてるっぽかったし、気づかないだろうとは思ったが、ドキドキしていた。俺は何してる?どこまで追う?明日エリカに聞けばいいじゃないかと、いろんな考えが頭をめぐったが、追うのもやめられなかった。車は飲み屋街からさほど離れていないホテル街に入っていった。その中でもまだ新しくきれいめのホテルを選んだようだ。車はその中に消えていった。俺はさすがに仲間で追うことはできなかった。彼は今宵エリカを抱くのだろう。ホテル街の近くに大きい川があり、俺は河川敷に車を停めた。車を降りると、俺は大声で叫んだ。なんだかわからない感情が溢れ出した。
「俺はエリカにとって何なの?何でこんなに苦しいの?苦しい、苦しいよ!」俺は感情を抑えきれず、叫びながら自分の車をひたすら殴った。人の拳でもくるまってへこんだな… 血だらけの自分の手を見て、もう消えたいと思った。それしか解き放たれる方法はない。頭ではわかっている、俺が決めて、俺がやったことだ。見返りは求めてはいけない。どんなに尽くして借金して、自分の人生犠牲にしても、絶対に報われない思いなのだと。俺はエリカに手紙を書いた。便箋3枚にもなった。俺が消えてしまう前に、伝えたかった自分の思いを。さよなら、大好きなエリカへ。
>>Summarize<<
マサオは仕事が終わり、家で水浴びをしてから調理に取り掛かることにした。
Masao decided to take a shower at home after finishing work, and then started cooking.

家の中は夜でも30度を超え、暑かった。
Inside the house, even at night, it exceeded 30 degrees Celsius and was hot.

彼は料理しながら、自身の部屋で平和な日々が終わったことを思い出した。
As he cooked, he remembered that peaceful days had come to an end in his own room.

彼とナオミ、そしてエリカはお金に困っていた。
He, Naomi, and Erica were struggling financially.

マサオは単発のバイトで生活費や借金の返済をし、残りのお金は彼女たちに渡していた。
Masao worked temporary jobs to cover living expenses and repay debts, giving the remaining money to them.

しかし、それでもエリカは足りないと感じていた。
However, Erica still felt it wasn't enough.

彼女は高収入の派遣の仕事を提案されたが、マサオは色覚異常があり、その仕事には向かないと思った。
She was offered a high-paying dispatch job, but Masao thought it wasn't suitable for him due to his color vision deficiency.

彼は治療を受けたこともあるが、問題は解決しなかった。
He had undergone treatment, but the issue remained unresolved.

彼は仕事を選びながら生活していたが、失業し、エリカとナオミも夜の仕事に戻った。
He had been living while choosing his jobs, but eventually became unemployed, and both Erica and Naomi returned to night work.

ある夜、彼は新しい仕事を見つけたが、その後クビになってしまった。
One night, he found a new job, but later got fired from it.

その後、彼はエリカとナオミの勧めで夜の仕事に参加することになり、指名を受けることになった。
Afterwards, he ended up joining night work, as suggested by Erica and Naomi, and started receiving requests.

ナオミからは3万円を受け取り、次の日には彼女たちの働く店に行った。
He received 30,000 yen from Naomi and went to the shop where they worked the next day.

店はディスコのような雰囲気で、エリカがいるのを見つけたが、彼女は客と楽しそうにしていて、マサオはショックを受けた。
The shop had a disco-like atmosphere, and although he found Erica there, she seemed to be having fun with the customers, which shocked Masao.

最後に、彼は自分の感情に苦しみながら、エリカに手紙を書いて、さよならを告げた。
Finally, he wrote a letter to Erica, bidding her farewell while struggling with his own emotions.





The incompetent temporary worker Masao is alive.


The 19th work

こんにちは、マサオです。
最近は暑い日が続いていますが、皆様はいかがお過ごしでしょうか?今年の梅雨明けは早かったですね。
さて、今度はこの階段をDIYしてみようと考えています。部屋へようこそ、エリカに別れの手紙を書いた私です。しかし、こうして生きています。
あの日、エリカに手紙を渡して、車で近くの山に行きました。その時、自分がどのようにこの世を去るか考えていました。エリカはあの手紙を読んでどう思うかな…。父ちゃんと母ちゃんの顔が浮かび、ただただ申し訳ない気持ちになりました。
最近、父ちゃんからのメールを読み返していました。その中には、「お前が生まれた日、こんな俺たちでも親になれたんだと本当に嬉しかった。それからはお前の成長が生きがいになった。親はな子供がどんなでも大人になっても、愛している気持ちはずっと変わらんとぞ。俺たちだけはずっとお前の味方だからな。」と書かれていました。そのメールを読み返し、父ちゃんが私を信じてくれていたことに感謝しました。
しかし、私は借金問題に直面し、再び借金をしてしまいました。毎月の支払いが増え、夜も寝ずに働き続ける生活は限界に達しました。そして、借金を返せなくなり、家賃も滞納してしまいました。
こんな状況になり、エリカのあんな姿を目にし、俺は何のために生きているのかわからなくなりました。エリカへの手紙には、俺を好きになれないのはわかっていたけど、エリカの他の男性とホテルに入る姿を見て、自分がどれだけエリカを愛していたか、改めて気づきました。
そんな中、エリカからのメールが来ました。「あんたさ、バカじゃないの?先のことなんて誰にもわからないじゃん。可能性はゼロじゃないでしょ?あんた次第だけどね。」と。そんな返信に、少し嬉しい気持ちになりました。
とりあえず山を降りて家に戻りましたが、状況は複数変わるわけでもなく、自分ではどうしたらいいか分からなくなっていました。
そんな時、携帯も解約して、プリペイドの携帯を入手しました。ただ、エリカと父ちゃんにだけは教えました。

世間から取り残されたような気持ちになりました。特急場の風を切ることもなくなり、インターホンも鳴らないようにしました。
借金から逃げるように生きていましたが、両親にバレたという感覚はありませんでした。朝早く家を出て明け方に帰り、父は呆れていました。
両親が来ることになり、父は借金をまとめるために弁護士事務所に連れて行きました。初めのうちは父がやり取りし、月々の支払いが減り、金融会社とのやり取りがなくなりました。
父は手数料にも2つ返事で了承し、制約書にサインしました。彼はもう信用できないと言い、私は実家に戻されました。
実家に戻り、安心感を感じました。父も戻り、家族で食事をしました。父は再出発するよう言いました。家賃もいらないし、借金を返せばいいと。
ここで新しい人生を始めることにしました。釣具店と寿司屋で働き、収入はすべて借金の返済に充てました。でも、家族との時間は幸せで満ち足りていました。
エリカとの連絡が途絶えて数ヶ月が経ち、彼女に会いたくなりました。電話で話したが、電波が弱く、感情が溢れ出ました。彼女に会いたいと強く思いました。
>>Summarize<<
マサオは最近の暑さや梅雨の早い明けに触れながら、自分の最近の状況を振り返ります。
Masao reflects on his recent circumstances while touching upon the recent heat and early end of the rainy season.

彼はDIYで階段を作ることを計画し、かつてエリカに別れの手紙を書いたことを思い出します。
He plans to make stairs himself and recalls writing a farewell letter to Erica in the past.

その後、自殺を考えたり、父親からのメッセージに触れ、再び借金に苦しむ彼の日常生活について語ります。
Subsequently, he talks about considering suicide, touching upon a message from his father, and discussing his daily life struggling with debt again.

彼は自分が何のために生きているのかわからなくなり、エリカへの思いを改めて感じます。
He becomes unsure of what he is living for and once again feels his emotions towards Erica.

しかし、エリカからのメールで少し救われた彼は、携帯を解約してプリペイドの携帯を入手し、家族や借金の問題に取り組みます。
However, he finds some relief in an email from Erica, and decides to cancel his phone contract and get a prepaid phone, while also addressing family and debt issues.

最終的には、家族との絆やエリカへの思いを胸に、新たな人生を始める決意をします。
In the end, he resolves to start a new life with the bonds of family and his feelings for Erica in his heart.




I will return to my parents' house, but it was a phone call with Erika that triggered it, and I fell for Erika again.


The 20th work

こんにちは、マサオです。
昼間は工場で派遣の仕事をしていて、夕方からは物流倉庫でバイトしていますが、なかなか体重が減りません。この前、バイト先の女の子に「マサオさん、最近手がむくんでいませんか」と言われましたが、俺の場合はただの太りすぎだと思います。
マサオの部屋へようこそ。俺の生まれ育った島は長崎西の方に位置し、人口は4000人程度で、海が美しい自然あふれる小さな島です。中学生の頃に島に初めて2つの信号機が設置されたことを覚えています。最初の頃はみんな信号に慣れていなくて事故が多発していたのをよく覚えています。水平線に夕日が沈むのがとても美しく、よく見に行っていました。
これからの話をしていこうと思います。2度目の借金がバレ、両親に連れ戻された俺ですが、昼間は実家の釣り具店で働き、夕方からは近所のお寿司屋さんで借金返済のために真面目に働いていました。休日はよくイカ釣りに行っていて、近所の漁師さんから生きたアジをもらい、それを餌にしてイカを釣っていました。家のすぐ近くなので、父ちゃんは散歩がてらどうねー、釣れよるかーと見に来ては俺の隣に座って色々な話をしました。釣りたてのアオリイカの刺身は透明で歯ごたえも良く、甘いフライや唐揚げにしてもとても美味しく、俺がイカを釣ってきた日は母ちゃんと一緒に料理しました。イカが食卓に並んだ料理しながら、母ちゃんが色々あったけどね、マサオが帰ってきてから、お父さんね、毎日楽しそうよ、と言っていたのを今でもよく覚えています。
俺は島に戻ってからも、たまに夕日を見に行きました。一人で水平線に太陽が沈んでいくのを見ていると、なぜかいつも胸が締め付けられました。エリカと過ごした日々とは全く違う毎日に、あれは本物だったんだろうかという記憶してくるエリカに会いたいなという感情はいつもどこかにあったが、気持ちに蓋をして毎日を過ごしていました。しかしふとしたことでエリカに電話をしてしまったことから、俺の人生は大きく変わっていくことになりました。
久しぶりね、元気にやってるの?エリカの声を久しぶりに聞いた俺の想像か夢でしか聞けなかったエリカの声、本物だ。本物のエリカの声だ。少し泣きそうになった。エリカに会いたい。なんなら一目でもいいから姿を見たい。その日から俺は週に一度、決まった時間にエリカに電話をかけました。『なんのよ、忙しいんだけど』と素っ気なく切られる日もありましたが、機嫌がいいと長話に付き合ってくれました。そして今彼氏と半導星みたいな暮らしをしていると言っていました。俺がホテルに入っていくのを見かけた男だ。その時の話になって『あんた、やってること、ストーカーだよね、キモー』と言われましたが、別に怒ってる感じではありませんでした。まあ、エリカも同じようなことやってたから、気持ちがわかるのかもしれない。もうその頃には嫉妬なんかはなくなっていました。ただエリカと繋がっていられたらそれでいいと思っていました。でもまあ、気にならないと言ったら嘘になる。電話するたびに、少しずつ男の情報を聞き出していきました。エリカに普段俺が何か男のことを質問すると、いちいち『質問するな』と怒られるのですが、電話かけた時お酒が入っていたらいろいろ話してくれました。
ある日、実家に電話がかかってきました。電話には母ちゃんが出て、「マサオ、前に勤めてた派遣の担当の人から電話だよ」と言われました。俺は今頃なんだろうと思いながらも電話に出てみると、エリカでした。「プリカ繋がれないからこっちにかけた」と言っていました。
俺は急いでコッキを自分の部屋に持っていくと、「何かあったの?」と聞いた。エリカが、「うん、もうつらい。だいぶ酔っているようだった。俺はどうしたの? 彼氏のこと? 何があったの?」と聞いた。「うん、彼氏が暴れてさ。今日はトースターを投げつけてきたんだよ」と言った。俺はびっくりして、「何それ? 怪我はないの?」と聞いた。「怪我はないけど、部屋はめちゃくちゃだし、初めてのことじゃないし、もう嫌」と言った。前にもあったの? 原因は? なんで彼氏はそんなことするの? と俺は聞いたけど、エリカはわからないと言った。いろいろ話したかったけど、ごめん。彼氏が戻ってきたから、またかけ電話を切られた。その夜は眠れなかった。ずっと、エリカのことを考えていた。どうにかして助けたい。何ができるだろう。ずっと考えていた。
次の日、家からエリカに電話してみましたが、出ませんでした。プリペイド携帯を持って、電波の届くところまで行き、メールを入れました。「何かあったらすぐ、この前みたいに、実家の番号に電話入れてね」と書きました。エリカのことばかり考えるようになっていました。近くにいられないのがもどかしかった。しかし手持ちのお金はないし、何しろ島なので車で会いに行くこともできません。俺がフェリーに乗ればすぐに両親にバレる状況です。ただエリカと電話して、別れるようアドバイスするのがやっとでした。
それから1ヶ月経った頃、少し状況が変わりました。父ちゃんが、「お前も真面目に働いているしな。同級生ともたまには飲みに行きなさい」と、釣具店での給料を出してくれるようになりました。月に4万円ありがたかった。しかし、俺は、島では実家の材木店を廃業に追い込んだ息子として噂されていました。俺の中学時代からの友達の親父も俺の実家の材木店で働いていたため、当然職を失い、「お前のせいだ、お前、なんか友達じゃない、顔も見たくない」と言われていました。父ちゃんと母ちゃんはずいぶん片身が狭い思いをしただろうなと思います。
俺は4万円には手をつけず取っておこうと思いました。俺の勤め先の寿司屋さんの大将はとてもよくしてくれました。平日とかに早く店を閉めた日には俺に寿司を握ってくれ、生ビールを飲ませてくれました。大将は父ちゃんの友達で、苦労も知っていました。父ちゃんはある日突然、母ちゃんと島に現れ、「慣れない生活の中頑張って働いて、あの材木店を出した」とよく昔の話をしてくれました。夏子とは俺の妹で、俺は覚えていました。
ある夜、エリカから電話が来ました。「母ちゃんはいつものように、『マサオ、また派遣の人からよ』と俺を呼んだ。さすがに母ちゃんも不審に思っていたようですが、退職届とか制服の返却とかしてなかったからと言ってごまかしました」と話しました。「もしもし、エリカ、どうしたの? その後、彼氏は暴れてない? 大丈夫? もう物だけじゃなくて、私にも暴力振るようになった」と心配して聞きました。エリカが、「え? 殴られたの? なんで別れないの? 警察に相談して別れたいけど無理なのよ」と話すのを聞き、頭に血が上りました。「やっぱり、俺が近くにいないから助けられないんだ」と思いました。
エリカからは、動画を送られました。「まさか、動画ってそういう行為のだよね。何本くらいあるの?」と聞きました。エリカは、「私が逃げたり、警察に行ったらばらまく。たとえ俺が使っても一度ばらまかれたら一生残るぞ」と言われています。このままではエリカの人生がダメになってしまうと悟り、いろいろ頭をめぐらせました。
しかし、エリカが逃げるのは無理そうでした。動画を奪えたら一番いいのですが、携帯なんて肌見放さず持っているでしょう。エリカの彼氏は一体何をしているのか、まともな仕事についているとは思えません。そもそも、仕事してないんじゃないかと考えました。エリカは、「普段は家にいて、上の人とかお客さんに電話で呼び出されたらすぐ出かけてるけど、何の仕事かはわからない」と言いました。
彼氏の勤め先が工場だったら、俺が派遣として潜り込んで携帯を奪うチャンスを狙えるかと思ったが、それも無理そうだ。しかし、エリカの彼氏は一体何をしているのか、まともな仕事についているとは思えない。いや、仕事すらしてないんじゃないかねえ。

エリカ彼氏は電話がかかってきたとき、どんなことを言っていたか覚えてる俺は聞いた。エリカは少し考えて、「お客さんからの電話だと、どれくらい要るか。待ち合わせはどこどこのコンビニで、みたいな感じかな。上の人には、今日は何人で、売り上げがいくらです、とかそんな感じ」と答えました。
俺はこれはやばいんじゃないかと思ったが、俺の予想通りななおさら、このままエリカを放っておくわけにはいかない。エリカにもう少しだけ待って、俺が絶対に何とかするからと言った。俺はある計画を立て、時を待つ。あとは実行に移すだけだ。
>>Summarize<<
マサオは、工場で派遣の仕事をしているが、夕方からは物流倉庫でバイトしている。
Masao works as a temporary employee at a factory during the day, but he works part-time at a logistics warehouse in the evening.

しかし、体重が減らず、太りすぎだと感じている。彼は長崎西の小さな島で育ち、信号機が設置されたのを覚えている。
However, he hasn't been able to lose weight and feels that he is overweight. He grew up on a small island off the west coast of Nagasaki and remembers when traffic lights were first installed there.

高校時代はイカ釣りに興じ、家族との時間を楽しんでいた。
During high school, he enjoyed squid fishing and cherished time with his family.

しかし、借金トラブルから帰郷し、両親の店で働く日々が続いた。
However, he returned home due to debt troubles and continued to work at his parents' shop.

エリカとの再会を夢見ながらも、彼女の電話に応えることで彼の人生は変わり始める。
While dreaming of a reunion with Erica, his life began to change as he answered her phone calls.

彼女の彼氏からの暴力に悩むエリカに寄り添い、彼女を救いたいと願うが、島の制約や彼女の脅迫により手がかりが得られない。
Masao seeks to support Erica, who is struggling with violence from her boyfriend, and wishes to rescue her. However, due to constraints on the island and threats from her boyfriend, he cannot obtain any leads.

彼は決意し、彼女を助けるための計画を立てる。


父の励ましと友情、そしてエリカへの深い思いがマサオを鼓舞し、彼は行動を起こす覚悟を決める。
Encouragement from his father, friendship, and his deep feelings for Erica inspire Masao, leading him to resolve to take action.







Retrieve the video, and Erica became free.


The 21th work
前回のお話の続きをしましょう。エリカは彼氏から暴力を振るわれ、行為の動画を撮られ、別れられない状況です。俺はエリカを救うため、ある計画を立てました。エリカからの情報によれば、彼氏はパソコンを持っていないそうです。動画は携帯にあるはず。彼氏はエリカを私物化しようとしているのではないかと考えます。しかし、別れた途端に彼氏は動画を使ってエリカを傷つけるでしょう。そこで、俺はエリカの彼氏に接触する必要があります。そのためにはまず、この島を出る必要があります。
もうすぐ釣り具店での給料も出る。手持ちのお金は8万円。心もとないが、どうにかなるでしょう。エリカには彼氏の行動を毎日メモするよう頼みました。エリカからの情報から推測すると、彼氏は何かを売っているようです。コンビニなどを待ち合わせ場所に指定していることから、まともな取引ではないかもしれません。俺の命も危ないかもしれませんが、全てをかけてエリカを助けることにします。
近況を聞くためにエリカに電話をかけました。
「もしもし、エリカ? 俺だけど、あれから彼氏はどう? 大丈夫? なんか変わったことはないんかな?」
「私は大丈夫なんだけど、最近彼氏上の人にバーを任されることになったみたいで、夜毎日出勤してるの。バー? 彼氏ってお酒とか詳しいの?」
「まさか、むしろほとんどお酒飲めない人だよ。しかもね、そのバーのために作った名刺がさ、偽名なんだよ。なんでだろう?」
そうしているうちに、釣り具店での給料ももらえ、準備は整った。あとは、どうやって島を出るかだ。俺がフェリーのチケットを買った時点で、両親に連絡が行くだろう。両親も納得の上で、島を出る必要がある。
俺は、建築関係の在宅ワークをしていた関さんという先輩に連絡してみた。先輩は釣りが趣味で、何度も島に遊びに来ている。俺が会いに行ってもいいですか、と尋ねると、「うん、おいでよ」と返ってきた。両親にも話し、心よく俺を送り出してくれた。
全てが終わるまでは島に戻らないとごめん、父ちゃん、母ちゃん。そして、島を出る日程が決まると、先輩へのお土産を用意して、フェリーのチケットも買ってくれた。気をつけて行ってきなさい、と両親からの言葉を胸に、車でフェリーに乗り込んだ。
フェリーは出発し、島を離れていく。小さくなっていく島を見つめながら、「またこの島に戻ってこれるかな、また父ちゃんと母ちゃんに会えるかな。親不幸な息子で、本当にごめんなさい」と心の中で謝った。
フェリーが到着すると、車でエリカの元に向かいました。高速はお金がかかるので、下道で5時間車を走らせました。エリカとは事前に会う約束を取り付けておきました。彼氏がバーに勤め出したため、夜は自由な時間が取れると言っていたので、エリカが指定した待ち合わせのファミレスに着きました。エリカからのメールによれば、一番左奥の席にいるとのことでした。
久しぶりの再会に、少し緊張していました。「やっほー、本当に来たんだね」「もちろん、当たり前じゃん」と笑顔で挨拶を交わしました。「ところでさ、とりあえず俺がバーに行ってみようと思うんだ。名刺持ってきてくれたよね」と話して、バーサンライズの名刺を渡されました。住所に本当にバーがあるのかどうかはわからないけど、とりあえず行ってみるしかないと考えました。
バーが存在しているかを確認するため、店に入ることにしました。エリカがもう少しファミレスにいると言ったので、俺は一人でファミレスを出て、バーサンライズの住所に向かいました。そのバーは繁華街の中にあり、4階建てのビルでした。2階は中華料理店で、バーは2階にありました。看板も出ていて、外見は普通でした。どうしようか迷いましたが、入ってみることに決めました。
帽子をかぶり、サングラスをつけて、ドキドキしながら薄暗い階段を登りました。扉を開けると、カウンターに男が一人いました。それがエリカの彼氏でした。他に客はいませんでした。彼氏は黙っていて、俺はカウンターに座り、お酒のメニューを尋ねました。普通の酒とソフトドリンクのメニューだけで、お洒落なカクテルなどはありませんでした。ビールやウイスキー、焼酎などがありましたが、違和感を感じました。普段飲めないような銘柄のお酒もないし、プラスチックのコップに入ったオレンジジュースも不自然でした。
オレンジジュースを注文して、しばらくすると提供されました。プラスチックのコップに入ったオレンジジュースは、普通の居酒屋では使われないものでした。客がいないにも関わらず、彼氏は携帯を触り始めました。この状況で動画は入っているのだろうかと思いました。その後、女が入ってきました。彼女もプラスチックのコップでビールを注文し、彼氏と雑談を始めました。女が席を立つとき、彼氏が何か手渡ししているのを見逃しませんでした。
店を出てからもう2時間が経ちました。エリカの彼氏が階段を降りて、看板をしまっているようでした。彼が黒いバッグを持って出て行くのを見て、俺は後をつけることにしました。
>>Summarize<<
エリカの彼氏が暴力を振るい、行為の動画を撮っていることを知った俺は、エリカを救うために計画を立てる。
Upon learning that Erica's boyfriend is committing acts of violence and filming them, I devise a plan to rescue Erica.

彼氏はパソコンを持っていないが、動画は携帯にあるとエリカからの情報で分かった。
According to information from Erica, her boyfriend doesn't own a computer, but the videos are on his mobile phone.

彼はエリカを私物化しようとしているのではないかと考える。
He considers that he might be trying to possess Erica as his property.

しかし、別れた途端に彼氏が動画を使ってエリカを傷つける可能性もある。
However, there is also the possibility that the moment they break up, the boyfriend might use the videos to harm Erica.

そこで、彼氏に接触する必要があり、それには島を出る必要がある。
Therefore, it is necessary to make contact with the boyfriend, and for that, it is necessary to leave the island.

俺は近いうちに釣り具店での給料ももらえ、手持ちのお金は8万円ある。
I will receive my salary from the fishing tackle shop soon, and I have 80,000 yen in cash on hand.

心細いが、なんとかなるだろう。
It's daunting, but I'll manage somehow.

エリカには彼氏の行動を毎日メモするよう頼んだ。
I asked Erica to write down her boyfriend's actions every day.

情報から推測すると、彼氏は何かを売っているようだ。
From the information, it seems like the boyfriend is selling something.

コンビニなどを待ち合わせ場所に指定していることから、まともな取引ではないかもしれない。
From specifying places like convenience stores as meeting spots, it may not be a legitimate transaction.

俺の命も危険かもしれないが、エリカを助けるために全てをかけることにした。
My life may be at risk, but I've decided to risk it all to save Erica.

俺はエリカに電話をかけて、彼氏の近況を尋ねた。
I called Erica to ask about her boyfriend's current situation.

彼女は彼氏が最近バーの仕事を始めたことや、偽名の名刺を持っていることを教えてくれた。
She told me that her boyfriend recently started working at a bar and that he has a business card with a fake name.

彼氏の不審な行動を追跡するため、俺は島を出る準備を整えた。
To track down her boyfriend's suspicious behavior, I prepared to leave the island.

先輩の関さんに連絡し、島を離れることを決めた。
I contacted Senior Associate Sekisan and decided to leave the island.

フェリーに乗り込み、島を離れる俺は、彼氏の動向を追うためにエリカの彼氏の後をつけることに決めた。
Boarding the ferry and leaving the island behind, I decided to follow Erica's boyfriend to track his movements.




Following the suspicious bar manager, what did you see next?


The 22th work
こんにちは、マサオです。
毎日暑いですね。メルカリでエアコンをゲットしました。ようやく到着しましたよ。これで俺の部屋も涼しくなると思います。今まで熱帯夜はなかなか寝付けませんでした。おかげで4キロ痩せました。誰も気づいてくれません。
マサオの部屋へようこそ。お話の続きになります。
彼氏から好意の動画を撮られたエリカ。俺は動画を取り戻すため、バーで働く彼氏に接触することに成功しました。閉店後、彼氏の後をつけることを決意する。
エリカの彼氏は黒いバッグを持って店を出てきた。確か、ホテルで追いかけた時のエリカの彼氏の車は黒いレクサスだ。しかし、俺が止めている駐車場にはレクサスらしき車はない。今は別の車に乗っているのかしまった。
エリカに聞いておけばよかったなと思ったら、彼氏はビルとビルの隙間に止めてあった自転車にまたがっていた。しかし、彼氏のアパートからこのバーまでは自転車だと30分以上かかるぞ。どうしよう、車で後をつけるか、走って追いかけるか。
体力に自信がない俺は車で自転車の後を追うことにした。不自然にならないよう最新の注意を払わなければならない。バーの閉店後、夜中の3時過ぎだ。車も人通りもほとんどない。
彼氏の自転車はすごいスピードで繁華街を抜け、裏通りに入っていった。殺菌の雰囲気とは打って変わって、店もほとんどなく、民家がちらほら。通りは真っ暗だ。
彼氏のアパートとは反対方向だぞ。幸い、車一台通れるくらいの細い道のため、スピードは出ず、自転車の跡を自然につけることができた。右手に空き家らしき家と墓地が見えてきた。
自転車はそこで右に曲がり、墓地に入っていった。俺はさすがにこれ以上追うとバレると思い、墓地を通り過ぎて道路をまっすぐ進んでいった。あの墓地に一体何があるというのだろう。
俺はそのまま、今日泊まる予定にしていたネットカフェに向かった。駐車場に着くと、まずエリカに電話した。「もしもし、エリカ。俺だけど、彼氏のバーに行ってみたよ。どうだった? バーはあったの?」
「店はあったけど、普通のバーではないと思う。それはそうと、彼氏ってまだ車持ってる? 出勤は自転車でしてる? レクサスだよ、黒いやつ。前見たでしょ? 家出る時はそれに乗って出かけてるよ。自転車で出かけるの見たことないけど。ていうか、自転車持ってるのも初めて聞いた。やっぱり変だね。わかった、俺。明日は先輩のところに行かないといけないから、続きは2日後の月曜からね。それまで彼氏の情報少しでも集めといて、わかったじゃまたね。」
俺は金土日月の3泊で島を出てゆけ。先輩のところに行く予定にしていた両親には、月曜日のフェリーで帰ると言ってあった。俺が現れなければ、先輩から両親に連絡が行く可能性もあるし、世話になった先輩との約束を破るわけにもいかない。
その後は時間はたっぷりある。とりあえず受付を済ませると、指定された個室に入っていく。8時間で980円、シャワーも洗濯機も完備している。格安だ。シャワーを済ませ、リクライニングソファーに横になった。
色々と計画を立てようと思っていたが、疲れていたのか、いつの間にか寝てしまっていた。4時間ほど眠り、目が覚めた朝の8時だった。
昼頃にはゆげ先輩の家に行かなくてはいけない。まだ時間はある。俺は昨日の墓地に行ってみようと思った。
朝の雰囲気は昨日の夜の裏路地とは全然違い、犬の散歩をする人の姿もあった。墓地がある場所に着いた。墓地の入り口の手前にあった空き家は、オレンジ色の屋根に白い壁で2階建てだった。ガラスは割られているものの、明るい時間に見るとまた雰囲気が違う。
俺は右に曲がり、墓地に入っていった。結構広いが、奥に進むと雑草が生い茂っており、手入れされている感じではなかった。周りは雑木林で、古いお墓がポツポツと立っていた。一番奥の空き地にはブランコと滑り台があった。錆びていて、人の姿は全くない。朝だというのに、俺はちょっと怖くなった。
車を止めると、中をちょっと散策してみた。今はお墓と錆びたUV以外何もなさそうだ。彼氏は何しにここに入っていったのか。次は夜来てみようと思った。俺は車に乗り、湯気先輩の家に向かった。
インターホンを鳴らすと、先輩が出てきた。「マサオ、久しぶりやな。ま、とりあえず入りなさい」と言われ、中に案内された。奥さんもいて、俺は両親から預かったお土産を渡した。奥さんは早速お土産を開けているようだった。俺の島の名産品であるうどんやかまぼこ、お餅のお菓子などが入っていた。
和室に通されると、奥さんがお茶を持ってきた。「お昼はうなぎを取ったからね」と言われ、俺は純粋に嬉しかった。大好物のうなぎを食べ終わると、早速仕事の話になった。俺が積算をやっていた時よりは仕事も減っているということだった。
それだけで食べていくのは厳しいかもしれないが、島での副業と考えたら十分かもしれないねと先輩は言った。最近導入したソフトの使い方などを習っているうちに、あっという間に夕方になった。
先輩は今日と明日は家に泊まりなさいね、ゆっくり飲もうやと言い、土日の夜は奥さんの手料理で先輩と飲んだ楽しい時間だった。月曜になり帰る日がやってきた。先輩と奥さんはご両親によろしくね、またおいでよねと俺を見送ってくれた。本当にありがとうございました。
俺は今日からは車かネットカフェで寝泊まりして、作戦の続きをやることにした。昼間は彼氏がアパートにいるかもしれないから、夜まで時間をつぶしてエリカに電話をかけた。
「もしもし、エリカ。俺だけど、今日で先輩の用事が済んだからどこかで会えないかな。」
「いつものファミレスはわかった。じゃあ9時に待ってる」
俺はエリカと約束を取り付けると、父ちゃんにメールした。
「今先輩の家にお世話になって仕事を習ってるんだけど、時間がかかりそうだから1週間くらい帰るのが遅くなりそうだよ。ごめん父ちゃん」
俺は9時まで時間をつぶし、待ち合わせのファミレスに入った。エリカは少し遅れて到着し、ビールとポテトを注文した。
「ずっと気になってたよ。で、自転車って何どうなってるの?彼氏はバーの帰りにさ、自転車に乗って墓地に入っていったんだよ。」
「墓地?なんでそんなところに?その墓地に何かあるの?昼間行ったけど何もなかった。」
「だからさ、夜行ってみようと思ってるんだ。」
「それなら今から行ってみようよ」
エリカはビールを一気に飲み干すと早速席を立った。俺は残ったポテトを口に詰め込むと急いでエリカを追った。
車に乗り込むと、例の墓地に車を走らせた。やはり夜になると真っ暗で、隣の空き家がより一層不気味な雰囲気を醸し出している。
「エリカ、何ここめっちゃ怖いんだけど」と泣きそうになっていた。
奥に進むとブランコと滑り台が見えてきた。街灯もない車のヘッドライトの明かりだけが頼りだ。
「あれは?ブランコの前に一台の車が止めてあるのが見えた。黒い車、しかし彼氏のレクサスではない、ワゴンRだ。誰も乗っていない。」
「これ、彼氏の車じゃないよね?」
「うん、私見たことない。」
2時間ほどそこにいたが、車の持ち主は現れなかった。
「彼氏は自転車でここに来てこのワゴンRに乗り換えてるのかな。さらに別の場所にレクサス止めてるってこと、何のために?今はまだ何もわからない。」
俺はバーの閉店時間にまた墓地に来てみると言い、エリカをアパートまで送り届けた。
閉店前夜中の2時過ぎに、バーのビルの隙間に彼氏の自転車が止めてあるのを確認すると、墓地に向かった。ワゴンワールはまだそこにあった、おそらく彼氏は来るだろう。
自分の車を墓地の端の方に止め直し後部座席に身を潜めた。何かあっても誰もいない、真っ暗な墓地、見つかったら大変だ。
彼氏だけが来るとも限らない、ドキドキと緊張は限界に達していた。すると自転車の明かりらしきものが見えた。彼氏だ、一人だった。彼氏はワゴンRのエンジンをかけ、トランクを開けると自転車を折りたたんで乗せた。
「やっぱり彼氏の車だったんだ。」
ワゴンRは墓地を出て行く。俺は完全に見えなくなってから自分の車のエンジンをかけ、墓地を出た。車もほとんど通っていないせいか、裏路地を出たすぐ先の赤信号でワゴンRが止まっているのが見えた。俺は少し距離を空け後ろに停止した。すると突然、赤信号で止まっているワゴンRのドアが開いて、彼氏が降りてきた。
叫びながら俺の方に向かってくる。 「お前な、この前も俺をつけただろうが、何者や俺、ピンチ絶対絶命!」
>>Summarize<<
マサオは日々の暑さに耐えかね、メルカリでエアコンを手に入れた。
Masao couldn't bear the daily heat anymore, so he got an air conditioner on Mercari.

これにより眠れなかった熱帯夜から解放され、結果的に4キロも体重が減ったが、誰も気づいてくれなかった。
As a result, he was freed from the sleepless tropical nights, and ultimately lost 4 kilograms, but no one noticed.

その後、彼はエリカの彼氏から好意の動画を取り戻すため、彼の動きを追跡することに決める。
Afterward, he decides to track down Erica's boyfriend in order to retrieve the video of goodwill from him.

彼は彼氏が自転車でバーから出てくるのを目撃し、その後を追うことになる。
He witnesses the boyfriend leaving the bar on a bicycle and decides to follow him.

彼氏は謎の黒いバッグを持って出てきたが、マサオの止めている駐車場にはレクサスではなくワゴンRが停まっていた。
The boyfriend emerged carrying a mysterious black bag, but instead of a Lexus, a Wagon R was parked in the parking lot where Masao was stationed.

マサオは彼氏の後を車で追うことにし、繁華街を抜け裏通りに入り、彼氏が墓地に入っていくのを目撃する。
Masao decided to follow the boyfriend in his car, passing through the bustling streets and entering the back alleys, where he witnessed the boyfriend entering the cemetery.

その後、マサオは先輩の家に泊まり、彼氏の行動を探ることを決める。
Afterward, Masao decides to stay at his senior's house and investigate the boyfriend's actions.

翌日、マサオとエリカは墓地に向かい、彼氏の車を発見する。
The next day, Masao and Erika head to the graveyard and discover the boyfriend's car.

彼氏が現れ、マサオに対し脅しの言葉を浴びせる。
The boyfriend appears and directs threatening words towards Masao.



My clumsy tailing, it's exposed.


The 23th work
こんにちは、マサオです。最近、本気でダイエットしようかと思っています。でも、体重計に乗るのも怖いんですよね。20代の頃、一度ダイエットに成功したことがあります。体重が99キロになり、3桁はやばいと思って、頑張って75キロまで減量しました。ちょっとだけ自分の体重が100キロ超えるのを見てみたい衝動に駆られましたが、エリカにデブは嫌いと言われ、毎日こんにゃくを食べて痩せました。今、体重は何キロでしょうかね。マサオの部屋へようこそ。
さて、お話の続きをします。エリカの彼氏を尾行していた俺、赤信号で止まっていた彼氏の車から、彼氏が怒鳴りながら降りてきた美顔がバレてしまいました。生きて帰れないかもしれないと覚悟しながらも、必死に言い訳を考え、動画を取り返すまでは計画がバレるわけにはいかない。
とっさに、「実は他の店で飲んでいる時、あなたの店の噂を聞いたんですよ。いいものを売っているそうで、突然背後からクラクションが鳴り、信号が青に変わった」と言い訳しました。彼氏は俺に、「なんだ客か。明日また店に来いよ」と言い、ワゴンRで去っていきました。
俺もとりあえず自分の車に乗り、近くのコンビニに車を停めました。ほっと胸を撫で下ろしましたが、これで堂々と彼氏に近づける。しかし、彼氏がどこに向かうのか、もう追跡はできないなと思った時、エリカからメールが届きました。「明日の夕方、彼氏が家を出たら連絡ください」と。
俺はネットカフェに向かい、少しだけ仮眠を取ることにしました。明日、彼氏のバーでどういう行動を取るか考えておこうと思います。彼氏が何をしているのか、まだわからないけど、客として携帯番号を聞くのはありだろうか。
次の日、朝からいろいろと準備を進めておきました。実家から持ち出したバールを後部座席に隠して、エリカからメールが来ました。彼氏が仕事に行った後、いつものファミレスで7時に会うとのこと。エリカはすでに到着していたようです。
読みやすくしましょう。
唐揚げとビールがテーブルに並んでいました。「遅いじゃん。まっ、唐揚げ食べながら話ししようか」と言いながら、エリカに昨日の出来事を話しました。「昨日はえらい目に遭ったよ。やばかったじゃん。それで、今後どうする?」と。
「とりあえず、その彼氏の売っているものを買ってみようかと思う」と言うと、エリカが「マジ?買うだけで捕まったりしない?」と心配そうに尋ねました。「わからない。でも、彼氏に近づくにはそれしかないと思うんだ。まずは信用させないとわかった。それにしても、そんな怪しいものを売ってるなんて、とんでもない男だね。早く別れたいよ」と話しました。
「頑張って動画撮り返してよね。うん、わかった。俺、言ったじゃん。エリカのためなら何でもするって」と話し合いました。「そんなに心配しなくても、最悪の事態も考えてやるから。そうなっても、エリカのことは誰にも言わないよ」とエリカが優しく励ましてくれました。
店内に入り、俺はドキドキしながらカウンターに座りました。彼氏が黙ってメニューのようなものを出してきました。「何これ、どうしたらいいの?これから選べってことかな」と俺が困惑すると、彼氏は手のひらサイズくらいのプレートに書かれた暗号のようなメニューを指しました。
俺は内心パニックになりながら、漢字で書かれた一つを指しました。彼氏は落ち着いた様子で、透明な袋に入った何かを渡してきました。俺はそれをポケットにしまい込み、テーブルに5000円を置き、マスターさんに「配達みたいなことはやってないの?ここ遠いんだよね」と尋ねました。彼氏は「前はね、やってたけど、今はここでしか売ってない。俺も雇われの身なんでね。また欲しくなったらここに来てよ」と答えました。
急いで駐車場に向かい、エリカに電話をかけました。「もしもし、エリカ。彼氏の店を今出た。どうだった?何売ってたの?」と尋ねると、エリカは驚きました。「なんだろう、細いタバコみたいな形のでも、タバコじゃないと思う」と答えました。
ファミレスに向かう途中で、ナオミも来ていました。「久しぶり帰ってきたなら、教えてくれたらいいのに。俺もこっちに来たばかりだよ」と言うと、エリカが笑顔で返しました。「他の用事もあったから、元気だった?だよ。マサオ、動画のこと聞いたよ。大変じゃん。頑張って取り返すんだよ」と励ましてくれました。
二人で飲んでいる間に、エリカの席の伝票は生ビール15杯になっていました。「早く見せてよ」と俺が言うと、エリカは驚きながらも例のものを見ました。「これ多分だけど、脱法ハーブだよ。ナオミ、見たことあるよ」と言いました。
「これ、どうするの?まさか使わないよね?」とナオミが心配そうに尋ねると、俺は「あ、当たり前じゃん。捨てるに決まってるよ」と答えました。
解散して、その日は俺は怪しい男だと思われるのを避けるため、ネットカフェで過ごしました。実際に、以前に警察に職務質問され、車を調べられた経験もあります。
車に薬物を隠し持っている人が増えているとか言っていたが、その時は何も出てこなかった。今回は違う。脱法ハーブに後部座席に隠したバール。どう考えても危ない人物だろう。ファミレスを出たらゴミにまとめてコンビニで捨てようと思った。しかし、これから先、どうやって動画を取り返したらいいのだろう?手持ちのお金にも限界がある。できれば穏便に取り返したい。
そうこうしているうちに、両親にバレてしまった。ゆけ先輩が実家に電話をかけた。正確には、先輩の奥さんが電話をかけてきた。お土産のお礼と、島の名産物である乾麺のうどんが気に入ったので全国配送していないか尋ねてきたらしい。突然の父ちゃんからの電話に、俺は何気なく出た。
「マサホン、何場所とか、どこにおるんか?」と父ちゃん。「えっと、色々あって...」と言うと、父ちゃんが「色々って、なんかまたあの女子のとこに行ったんじゃなかろうな」と鋭いことを言ったが、目的を果たすまでは帰れない。将来のこともいろいろ考えていて、ちゃんと帰ってくるから心配しないでと言って電話を切った。その後、何度も電話が鳴ったが、俺は出なかった。今は集中してやらなければならないことがある。
バーはほとんど客がいない。例のものを買う客は来るが、すぐに帰るので一人の時間が多いだろう。彼がトイレで席を外したら、奪い取るのも難しくはないかもしれないが、完全に行き詰まった。
翌日、俺たち3人はファミレスに集合した。そんな時、ナオミから提案があった。「ナオミもさ、その場に行ってみようか。エリカの彼氏さ、店に来てた時からナオミのこと気にしてたと思うんだよね。よくナオミのこと見てたし、さ、多分狙っていたと思うんだよね。だから、いけるんじゃない?偶然入った場に彼氏がいたことにしてさ、でね、ナオミが彼氏に色目使って誘惑する。その間にマサオが携帯を奪う。完璧じゃん」と。
「完璧かわからないけど、女を使うのはいい手かもしれない。いっそのこと、彼氏がナオミに本気になって、エリカの動画を消去してくれたらいいのにとも思った。しかし、俺一人で行動するより、二人の方がいいかもしれない。ナオミにも協力してもらうことにした。しかし、ナオミにはあくまでも酒の飲み客としてお店に行ってもらう。ナオミ、飲み屋で使ってたドレスとか持ってるよね。あの場、飲み屋の子も来てたから、ドレスでも不自然じゃないと思う。それ着て誘惑したらいいんだよね。さすがナオミ、飲み込み早いね」と。
「一応言っといた。それで、ナオミが誘惑して、どうするの?カウンターの裏にさ、扉があったんよ。たまに彼氏が入っていた。その時、カウンターに携帯置いたままの時もあった。すぐ出てきたから、奪えなかったけど、酒の在庫を入れる倉庫か、休憩室かな。ナオミ、そこに彼氏を誘い込めないかな。そして、その間に俺が店に入る。一度客として入っているから、何も怪しくないしねん?それって、ナオミと彼氏はそのやっちゃってる最中ってことになるよね。ナオミ、嫌かな。客と思えば何ともないけど、代わりにマサオが5000円くれればいいよ。俺はナオミに5000円渡した。この作戦はうまくいく。そんな気がする。今回はエリカは俺の車で待機しとくと言ったので、3人で向かうことにした」。
途中、ナオミのドレスを取ってからバーに向かった。後部座席でナオミとエリカがドレスの試着をしながら会話している。
「ねぇ、エリカ、どっちがいいと思う? 彼氏はね、白が好きだから、これがいいんじゃないかな。」
「これね、でも胸が飛び出しちゃうんだよね。」
「本当だ、ナオミ、何買ったんの? エッチカップだよ!」
「いいね、めっちゃセクシーじゃん、白にしよ。」
まだ未経験のマサオがここにいることを、こいつら忘れてるな。それとも俺は男とも思われていないのだろうか。俺はついバックミラーを何度もちら見してしまった。出会った当時は100キロ近くあったなおみだが、その頃は70キロくらいまで減量していて、ぽっちゃりはしているが、白いドレス中々良かった。
駐車場に到着し、俺たちは最終確認をした。ナオミがバーに入り、30分後きっかりに俺が入る。ナオミと彼氏はその最中のはずだ。たとえ誘惑に失敗したとしても、何の痛手でもないはずだ。
ナオミが白いドレスを着て、車を降りる通りを歩いていた男たちは、みんなナオミを見ていた。ナオミがバーのあるビルに入る。行くなお、3大丈夫かなぁ?
「すぐ俺も行くし、大丈夫だよ。」
30分きっかり、これは車を降りたバーに向かう。絶対に成功させなければ。ガチャんじゃガチャうん、まさか鍵がかかっているかもしれない。
>>Summarize<<
マサオはダイエットを考え、過去の成功体験を振り返りながら、エリカの彼氏を尾行していた。
Masao was considering going on a diet and reflecting on past successful experiences while tailing Erica's boyfriend.

しかし、彼氏にバレてしまい、言い訳をしながら計画を実行しようとする。
However, he was caught by the boyfriend, and while making excuses, he tried to proceed with the plan.

次に、エリカとの会話を通じて、彼らは彼氏の店に行くことを決め、ナオミも参加することになる。
Next, through a conversation with Erica, they decide to go to the boyfriend's shop, and Naomi also joins in.

バーに向かう途中での会話を通じて、緊張と興奮が高まる。
As they head towards the bar, the conversation increases both tension and excitement.

しかし、実際にバーに到着すると、彼氏が店を出た直後だった。
However, upon arriving at the bar, they find out that the boyfriend had just left the shop.

それでも彼らは作戦を練り、ナオミが彼氏に近づき、マサオが彼の携帯を奪うことを計画する。
Still, they devise a plan where Naomi will approach the boyfriend while Masao steals his phone.

最終的に、彼らはバーに到着し、計画を実行しようとするが、鍵がかかっていることに気づく。 In the end, they arrive at the bar and attempt to execute the plan, only to realize that it's locked.




Can you really tempt your friend's boyfriend?


The 24th work
こんにちは、マサオです。
実は、熱を出して仕事を休んで寝込んでいました。ついにコロナかと思いましたが、そうではありませんでした。数年前の冬、インフルエンザが流行っていた時には、39度を超える高熱が出て、インフルエンザかと思い病院に行ったこともありました。しかし、その時もインフルエンザではなく、別のウイルス性の風邪だったんですよ。
最近はインフルエンザが流行っており、雨も多く蒸し暑い日々が続いていますね。そんな中、気温が上がってくるとビールが美味しく感じますよね。最近はお酒の強さが少し弱くなりましたが、お酒に合うおつまみを作るのは楽しいです。そういえば、飲み動画でも作ってみようかなと考えています。需要があるかどうか、ちょっと悩んでいますがね。
さて、話の続きですが、俺たちは彼氏のバーにナオミを送り込んだんです。彼氏がいる間に彼女の携帯を奪おうという作戦でしたが、残念ながら彼氏が鍵をかけていたため、あっけなく失敗に終わりました。しかし、ナオミがうまくやってくれているかもしれないと思い、しばらく待ってみることにしました。
しばらく待っていると、扉の鍵が開く音がしました。彼氏が出てきたので、とっさに「今日は休みですかね」と尋ねられ、中に入ることができました。すると、カウンターにはナオミが座っており、彼女はテーブルの下で手でバッテンのジェスチャーをしていました。携帯を奪う作戦は失敗に終わったようです。
カウンターに座ろうとしたら、ナオミの携帯が鳴りました。それはエリカからのものでした。俺は彼氏に「仕事の電話だ」と言って、また今度来ると告げました。エリカの待つ車に戻り、「どうだった?ナオミは無事だった?」と尋ねました。ナオミは大丈夫そうだったけど、携帯は奪えなかったそうです。そこで、ナオミにメールしてみることにしました。
数分後、ナオミが戻ってきて、「ごめん、誘惑うまくいったんだけど、さまさか彼氏が鍵を閉めるんだもん。ナオミも開けたまましようとは言えないじゃん」と言いました。そうだね、仕方ないよ。誘惑作戦はもう使えないね。次も鍵が閉まるだろうし。しかし、彼氏が私の友達に手を出すなんて最低だよね。そうだよ、最低だから、動画を撮り返したら絶対に別れるべきだよ。
しばらくは理由をつけて実家に帰ることにしました。エリカが変なことに巻き込まれないか心配だからです。俺は早くこの男と別れてほしいと思っていました。エリカは俺の提案に従い、祖父の体調が悪いという理由をつけて実家に帰りました。彼氏しか家にいないということで、俺が彼と対決する最終手段も考えていました。
エリカに気持ちが及ばないように、俺は彼女を彼氏の家から追い出す必要があると感じました。そして、いつまでもネットカフェで暮らすわけにもいかず、とりあえず寮付きの土方の仕事に戻ることにしました。日当は8000円ですが、寮費で毎日3000円引かれます。でも、高熱気込みの食事も出ますし、なんとかなるでしょう。
父ちゃんには、しばらくこっちで仕事するからとメールだけしました。しかし、数日後、思いもよらない出来事が起こりました。
昼間から3人でファミレスに集まっていたとき、エリカの彼氏からLINEが来ました。内容は「警察に何か聞かれても何も言うな」というもので、その後彼氏の携帯が圏外になりました。何があったのか、警察が来たのかなど不明なままです。とりあえず彼氏のアパートには近づかない方がいいでしょう。携帯の中身が見られる可能性もあるけど、世に出回るよりはマシかもしれません。
エリカの彼氏の消息もわからず、連絡も取れないままです。アパートの前を通ると、彼氏の黒いレクサスが停まっていました。どこに行ったのか、わからないですね。数日後、エリカに奇妙な電話がかかってきました。男の人からで、彼氏が逮捕されたことを告げられました。公地署にいるとのことで、面会に行き、エリカが面倒を見るように言われたそうです。
新聞には対魔処置で逮捕されたと書かれており、急いで新聞を入手しました。3人でアパートに行ってみると、荒らされた様子でした。押入れの中身などがひっくり返されていました。携帯を探しましたが見つかりませんでした。警察が持って行ったのかもしれません。
エリカは荷物をまとめ、俺の車に積んで、面会に行くと言い出しました。俺は携帯の行方が気になるし、関わらない方がいいと言いましたが、2人を送り届け、駐車場で待つことにしました。
1時間ほどで2人が戻ってきました。携帯はどうだったのか、聞きましたが、会話やメモが取られている様子だったため、詳しく話せなかったそうです。もしかしたら動画が入っている携帯は没収されていないかもしれません。なぜなら、二人のラブしてる動画は警察の人に見られてしまったのではないか、と心配になったからです。
しかし、警察に押収されたのは仕事用の携帯だけかもしれないとも言っていました。変な電話の男の手に渡った可能性はないか、と心配していました。
エリカとナオミはしばらく面会に通い続けました。俺は彼氏が刑務所に入ってくれることを願っていましたが、初犯で執行猶予つきだったため、大した罪にはならないようでした。彼氏の裁判があると聞いて、俺は傍聴に行きました。
弁護側は彼氏が使用する目的で購入し、ルートは街中で声をかけられたと主張しました。一方、検察側は見つかった量から本人だけが使用しているとは思えないとし、販売目的であると主張しました。彼氏の証言には、謎の電話の男については一切触れられませんでした。
後日、判決が出され、彼氏に半年の実刑判決が下りました。彼氏は過去に障害事件で逮捕され、2年ほど刑務所にいたこともあるそうです。彼氏の住んでいたアパートは大屋さんが片付け、鍵も変わっていて、もう中に入れなくなりました。
彼氏の刑務所への移送の日が決まったとき、携帯の行方や謎の電話の男についてはまだ何もわかりませんでした。刑務所での面会は家族以外はできないとされていましたが、エリカは内縁の妻として面会を許されました。俺はエリカを送り迎えしました。
はじめは彼氏に頼まれ、下着や本などを差し入れしていましたが、しばらくして彼氏から車のキーを渡されました。車検が近いので、中の荷物ごと処分してほしいと頼まれたのです。止めてある場所の住所はわからないそうですが、大体の場所は聞いたとのことでした。ワゴンRの車のキーを渡され、俺とエリカは刑務所を出るとすぐにワゴンRを探すことにしました。
>>Summarize<<
マサオさんが熱を出して寝込んでいる間に、彼氏のバーにナオミを送り込んで携帯を奪う作戦を実行しましたが、失敗に終わりました。
While Masao was down with a fever, we executed a plan to send Naomi into her boyfriend's bar to steal his phone, but it ended in failure.

その後、彼氏が警察に連絡される出来事が起こり、彼氏が逮捕されることがわかりました。
Subsequently, an incident occurred where her boyfriend was contacted by the police, leading to his arrest.

彼氏の携帯が押収された可能性があり、ナオミも警察による盗聴の心配をしています。
There is a possibility that her boyfriend's phone was confiscated, and Naomi is also concerned about potential police wiretapping.

彼氏が刑務所に入ることになり、彼女たちは面会に通い、彼氏から車の処分を頼まれました。
Her boyfriend ended up going to prison, and she and her friends visited him and were asked by him to dispose of his car.

しかし、謎の電話の男や携帯の行方は未だに不明です。
However, the whereabouts of the mysterious caller and the phone are still unknown.

彼氏の裁判では、使用目的や販売の意図について争いがありましたが、実刑判決が下りました。
During her boyfriend's trial, there was contention regarding the purpose of use and the intention to sell, but he was ultimately sentenced to imprisonment.

エリカは内縁の妻として面会が許可され、彼氏の処分を手伝います。
Erica, as a common-law wife, was granted visitation rights and assists with her boyfriend's arrangements.






こんにちは、マサオです。
今日、洗濯をしようと思って洗濯かごを持って階段を降りていたら、足を滑らせてしまいました。お尻から階段を滑り台のように滑っていったんですよ。もちろん、お尻は行ったが、洗濯かごを抱えて階段を滑っていく自分に笑いがこみ上げてきました。すみません、誰かに話したかったんです。
さて、マサオの部屋へようこそ。彼氏からワゴンRのキーを預かった俺とエリカ。刑務所を出てそのまま車を探しに行くことにしました。彼氏からの情報によると、アパートの近くにあるスーパーから右に出て、細い道に入って使われていない借屋が並んでいるところにあるらしいです。思いのほか、その場所はすぐに見つかりました。
4軒ほど借屋が並んでいて、もう誰も住んでいないようでした。自転車や割れた植木鉢、子供のおもちゃなどが放置してありました。ナンバーがない捨てられたであろう軽トラの隣にワゴンRは止めてありました。彼氏はここで車を乗り換えていたのか。
とりあえず車に乗り込んで中を調べてみることにしました。「後ろを調べてみるから、エリカはダッシュボードとか見てみてよ」と言いながら、ダッシュボードには車検証と領収書くらいしか見当たりませんでした。後部座席もトランクもちゃんと整頓されていました。
後部座席にあったボックスには、ケースに入ったウェットティッシュやタオルが3枚、絆創膏、懐中電灯が入っていました。トランクには傘と工具箱がありましたが、工具しか入っていませんでした。何もないね、荷物処分してほしいって言っただけだったのかな。
そうなのかなあ、ちょっと待って、俺はなんとなくウェットティッシュのケースを開けてみたところ、携帯電話が入っていました。20センチくらいのジップロックのような袋にみっちり入れられた草のようなものも入っていました。携帯は見つかったからいいとして、それどうする?俺が処分しておくよ。
とりあえず今日は帰ろうか。
エリカは彼氏の携帯を自分のバッグに入れました。エリカを送り届けると、俺も寮に戻りました。トイレに行き、例の草を少しずつ流しました。やっぱり彼氏はこれを売っていたのでしょうか。自分で使うためだと言っていたけど、エリカにかかってきた謎の男からの電話のことを考えたら、組織のようなものがあると思います。彼氏は下っ端のようで、出所のことを考えたら、組織の情報やボスを売るような真似はできなかったのでしょう。携帯も取り返したことだし、もう彼氏や危ない人たちとエリカを関わらせたくありません。彼氏が出所してきたらどうなるのでしょう。ちゃんと別れを受け入れてくれるような男だろうか。次の面会は2週間後です。
翌日、俺は車検が切れそうなワゴンRを排車しに行きました。2週間後、エリカが面会に行き、車を処分したことを伝えました。そして、エリカは出所後はもう別々の道を歩いていきましょうと告げました。しかし、彼氏は出所後はもうあの組織には戻らないと言いました。俺は組織の情報を警察に話しました。戻れば生きていられないでしょう。
車も金もない俺はどこにも行き場がありません。一緒に遠いところに行ってくれないかと言ってきたらしい。どうしようか、彼氏が組織に狙われたら、エリカもやばいんじゃないか?動画も撮り返したし、関わりたくはないけどつきまとわれても嫌だし、どうしたらいいと思う?彼氏に一人で遠いところに行ってもらいたいそうだね。彼氏は移動手段とお金がないんだよね。それさえあれば彼氏一人でも遠くに逃げられるんじゃない?でも車買ってあげるお金なんてないよ。俺はもうローン組めないし、借金もできないから。そういえばナオミは車を持ってたよね。まだローン残ってるらしいけど、買い取れないか相談してみようか。翌日、俺たちはナオミを呼び出しました。
ナオミは車を売ることをあっけなく了承してくれました。残りのローンを代わりに払うことと、自動車税を払うことが条件でした。ナオミは毎月の3万円のローンが払えなくなっていたようです。次の面会の時に彼氏に話を持ちかけてみました。「とりあえず車はこっちで用意する。ナオミが売ってくれるローンが50万くらい残っているから、それ払ってもらうことになるけど、そうかお前は来ないんだな」と話しました。
ナオミからの車は買い取り、俺は彼氏から見つからないところに行くつもりで、当面の現金は用意してほしいと伝えました。30万くらい仕事を始めたらそれも返すから、とりあえず話はついたようです。エリカと彼氏はこれで完全に別れることができ、30万はとりあえず、彼氏の出所までにエリカが働いて用意することになりました。
そしてついに彼氏が出所してきました。エリカとナオミは彼氏に売る車を運転して刑務所に行き、彼氏に現金と車を渡しました。これから先の返済のために、エリカとナオミの銀行の振込先を教えました。彼氏は車に乗り、都会の方へ行くと言っていました。彼氏が車に乗り去った後、待機していた俺はエリカとナオミを迎えに行きました。
しかし、やはり彼氏は3ヶ月ほど車の返済のお金を振り込んでいましたが、4ヶ月目からは一切の入金がなくなったとのことでした。俺が代わりに返済することになった後、一つ名義の問題が発生しました。ローンの返済が終わったら彼氏に名義を変更するつもりでしたが、彼氏との連絡が途絶えてしまったのです。ナオミ名義の車の行方がわからなくなりました。どうしたらいいんだろう。彼氏の携帯番号は生きているみたいなので、お金はこちらで払うから、名義だけでも変更したいとメールしてみることにしました。
連絡がつかなかったらどうしようという不安はありましたが、ローンが終えた頃、彼氏から連絡がありました。彼氏も他人名義の車に乗り続けるのは嫌だったようで、一度こちらに戻ってくると、ナオミと無事に名義変更を済ませたようです。彼氏は今東京で働いていると言っていました。今度こそ全てが終わったようで、無事にエリカを守り抜くことができました。父ちゃんからはいつ戻ってくるとかと聞かれていましたが、俺はもう戻らないと決めていました。近くにいないとエリカを守ることもできないし、借金の返済はこっちで働きながら続けていくつもりです。彼氏の動画物語は終わりを迎えましたが、俺とエリカの物語はまだまだ続きます。

>>Summarize<<
マサオが洗濯をしようとしている際に、足を滑らせて階段を滑り落ち、笑いを誘う一幕がありました。
While Masao was attempting to do laundry, he slipped on the stairs and slid down, prompting laughter.

その後、彼氏からワゴンRのキーを受け取ったマサオとエリカは、彼氏が置いていた車を探しに行きました。
Subsequently, Masao and Erika, who had received the key to the Wagon R from Masao's boyfriend, went to search for the car he had left behind.

彼氏からの情報に基づいて、使われていないアパートの近くにある借家を探し、すぐに見つけました。
Based on the information from Masao's boyfriend, they quickly found a rental house near the unused apartment.

車内を調べると、携帯電話が見つかりましたが、それには草のような物も入っていました。
Upon searching the car, they found a mobile phone, which also contained something resembling grass.

エリカは彼氏の携帯を持ち帰り、マサオはトイレで草を処分しました。
Erika took her boyfriend's cell phone home, while Masao disposed of the grass in the bathroom.

彼氏が売人だと考えるようになり、エリカが謎の男からの電話を受けたことも心配でした。
Masao began to suspect that her boyfriend was a drug dealer, and Erika's phone call from a mysterious man also worried her.

彼氏との関わりを避け、彼が出所した際には別れを迎えることを決心しました。
They decided to avoid involvement with her boyfriend and resolved to part ways when he was released from prison.

その後、車の問題が浮上し、エリカの安全を考えて彼氏を遠くに行かせることになりました。
Later on, a problem with the car arose, prompting them to send Masao's boyfriend away for the sake of Erika's safety.

ナオミに相談し、車を売却することに成功しましたが、彼氏が車の返済を停止したため、ローンの問題が生じました。
They successfully consulted Naomi and managed to sell the car, but a problem with the loan arose as Masao's boyfriend stopped making payments on it.

彼氏との連絡も途絶え、名義変更の手続きが困難になりました。
With communication with her boyfriend also cut off, the process of changing ownership became difficult.

最終的に、彼氏が連絡を取り、名義変更を済ませたことで問題は解決しました。
Ultimately, the issue was resolved when Masao's boyfriend reestablished contact and completed the ownership transfer.

マサオはエリカを守り抜き、彼女との物語は続いていきますが、彼はもう戻らないと決意し、借金の返済やエリカの安全を考えて新たな生活を始めることを決めました。
Masao has protected Erika and their story continues, but he has decided not to return and has resolved to start a new life, considering debt repayment and Erika's safety.





Special Episode
こんにちは、マサオです。今年のお盆休みはバイト三昧でした。派遣で事務の仕事をしているほか、物流倉庫でもアルバイトをしています。特に夏場は忙しく、ドラッグストア向けの商品を扱っています。お盆期間はドラッグストアが閉まらないため、休みがありませんし、人手も足りません。私は稼ぎたいので、休みの日でも可能な限りシフトに入っています。 さて、今日は面白い出来事を話したいと思います。私が20代の頃、飲み屋で出会った女性のエリカとその友達のナオミにされたことがあります。 エリカとナオミは出会い系アプリで知り合った男性と一緒に飲みに行く際、送り迎えやお金を出してくれる相手として私を選んでくれました。しかし、私自身も彼女たちと楽しい時間を過ごしました。 ある日、私たちは繁華街の居酒屋に行きました。二人は酒が入っていていたためか、いたずら好きな一面が出てきました。突然、エリカが「マサオ、可愛い目してるからメイクしてみようよ」と提案し、ナオミも賛成しました。 私はちょっとワクワクしながらも、「嘘でしょ?」と思いました。しかし、ビジュアル系バンドが流行っていた時期で、自分もメイクをすることに憧れがありました。 エリカはバッグからメイク道具を取り出し、私にメイクを始めました。私自身はどんなメイクをされているのかわかりませんでしたが、二人は楽しそうにしていました。最終的に完成したと言われ、鏡を見ると、ビジュアル系とはかけ離れた姿がそこにありました。 私は色黒なのに、顔は真っ白にファンデーションを塗られ、ブルーのアイシャドウとキラキラのラメまつ毛、ひじきのようなマスカラ、真っ赤なほっぺとピンクの唇になっていました。思わず叫んでしまいましたが、エリカとナオミは「似合うじゃん、可愛い」と笑っていました。私も酔っていたせいか、なかなか可愛いんじゃないかと思ってしまいました。 居酒屋でしばらくその姿で飲んでいた。後から入店してきた知らないお客さんには、白い目で見られたのは言うまでもない。 そろそろ帰ろうかとなった時、エリカとナオミはさらにとんでもないことを言い出した。私が帰る前にメイクを落としてくるよと言うと、ナオミがせっかく可愛くなったんだから、それで歩いてみようよと言い出した。エリカも「それ楽しそう」と賛同した。 私は酔っていたのもあるだろう。いいよ、そうしようと答えたが、まさか一人で歩かされるとは思わなかった。二人は他人の振りをして後ろからついていくからと言った。しかし、繁華街を迷子になりながら歩かされた。 しかし、メイクってなんか不思議だ。違う自分にされたような感じだった。恥ずかしさも徐々に消え、私の顔を見ていく人もいれば、危ない人には関わるまいと目をそらす人もいた。 その後もエリカとナオミのメイクごっこは数回行われた。その度私は「えーまたやるの勘弁してよ」と言っていたが、飽きたのかいつからか全くやらなくなった。実はちょっぴり寂しかった。 他にも回転寿司に行って、エリカとナオミはビールを飲むからシャリはいらないと言い出して、私はひたすら2人が残したシャリのみを食べ続けたり、ココイチの10辛に挑戦する激辛特訓をさせられたりしたな。大変な思いもしたけど、2人と過ごすのは楽しかった。 酔っ払ったエリカがオートしてそれを片付けたり、酔っ払ったナオミに前髪を燃やされたこともあった。アイスベールに安いブランデーをなみなみと注いで一気飲みさせられたこともあったよ。 私たち3人はよく一緒に短期間の派遣に行っていた。2、3日から1週間程度のものまで様々だったが、エリカとナオミは必ずそこで知り合った男性と仲良くなっていた。同じ派遣の人もいれば、派遣先の正社員の人まで一目見て気に入ると連絡先の交換をして、今度飲みに行こうよというのがお決まりだった。私の知る限り、それを断った男性は見たことがない。本当にどうしようもない生き物だなと思う。エリカはスラッとした美人タイプで、ナオミはぽっちゃりはしているが、顔はアイドル並みに可愛かった。 一方で、派遣先の女性社員やパートさんからはあまり好かれてないようだった。 ある派遣先の男性社員さんとナオミが仲良くなり、休憩中に飲み行く約束をしていたところ、すごい形相で睨んでいる女性社員さんがいた後で聞いた話だが、その女性社員さんは男性社員さんのことが好きで、周りのみんなでお膳立てして二人は一度デートしたらしいのだがその後フラれたそうだ。その後特定の派遣と仲良くしすぎているということでナオミはクビになった。 他にもある派遣先に夫婦で働いている社員さんがいた。甘え上手の二人は何かと旦那さんに話しかけていた。重たい手伝ってと言いながら腕を引っ張ったり、すれ違いざまにさりげなくボディータッチしたり、旦那さんはそんな二人をとても可愛がって重い物を運ぼうとしたら駆け寄って手伝い何かと世話を焼いていた。そりゃ奥さんは面白くないよね。休憩中に夫婦喧嘩していたことも、とにかく、二人が行くところでは、何かと異性絡みでトラブルが起きる。 自分が女だったら、エリカとナオミには、彼氏や旦那には、一生関わってほしくないタイプの女だ。そして特にナオミは、彼女持ちだろうが、寄婚しただろうが、気にしない。派遣先だろうが、居酒屋だろうが、かっこいいと思えば、すぐに声をかける。声をかけても、男が断ればいいのだがそんな男は見たことがない。皆さんの周りにはこんな女性はいないだろうか?


>>Summarize<<
マサオは今年のお盆休みをバイト三昧で過ごし、事務の仕事と物流倉庫のアルバイトをしている。
Masao spent this year's Obon holiday working part-time jobs, doing office work and working in a warehouse for logistics.

特に夏場は忙しく、ドラッグストア向けの商品を扱っている。
Especially during the summer, it gets busy, dealing with products for drugstores.

お盆期間は休みがなく、人手も足りないため、マサオは稼ぎたいと思い、休みの日でもシフトに入っている。
During the Obon period, there are no days off, and due to the shortage of manpower, Masao wants to earn money, so he works shifts even on his days off.

20代の頃、マサオは出会い系アプリで知り合った女性のエリカとその友達のナオミに遊び相手として選ばれる。
In his twenties, Masao was chosen as a playmate by Erica, a woman he met on a dating app, and her friend Naomi.

彼女たちとの楽しい時間を過ごし、エリカとナオミがメイクをしてくれることもあった。
He enjoyed spending time with them, and sometimes Erica and Naomi would do his makeup.

一度、居酒屋でエリカとナオミにメイクをされ、驚いたが楽しい時間だった。
Once, Masao had his makeup done by Erica and Naomi at an izakaya, and though surprised, it was a fun time.

その後も一緒に回転寿司に行ったり、激辛料理に挑戦したりして楽しい思い出を作った。
After that, they continued to make fun memories together by going to revolving sushi restaurants and challenging themselves with spicy dishes.

一方で、マサオは派遣先の女性社員やパートさんからはあまり好かれておらず、トラブルもあった。
On the other hand, Masao wasn't particularly well-liked by female employees and part-timers at his dispatch workplace, and there were also some troubles.

ナオミが派遣先で男性社員と仲良くなり、クビになったこともある。
Naomi once got fired after getting friendly with a male employee at her dispatch workplace.

また、夫婦で働いている社員さんとの関係も問題があり、トラブルが起きた。
There were also issues with the relationship with employees who were working as a couple, resulting in troubles.

マサオは、エリカやナオミのような女性には一生関わりたくないと感じている。
Masao feels that he never wants to be involved with women like Erica or Naomi for the rest of his life.

彼女たちは、異性に対して積極的で、男性が断ればいいのだが、そうでない男性も多いと感じている。
They are proactive towards the opposite sex, and while men should be able to decline, Masao feels that many men don't do so.



The 26th work
こんにちは、マサオです。まだまだ暑い日が続いていますが、もうすぐ夏も終わりですね。若い頃は夏が来るとワクワクしていました。学生の頃は夏休み、社会人になってからも、夏はなぜか特別な季節だと感じます。花火の音が遠くで聞こえるたびに胸が高鳴ります。
彼氏から動画を取り戻し、無事に別れることができたエリカ。俺もヤバいことに手を出してしまいましたが、しばらくは平和な日々が続いていました。エリカとナオミは夜の仕事を辞めて派遣の仕事をしていました。俺とエリカの関係は付き合っているわけではありませんが、今の関係には満足していました。
エリカから「3人で花火大会に行こうよ」と誘われた俺は、女性と花火大会に行くのは初めてだったので、浮かれてしまいました。そこでエリカの浴衣姿を見てみたいという言葉に「買ってくれない?」という提案を喜んで引き受け、一緒に浴衣を買いに行きました。
連れて行かれたのは、この街で着物と浴衣を取り扱っている老舗でした。俺はショッピングモールなどで、浴衣セットが9900円程度だろうと想像していたので、そのお値段に驚きましたが、女性を連れて浴衣を買いに来て、お金がないから買ってあげられないのもみっともないと思い、清水の舞台から飛び降りる思いで浴衣をプレゼントしました。
エリカにぴったりだと思ったのは、紺色の浴衣に紫陽花の柄でした。財布は痛かったですが、花火大会を楽しみにしていました。前日には大きめのレザーシートを持って、花火が一番見える場所を確保し、場所取りをしておきました。エリカとナオミからはたくさんビールを買っておいてねと言われたので、大きめのクーラーボックスと保冷剤、ビールの6本パックを4つ購入して冷やしておきました。
こんにちは、マサオです。座布団を3つも用意しておいたのは、座った時に痛くならないようにとの配慮でした。浴衣のエリカに合わせて、こっそりとホームセンターで売られていた1980円の紺色のジンベエを買いました。ナオミも一緒に来る予定でしたので、3人で行動していると周囲からカップルに見られるかもしれないという期待に胸が高鳴りました。
花火大会当日、花火が上がるのは19時半からだったので、混雑を避けるために17時には会場に向かうことにしました。しかし、少し誤算がありました。俺は花火大会に行くのは初めてだったので、場所取りに行くときに車を使おうと考えていました。しかし、当日は駐車禁止で、一番近い駐車場も満車でした。結局、15キロ離れた場所まで歩かなければなりませんでした。
クーラーボックスと座布団を抱え、汗だくになりながら必死に歩いて会場に到着しました。屋台が出ていて、たくさんの人で賑わっていましたが、なんとか場所を見つけてビールを開けました。花火が始まり、エリカとナオミも喜んで見上げていました。しかし、後ろで話し始めた3人組の女性たちが近づいてきて、男性たちと一緒に焼酎を飲み始めました。そこからは、花火よりも合コンのような雰囲気になってしまいました。
エリカとナオミとの楽しい時間を過ごしている間に、花火大会も終わり、満足のいく一日でした。グループと別れて会場を後にすると、ビールは空になりましたが、重いクーラーボックスを抱えてまた歩くことになりました。途中でナオミがスマホをなくしてしまったと気づき、慌てて探し始めました。
どうしようと言い出したエリカとナオミは、会場に戻ってスマホを探すことに決め、3人で引き返しました。その時、正直に言うと、俺はナオミにイライラしていました。なぜなら、クーラーボックスと座布団を持たされていたのに、ナオミは一言も言わず、俺に全てを押し付けたからです。結局、俺がナオミに、「これ、重いんだよ。ザブトンくらい持ってよ」と言ってしまいました。ナオミは「はぁ?うるさいなぁ」と言いながらも、結局ザブトンを持ってくれることになりました。後からわかったことですが、スマホはトイレに置きっぱなしにしてありました。取られなくてよかったと一安心し、駐車場に戻ることにしました。
俺はクタクタになっていましたが、エリカとナオミはせっかくここまで来たのだから、焼き鳥屋に行こうと提案しました。エリカとナオミは喜んで賛成しましたが、今度は座布団が邪魔だと言い出し、道を歩いている男性に声をかけました。ナオミは「座布団あげるよ」と言って、その男性に無理やり座布団を持たせました。男性は驚いていましたが、「ありがとうございます。猫を飼っているので、猫ちゃんの寝床に使います」と言いました。しかし、なぜかその後、連絡先交換までしてしまいました。この女性はどこに行っても新しい友達ができるようです。
焼き鳥屋に着いた後、エリカとナオミは生ビールを頼み、美味しそうに飲んでいました。一方、俺はコーラを頼みました。しばらくして、ナオミが「ねえ、エリカ、おカピー呼ぼうよ」と言いました。初めて聞く名前でしたが、どうやらエリカが電話をかけていました。そして、オカピーという男がやってきました。俺は彼を見て、「あれ、この男、見たことあるぞ」と思い出しました。彼はエリカの常連客で、以前から店によく来ていた男でした。驚いたことに、エリカは彼と連絡を取り続けていたようで、その事実にショックを受けました。さらに、エリカとナオミとオカピーの間には何かしらの関係があり、3人またはナオミが連れてきた男と一緒に、よく飲みに行っているようでした。俺は、この新たなライバルに対して心配事が増えました。エリカとナオミがいつもトイレに行くのは二人で、彼らがセキュアなら、オカピーに色々と聞いてみようと思いました。

>>Summarize<<
マサオは夏が終わりつつある今日も暑い日が続いているが、夏が来るとワクワクする。
Masao continues to experience hot days even as summer draws to a close, but he gets excited when summer arrives.

若い頃は夏休みが楽しみで、社会人になっても夏は特別な季節だと感じる。花火の音が聞こえると胸が高鳴る。
In his younger days, Masao looked forward to summer vacations, and even as an adult, he still feels that summer is a special season. The sound of fireworks makes his heart race.

エリカとの別れを経て、平和な日々が続く中、エリカとナオミは夜の仕事から派遣の仕事に転職していた。
After parting ways with Erika, Masao enjoyed peaceful days, while Erika and Naomi transitioned from night work to temporary jobs.

俺とエリカは付き合っているわけではないが、今の関係に満足していた。
Erika and I weren't in a romantic relationship, but I was content with our current situation.

エリカから花火大会に誘われ、喜んで参加することに。
I was invited by Erika to the fireworks festival and happily agreed to join.

エリカのために浴衣を買いに行き、高価な浴衣をプレゼントする。
I went to buy a yukata for Erika and gave her an expensive one as a gift.

花火大会当日、場所取りのため早めに会場に向かうが、駐車場の満車や遠い場所への歩きで苦労する。
On the day of the fireworks festival, I headed to the venue early to secure a spot, but I struggled with the full parking lot and the long walk to the distant location.

花火大会ではエリカやナオミと楽しい時間を過ごすが、後ろで話す3人組に気を取られる。
At the fireworks festival, I had a great time with Erica and Naomi, but I got distracted by a group of three people talking behind us.

帰り際にナオミがスマホをなくしてしまい、探し回る羽目に。
Naomi ended up losing her phone on the way back, and we had to search for it.

夏の思い出としては素敵なものだったが、ナオミの行動には不満が残る。
It was a lovely summer memory, but Naomi's actions left me feeling dissatisfied.

エリカとナオミの変化に戸惑いながらも、夏の終わりを感じる一日だった。
It was a day that made me feel the end of summer, while also feeling puzzled by the changes in Erica and Naomi.






The 27th work
マサオさん、こんにちは。
最近は涼しくなってきて、朝晩の過ごしやすさが嬉しいですね。夏バテ気味で10日間ほど食欲がなくなり、その隙にダイエットをしようと思ったけど、9月になって食欲が戻ってしまいました。3キロ痩せたけど、見た目の変化はあまりないのが悲しいですね。
もうすぐ水風呂が辛くなる季節になりますね。私たちの家にはガスが通っていないので、早速お風呂に入ります。
さて、エリカとナオミと一緒に花火大会に行った際、帰りに焼き鳥屋で突然オカピーという男に出会いました。彼はエリカの飲み屋での常連客で、私とエリカの関係は特別なものだと思っていましたが、オカピーとエリカの関係も気になりました。
トイレに行きたくなったエリカとナオミを見送った後、私はオカピーに話を聞きました。彼は温厚な人柄で、エリカとは長い付き合いだと話しました。しかし、エリカとナオミが他の男性とよく飲みに行っていることを指摘すると、オカピー氏は驚きを隠せませんでした。
彼がエリカに騙されているのではないか、という疑念が頭をよぎりますが、これを知ればエリカを嫌いになるかもしれないという期待もありました。
そうなんだよね。僕と一緒に飲んでる時も隣の席の男の人に話しかけたりするし、自由奔放な女性たちだよね。なんとオカピーは知ってなおエリカに惚れているのか、何か俺と似てるけどすごく物静かで落ち着いた人だな。聞くところによると、エリカのちょうど一回り年上だったエリカとの縁が戻ってきて、オカピーとの会話はそこで終わった。
俺はもやもやしていた。小さい冴えないおじさんのオカピー、仕事帰りなのか、彼は工場の作業着みたいなものを着ていた。俺は嫉妬しているのだと思った。自分には絶対になれないであろうイケメンなら仕方ない。負けたと思えたかもしれないエリカがこんな俺のようなチビでデブで貧乏な男を頼ってくれるのは好意ではなくとも、何かしら特別な感情があるのだと思っていた。それが俺だけじゃないことにショックを受けていた。
こうなったら、とことん飲んでやる代行で帰ると決めた俺は酒を頼むことにした。そう決まったからには、エリカとナオミにかなり飲まされたことは言うまでもない。俺たち4人はへべれ気になりながら焼き鳥屋を後にした。
繁華街を歩いていたら男の人に声をかけられた。ダボった服装でキャップをかぶった若いお兄ちゃんだった。「クラブでイベントやってますよ、一人3000円で飲み放題ですよ」と言われ、何のこっちゃわからなかったが、ナオミが行きたいと言い出し、3000円払いクラブに行ってみた。
入り口で手の甲にスタンプを押され、地下にあるクラブに入っていった。中にはDJがいてマイクを持った男の人が歌っていた。店内は大音量で、ヒップホップっていうのかな、よくわからないけど、客も若い男女ばかりで、俺とオカピーはかなり浮いていた。しかし周りもそんなこと気にしてない様子で、音楽に乗って踊ったり騒いだりしていた。
俺たちはカウンターでビールを受け取ると、小さい丸いテーブルに向かい、そこでしばらく音楽とビールを楽しんだ。寄ってきたエリカとナオミが「うちらも踊ろうよ」と言ってきたが、俺はまだ恥ずかしさもあって、エリカとナオミだけ行きなよと言ってしまった。
エリカとナオミとオカピーはテーブルを離れ、楽しそうに踊り始めました。エリカとナオミは初めてじゃないんだろうな、慣れている感じがしました。オカピーはなんか昭和のディスコで踊っているようなツイストダンスをしていました。若者に混じって、作業着でツイストをするおじさん、人目を気にしてしまうでしょう。
しばらくしてエリカとオカピーが戻ってきました。あれ?ナオミは?そういえばしばらく見てない、どこ行ったんだろう?30分くらい経ってもナオミが戻ってこない。さすがに心配になって、入口に行ったスタッフに聞いてみたが、店を出た様子はない。トイレで倒れてるかも、俺たちはトイレに向かった男女共用の一つしかないトイレだ。
俺はドアを叩いた。「ドドン、ナオミ?ナオミ?いるの?大丈夫?」。どんどん、ナオミ、開けてよ。しばらくしてドアが開いた、ナオミが出てきた。続いて見たこともない男もまったく、この女はトイレで何をやっていたというのか、あんた、何やってんの?知らない男でしょ?否認は?してない、だって、かっこよかったし、そういう気分だったの。バカ、連絡先くらい教えてもらったの?聞いてない、ほんとバカ、その、人探すよ、まだ店にいるでしょ?
俺たちはナオミに続きトイレから出てきた男を探したが、人も多く見つからなかった。ナオミの性格は分かってきてはいたが、まさかと思った現実にこんなことがあるんだな、俺たちは丸いテーブルに戻ると、エリカはナオミに説教を始めた。俺はその間オカピーと話すことにした。「あの二人といると色んなことが起こりますよね」。そうだね、エリカがお姉さんのように何かと世話を焼いているけど、当の本人はあんな感じだからね。ナオミちゃんが傷つくことがなければいいんだけどね。
「あの二人と付き合ってて面倒って思わないんですか?そもそもエリカのどこが好きなんですかなんだろうね?」。「僕はエリカに会うまで毎日仕事しかしてこなくて、ちゃんと話をした。女性はエリカが初めてなんだ、お店でだけどね。そこで僕の生い立ちの話をしたら、エリカが泣いてくれて、それからずっと指名するようになって、店を辞めた今も付き合いが続いてるんだよね。エリカと言ったら大変でも、自分だけなら体験できないようなことも体験できて楽しい、っていうかもうおじさんになったんだけど、今更ながら青春みたいな、そんな気持ちになれるんだな、なんとなく、気持ちわかるような気がします。俺のような借金派遣デブ男、エリカとナオミでなければ、遊び相手にもされないだろう。エリカのためでもあるけど、自分のためでもいいのかもしれない。真面目に働き、家庭を持つ、そんな憧れもあるけど、そうじゃない生き方があってもいいのかもしれない。いつか、後悔する日が来るとしても...」。

>>Summarize<<
マサオです、こんにちは。
Hello, I'm Masao.

最近は涼しくなってきて、朝晩の過ごしやすさが嬉しいですね。
Recently, it's been getting cooler, and I'm happy about the comfortable mornings and evenings.

夏バテ気味で10日間ほど食欲がなくなり、その隙にダイエットをしようと思ったけど、9月になって食欲が戻ってしまいました。
I felt a bit of summer fatigue and lost my appetite for about 10 days, so I thought I'd take the opportunity to go on a diet. However, my appetite returned in September.

3キロ痩せたけど、見た目の変化はあまりないのが悲しいですね。
I lost 3 kilograms, but it's sad that there hasn't been much visible change in my appearance.

もうすぐ水風呂が辛くなる季節になりますね。
The season when taking cold baths becomes tough is coming soon, isn't it?

私たちの家にはガスが通っていないので、早速お風呂に入ります。
Since our house doesn't have gas, I'll take a bath right away.

花火大会に行った際、帰りに焼き鳥屋でオカピーという男に出会いました。
When we went to the fireworks festival, we met a man named Okapi at a yakitori restaurant on the way back.

彼はエリカの飲み屋での常連客で、エリカとの関係が気になりました。
He is a regular customer at Erica's bar, and I became curious about his relationship with Erica.

オカピーに話を聞くと、エリカとは長い付き合いで、驚かれました。
When I asked Okapi, I was surprised to learn that he has a long-standing relationship with Erica.

オカピーはエリカに惚れているようで、私は自身の存在にショックを受けました。
Okapi seems to have feelings for Erica, and I was shocked by my own existence.

その後、クラブに行ったりして楽しい時間を過ごしましたが、ナオミがトイレから戻らなくなり、心配しました。
Afterwards, we went to a club and had a good time, but Naomi didn't come back from the bathroom, which worried me.

彼女が知らない男性とトイレに入っていたことにショックを受け、彼女を心配しましたが、無事に戻ってきました。
I was shocked to find out that she had entered the restroom with an unknown man, and I was worried about her, but she returned safely.

エリカとナオミが戻ってきた後、オカピーとの話を続けました。
After Erica and Naomi returned, we continued our conversation with Okapi.

彼はエリカに対して特別な感情を抱いているようで、私は自身の立場を考えさせられました。
He seems to have special feelings for Erica, which made me think about my own position.

エリカとの関係に疑問を持ちながらも、彼女を嫌いになりたくはありませんでした。
While I had doubts about my relationship with Erica, I didn't want to dislike her.

結局、私たちは楽しい時間を過ごしましたが、その後もエリカとの関係について考え続けました。
In the end, we had a good time, but I continued to think about my relationship with Erica afterwards.

彼女が私にとって特別な存在であることは間違いありませんが、自身の立場や将来について考えることもありました。
There's no doubt that she's a special presence to me, but I also thought about my own position and future.







The 28th work
マサオさん、こんにちは。
九州の昼間はまた暑いですが、朝の空気は秋を感じさせますね。空の様子も夏とは違いますね。
秋といえば運動会ですが、私も小学生までは足が速かった記憶があります。しかし、いつの間にか丸々として、階段を上り下りするのも一苦労です。
さて、前回までの話ですが、飲み屋の女性、エリカにはまってしまい、借金をしてしまったマサオさん。エリカが店を辞めた後も、彼女とその友達のナオミに足として使われ、お金を出し続けるマサオさんの姿が描かれています。エリカに彼氏ができようとも、マサオさんの気持ちは変わらずでした。
そんな中、オカピーという男性と出会います。彼もまた、エリカの元客で、かっこいいとは言えない男性ですが、同じ立場の人間としてマサオさんを焦らせます。オカピーは温厚で優しそうな人柄で、自分の生き方に後悔はない様子でした。彼は自分の選択に責任を持っていますが、マサオさんは自分の不幸を他人のせいにしてしまう傾向があります。
しかし、マサオさんは自分が何を目指しているのか、そしてエリカの恋人として何を意味するのか、自問しています。そして、エリカからの連絡で、彼女の買い物に付き合うように頼まれる場面で物語は進んでいます。
出会った時からそうだった。バイトで貯めた3万円と日雇いで手に入れた2万円を財布に入れ、車でエリカを迎えに行った。エリカを車に乗せると、大型のショッピングモールに向かった。
道中、エリカにオカピーのことを聞こうと決めていた。「ねえ、エリカ、聞きたいことがあるんだけど」と言うと、彼女は機嫌が悪そうに返答した。「何?」
「あのね、この前のオカピーって人?何者?」エリカと付き合ってるって言ってたけど、あんたに関係ない」
「少なくともオカピーは嘘はつかないし、キツイだろうなって時も愚痴を言わないところとか、頭もいいところとか、尊敬してる」
「あの、わがままで自己中なエリカが他人をそんな風に褒めるのも、俺は聞いたことが一度もなかった」 「そ、そ、それって好きってこと?」
「そうね、人として好きかもね。尊敬に近いかもね。今までエリカが関係を持ってきた彼氏や、好きだの恋だのかっこいいだの言って通り過ぎてきた男たちよりも、はるかに羨ましいと思った。きっとエリカは俺に尊敬の念など持ったこともないのだろう」
「確かに俺は頭も良くないし、自分では認めたくないが嫌なことから逃げてしまうところがあった。ちょっとした嘘ならついてしまうこともある。エリカからは俺が太っているのはだらしがないからだと言われたが、確かにそうなのだ。自分に甘い。でも、俺だって変わりたいと思っている」
色々と話しているうちに、ショッピングモールに着いた。エリカが行く店は決まっているので、まっすぐにそこに向かった。エリカは毎回マネキンが着ている服をそのまま買っていた。今回は秋らしく、薄いピンクのゆったりしたニットに、ベージュのふわっとしたスカート、インナーのレースのタンクトップが似合いそうだった。
俺は店員さんを呼び、マネキンの着ている服が全部欲しいと告げた。エリカはマネキン丸裸にすると満足して、「お昼食べて帰ろう」と言った。この日はショッピングモールにある洋食屋さんに入った。グラタンやパスタ、ピザなどがあった。エリカと俺のランチでは、メニューの決定権は俺にはなく、エリカが食べたいものを2つ頼むのがルールだった。
エリカはハンバーグランチとチキンステーキのランチに決め、そしてビールを頼んだ。「いつもエリカはお酒を飲むので、ライスは俺が2人分食べるつまみになるそうな。おかずは全部エリカのものだった。俺はハンバーグをほんの少しとチキンステーキを一切れもらって、なんとかライスを二人分食べた。エリカは残りのハンバーグとチキンをつまみに、のんびりとビールを楽しんでいた。
こんな時間でも俺にとっては幸せだった。もはや普通の恋愛とは何なのか、俺にとってはわからなかった。エリカの若まみに付き合ったり、理不尽な要求をされることが俺にとっては喜びとなっていた。そう、俺は過去に誓ったじゃないか。「エリカの下僕になります」と。ああ、そうなのか。俺の考えが明確になった気がした。エリカの下僕は俺一人でいい。オカピーじゃダメなんだ。オカピーに嫉妬したのは、俺の下僕の座が奪われるかもしれないと焦っていたのか。食事を終えると、エリカを家に送っていった。その日は悶々として眠れなかった。
数日後の週末、エリカとナオミからお誘いがあった。ナオミが出会い系で気に入った男と会うらしい。俺は例のごとくアッシー兼ボディガードだ。エリカに服を買って支払いを済ませた後だったので、財布には数百円しか入っておらず、その旨を伝えたが、今日はついてくるだけでいいと言われた。
その男は駅で待ち合わせをしていた。事前に写メのやりとりをしていたらしく、スムーズに合流することができた。ついてきた俺を見て、男は少し怪訝そうな顔をしていたが、俺なんか相手にもならないと思ったのか、「大勢の方が楽しいですしね。一緒に飲みましょう」と言った。男は高身長のイケメン銀行員で、ナオミのタイプだ。しかも新幹線を使ってナオミに会いに来ていた。
俺は本気でそろそろナオミには落ち着いて欲しいと思っていたので、心からうまくいくよう祈った。居酒屋で楽しんだ後、カラオケに行こうとなった。ナオミは終始はしゃぎっぱなしだった。薄暗いカラオケにいると変な気分になったのだろうか。飲み放題の3時間コースだったが、ナオミと男は1時間くらいで出て行くと言った。男は「ナオミちゃんと2人分カラオケ代ね」と1万円をエリカに渡した。俺はエリカと2人きりになった。
エリカはしばらく一人で歌い続けてきたが、飽きたのだろうか、ひたすらお酒を飲み始めた。すると、俺は余計なことを口走ってしまった。「ねぇ、オカピーとはどれくらいの頻度で会ってるの?オカピーのことこれからどうするつもり?」エリカは怒ったように返答した。「うるさいなぁ。人が楽しく飲んで歌ってる時にそんな話する?そんなねほりはほり聞くんだったらもうあんたに連絡せんわ。ごめん、今すぐ話になかったよね。ごめん、ゆっくり飲んで酔いが冷めた。もういい、トイレ。」エリカは席を立った。そして二度と戻ってこなかった。財布に数百円しか持っていない俺を残して。


>>Summarize<<
マサオは九州の朝の涼しい空気に秋を感じ、夏とは異なる風景に心が和んでいた。 Masao felt the autumn in the cool morning air of Kyushu, a landscape different from summer that brought peace to his heart.


運動会の思い出や自身の体型の変化を振り返りつつ、彼はエリカとの関係やオカピーとの出会いについて考えていた。
Reflecting on memories of school sports days and the changes in his own physique, he pondered over his relationship with Erica and the encounter with Okapi.

エリカにはまり、借金をしてしまったマサオは、彼女や友人のナオミに利用され続ける日々を送っていた。
Masao, who had fallen for Erica and ended up in debt, was spending his days being continuously taken advantage of by her and her friend Naomi.

しかし、オカピーという男性との出会いが彼の考えを変え始める。
However, the encounter with a man named Okapi began to change his thinking.

オカピーは温厚で優しい人柄で、自分の選択に責任を持っていることにマサオは気付く。
Masao realizes that Okapi is gentle and kind-hearted, taking responsibility for his own choices.

そんな中、エリカからの誘いで買い物に付き合うことになったマサオは、エリカとの関係や自分のあり方について考えを巡らせる。
Amidst this, Masao, invited by Erika to accompany her shopping, reflects on his relationship with her and his own existence.

買い物後、二人は洋食屋で食事を楽しみ、マサオは自分の幸せを見つけようと努めていた。
After shopping, the two enjoyed a meal at a Western-style restaurant, where Masao endeavored to find his own happiness.

数日後の週末、エリカとナオミからの誘いで、ナオミが出会い系で気に入った男と会うことになる。
On the weekend a few days later, Masao receives an invitation from Erica and Naomi to accompany Naomi as she meets a man she's taken a liking to on a dating app.

マサオはアッシー兼ボディガードとして付き添うが、カラオケでの一幕でエリカとの関係に疑問を抱き、余計なことを口走ってしまう。
Masao accompanies them as an usher and bodyguard, but during a moment at karaoke, he begins to question his relationship with Erica and inadvertently blurts out something unnecessary.

エリカが怒って席を立ち、二度と戻ってこなかったことで、マサオは自分の置かれた状況を改めて考えることとなった。
Erica got angry and left the table, never to return, prompting Masao to reconsider his situation.





The 29th work
こんにちは、マサオです。九州の朝もすっかり寒くなりました。冬はお湯が出ない家に住む私にとって一番つらい時期でもあります。布団から出るのもつらいですね。
もし同じような状況の方がいらっしゃいましたら、冬場のお風呂対策はどのようにしていますか? 私の部屋へようこそ、お話を続けましょう。
先日、エリカとナオミと出会い系で知り合った男性と一緒にカラオケに行きました。しかし途中でナオミと男性が帰ってしまい、残された私とエリカ。私は余計なことを言ってエリカを怒らせてしまいました。
トイレに行って戻ると、エリカが席を立っていました。財布には数百円しか入っておらず、焦りました。30分近く待ちましたが、エリカは戻ってきません。トイレに行ってみましたが、女子トイレには入れません。
その時、女子トイレのドアが開き、女子高生風の二人組が出てきました。私は思い切って声をかけましたが、彼女たちは驚いて違う方向に行ってしまいました。
部屋に戻り、エリカに連絡を試みましたが、既読にならず、電話にも出ません。カラオケの終了時間まであと30分しかありません。ナオミにも連絡をしましたが、応答がありません。
受付をスルーして帰ることも考えましたが、正直にスタッフに財布を忘れた旨を伝えました。財布には数百円しか入っていませんでしたが、それは言いませんでした。
警察に通報される覚悟はしていたけれど、免許証を提出し、後日支払いを約束してくれれば、無事に帰れることになった。免許証をポケットに入れておくことにし、正解だった。一人で家に帰る途中、夜中の虹を見ながら、布団に入りながら、自分の虚しさや情けなさを考えた。置き去りにされ、カラオケ代さえも支払えない。全財産は数百円だけ。日払いのお金が入ったら、カラオケ屋に返しに行かなければ。エリカは家に帰ったのだろうか。もうエリカやナオミとは連絡を取らない方がいいのかもしれない。そうだ、そうしよう。自分の人生を生きるんだ。固い決意を胸に眠りについた。
しかし翌朝目が覚めると、無意識にエリカに電話をかけていた。「もしもし、エリカ? 昨日のこと、なんだったの?」と尋ねると、「お金がなかったから、大変だったんだよ」と返ってきた。「そう、忘れたとか言えばどうにかなるでしょ」と私が言うと、「それはそうなんだけど、あんたが余計なこと言うからじゃん」と彼女が反論した。「ごめんなさい、もう言わないよ。今日は朝から出かけるから、もう切るよ」と彼女は言って電話を切った。日曜日の朝、エリカはどこへ行くのだろう。私には何も予定がなかったので、掃除や洗濯をして過ごしていた。
突然電話が鳴った。私の連絡先を知っている人はほとんどいない。エリカ? と思ったが、ナオミだった。「何してるの? 昨日電話したでしょ?」と彼女が言った。「あ、もういいんだ。昨日、カラオケに置いていかれてさ。お金がなかったから、けどどうにかなったよ」と言うと、「なにそれ、ウケる」と彼女は笑った。「どうせひまでしょ」と私は返答した。私はいつから「ぶーやん」になったのだろうと思いながらも、特に用事はないけれども、彼女に答えた。「今からさ、軽く稼ぎに行くんだけど、送ってくんない?」と彼女が尋ねてきた。稼ぎとは例のやつかな、と思ったが、何も聞かなかった。
まあ、いいけど、お金ないからガソリン入れてね。
オッケー、じゃあ待ってるよ。
どうせ暇だった今日は直美の足兼ボディーガードだ。俺は直美を迎えに行った。
まるまるのバーガーの駐車場まで送ってね。
今日の仕事は食事なの?珍しいね、違うよ。
待ち合わせがそこなの。車発進したらちゃんと付けて来てよね。
了解。バーガーショップに着くと、ナオミは約束の車を探していた。一番奥の車があまり止まっていないところに、目後の車はあったようだ。ナオミは車を降りた白いミニカ。フロントガラスにはサンシェードがしてあって、中が見えない。ナオミは何の躊躇もなくその車に向かい乗り込んだ。
本当、危機感ないな。変な奴だったらどうするんだろう。俺がいるから安心しているところもあるんだろう、と思い、一応見守ることにした。しかし車は一向に出る気配はない。サンシェードもしたままだ。大丈夫かと心配になったが、中で人が動くのが見えたので無事なんだろう。まさかここで?と思ったが、ナオミのことだ。今更驚きはない。30分ほどでナオミが戻ってきた。俺は一応「お疲れ様」と言った。帰り道、聞きたくもない、さっきの男の愚痴を聞いていたが、ナオミが突然、「あ、エリカからLINEが来てる」と言った。「え、エリカ?何なんて来てるの?」と聞くと、「今日、オカピーと海に遊びに行ったんだ。お土産があるって。」「え、海?まさか、デート?普通に遊びにくらい行くっしょ」と思いながらも、ショックを受けつつも、ファミレスで待ち合わせてお土産をもらうことにした。
俺とナオミはファミレスに着いた。ナオミは当たり前にビールを頼んだ。俺も今日は飲みたい気分だったが、数百円しか持っていないため水で我慢した。エリカが来た。「お待たせ、あれ?マサオもいたの?」と言うと、「そうだよ、俺にもお土産ちょうだいよ。マサオのは買ってないから、ナオミと分けてよ。オカピーとデート中」と言われ、俺は少し落ち込んだ。昔、エリカと公園で雨に濡れた日を思い出した。傷ついて生きていたくないと泣いていたエリカ。俺しか知らないエリカの弱い部分。一人物思いにふけていると、エリカが口を開いた。「私、結婚するから。」

>>Summarize<<
マサオが寒い九州の朝について話し、冬場のお風呂対策を尋ねました。
Masao talked about the cold mornings in Kyushu and asked about winter bath strategies.

その後、出会い系アプリで知り合ったエリカとナオミと一緒にカラオケに行った話を続けました。
After that, he continued with the story of going to karaoke with Erica and Naomi, whom he met on a dating app.

途中でナオミと男性が帰り、残されたマサオとエリカのやりとりが描かれました。
Naomi and the man left halfway through, leaving Masao and Erica behind, and their interaction was depicted.

エリカが帰ってこなくて心配したマサオは、受付に財布を忘れたことを正直に伝えました。
Masao, worried about Erica not returning, honestly informed the reception that he had forgotten his wallet.

警察に通報される覚悟を決めつつも、免許証を提出し、後日支払いの約束をして帰ることができました。
Despite preparing himself for the possibility of being reported to the police, Masao was able to submit his driver's license and promise to pay later before leaving.

自宅に戻り、自身の虚しさや情けなさを感じながら眠りについたマサオは、翌朝、エリカに無意識に電話をかけてしまいます。
Returning home, Masao went to sleep feeling empty and pathetic, only to unconsciously call Erica the next morning.

エリカとのやりとりの中で、お金の問題や誤解が生じ、マサオは落ち込みます。
During the exchange with Erica, money issues and misunderstandings arose, causing Masao to feel down.

その後、ナオミから電話があり、カラオケでの出来事が明らかになります。
Later, Masao receives a call from Naomi, and the events at the karaoke are revealed.

ファミレスでの再会で、エリカの行動に対するマサオの感情が描かれ、エリカが結婚することを告げられます。
At the reunion in the family restaurant, Masao's emotions towards Erica's actions are depicted, and he learns that Erica is getting married.







The 30th work
こんにちは、マサオです。エリカとナオミの物語は、気がつけば第30回目を迎えました。この物語は、私が20代で飲み屋の女性エリカと出会い、借金をしてしまうところから始まります。両親にバレたり、さまざまな出会いもありました。過去からの進行形になっており、最終的には現在に追いつくと思います。現在のリアルな暮らしぶりを垣間見たい方は、再生リストから日常編をご覧ください。それでは、エリカやナオミに振り回されながらも生きる、覇権男、マサオの物語を、もうしばらくの間、楽しんでもらえたらと思います。さて、お話の続きをしていきましょう。
マサオの部屋へようこそ。ファミレスでエリカとナオミと食事をしている最中です。突然、エリカから聞いた言葉に、私は頭が真っ白になりました。「私、結婚するから」と。エリカがついに結婚することになったのです。え?誰と?オカピーなの?違うし、この前の彼だよね。ナオミも結婚したいと言いますが、私はナオミの相手を知りません。「誰なの?相手は?あんたの知らない人よ。ブーヤンは勝負にもならないよ。」とナオミは笑います。ショックを受けていた私には、もう止められないのか、ついにエリカともお別れをする時がやってきたのか、私たちはファミレスを後にしました。
家に帰ると、私は何もやる気が起きず、すぐに布団に入りました。気がついたら、私は泣いていました。私は26歳の時に20歳のエリカと出会いました。今では、エリカは立派なアラサーですが、私はアラフォーと言える年齢になっています。ここで諦めることなんてできるのでしょうか。何かで見たのですが、人は相手に尽くしたり、お金をかけたり、時間をかけるほど相手に執着してしまうとありました。今までかけたお金や時間が無駄になるのを認めたくない。心理から来るらしい、私も確かにそれに近いものがあるかもしれません。エリカがいなくなってしまったら、何を生きがいに生きていけばいいのかすらわかりません。私のすべてはエリカ中心に回っていました。一度、エリカとゆっくりお話ししたいな。
別れの前に、私はいつの間にか眠りについていました。数日後、エリカから電話がかかってきました。「マサオ、おはよう。ランチ行かない?」う、うん。おはよう。もちろん、食べたいもの考えといてよ。私はエリカと話すチャンスがもらえて嬉しかった。この後に及んでも、まだもしかしたら止めてくれるかもしれないと希望を捨てきれずにいた私は、エリカを迎えに行きたいと言っていた焼肉屋に向かいました。
こうやってエリカとお出かけするのも、結婚したらできないのかな?と思うと悲しくなってきました。目的の焼肉屋さんに着いた。ここは焼肉ランチが安くて食べれると有名でした。カルビランチ2つと大盛りのご飯を頼み、生ビールも1つ注文しました。もちろん大盛りのご飯は2つとも私が食べ、カルビ2人前はエリカのビールのお供にしました。
1人前8枚ほどのカルビと少しの焼き野菜が付いていました。カルビを焼くいい匂いがしてきましたが、エリカのお許しが出るまでは手を出せませんでした。エリカから一枚あげるよと言われ、私は大喜びでカルビ一枚にたっぷりタレをつけて大盛りのご飯を一膳堪えられました。
三杯目のビールを頼む頃には、エリカは少し酔っ払っていました。私は思い切って聞いてみました。「ねえ、エリカ、本当に結婚するの?」。「うん、するよ」と彼女は答えました。「そっか、エリカが結婚するくらいだから、ちゃんとした人なんだよね」と私はつぶやきました。「そりゃもちろんだよ、私もいい歳だしね」とエリカは笑いました。「お、俺じゃダメかな?」と私は勇気を出して聞いてみました。「当たり前じゃん、40にもなって定着にもついてないじゃん。本当に幸せにしたいんだったら、もっと早くそこ考えるでしょう」と彼女は言いました。
私は何も言えませんでした。派遣や日雇いを選び、まともに就職活動もしてこなかった。とりあえず日銭がもらえるからと楽な道を選んだのもまた私自身なのです。もうもし私がちゃんと就職して、それなりに稼ぎがあったら、結婚してくれてたのかな?したかどうかは分かりませんが、考えることはできたかもしれません。好きでいてくれるのはわかりますが、それだけじゃダメでしょう。生活があるんだから。これまで時間はたっぷりあったじゃないですか。でもしてこなかったのは自分でしょう。
いつまでもこんな楽しい時間が永遠に続くと思っていましたが、そんなはずはないのに、現実や未来から目を背けて今だけ生きてきたのは、私自身のせいでもあります。10年先を見据えて就職していたら、今頃はまともに社会人として働いていたのでしょうか。30の時の私に言ってやりたかった。
エリカはもう一膳の大盛りご飯にカルビを3枚も乗せてくれました。私は無心でそれを書き込んだ。エリカともナオミとも会わなくなれば、少しはお金も貯まるだろうと思いました。
カルビランチだって、一人で全部食べられる。でも、大盛りご飯を押し付けられても、カルビをちょっとしかもらえなくても、俺はこうやってエリカとご飯を食べたかったな。"それでいつ頃結婚するの?" "来月には結婚するよ。あと1ヶ月くらいかな。引っ越しもあるからバタバタなんだよね。" "僕か旦那さんになる人と暮らすんだよね。当たり前だね。"今までのエリカは他の男と同棲したりしていたが、咳を入れるとなると重みが全然違った。エリカは普通の奥さんになれるのかな。"すぐ離婚するかもしれないマサオ。これからは自分の人生を楽しんで真面目に仕事してたら、いい出会いもあると思うよ。" 俺は切なくて切なくて、ここは焼肉屋だというのに泣いてしまった。"そんなことエリカには言われたくないよ。彼ね、出張でたまにこっちに来る時に知り東京の人なんだだからね。東京に引っ越しするからね。"そんな1ヶ月後、エリカは東京へ旅立った。空港までナオミと見送りに行った。エリカ、寂しいよ。あんたもいい人見つけて早く結婚しなよ。" "たまには帰ってくるからいい報告待ってるよ。" "うん、元気でね。幸せになってね。" "そういうのがやっとだった。うん、ありがとう。" 二人とも元気でね、エリカが言ってしまった。もう、あのわがままで憎たらしいけど、大好きな顔、怒った顔、泣いた顔、見ることもできなくなってしまった。空港からの帰り道、ナオミに飲んで帰らないかと言われたが、そんな気にはなれなかった。そうして、エリカのいない毎日が始まった。エリカがいることが当たり前だった。日常は変わってしまった。時間が忘れさせてくれるとかよく言うけれど、時間とともに、エリカがいないことが現実味を帯びてきて、ますます寂しくなった。通勤途中、ぼーっとエリカのことを考えていた。"元気にしてるかな?エリカがいないのが夢だったらいいな。" ドン! "い、痛い!はっ!どうしよう、俺は前の車に追突してしまった。"


>>Summarize<<
こんにちは、マサオです。
Hello, I'm Masao.

エリカとナオミの物語は、私が20代で飲み屋の女性エリカと出会い、借金をしてしまうところから始まり、過去からの進行形で、最終的には現在に追いつく展開です。
The story of Erica and Naomi begins with my encounter with Erica, a woman from a bar, in my twenties, leading to accumulating debt. It progresses from the past and eventually catches up to the present.

エリカが結婚することになり、私はそれに戸惑いつつも彼女との別れを受け入れます。
Erica is getting married, and while I am perplexed by it, I accept our parting ways.

エリカとの食事の後、彼女の結婚に対する私の複雑な感情が描かれます。
After the meal with Erica, my complex emotions towards her marriage are depicted.

私は自分の生き方を振り返り、時間の無駄遣いを後悔します。
I reflect on my way of life and regret wasting time.

エリカとの別れを受け入れた後も、彼女との思い出が私の心を支配し、寂しさが募ります。
Even after accepting the separation from Erica, memories of her continue to dominate my heart, and loneliness intensifies.

エリカの旅立ち後、彼女のいない日々が始まり、その中で私は彼女の存在の大きさを痛感します。
After Erica's departure, days without her begin, and within them, I keenly feel the magnitude of her absence.

通勤途中には彼女のことを考えながら過ごしますが、不注意で車を追突してしまいます。
During my commute, I spend time thinking about her, but end up rear-ending a car due to carelessness.







The 31th work
マサオさん、こんにちは。
冬が本格的にやってきて、風も冷たくなってきましたね。我が家は断熱材が入っていないので、真冬はとても寒いです。でも、雪の中で働く人や寒さに耐える動物たちを考えると、屋根のある暖かい家があるだけでも幸せだと感じます。
さて、お話の続きです。意識を取り戻すと、体に鈍い痛みがありました。前の車に追突してしまったようです。車を降りて、追突した車に乗っていた人も無事でした。ひとまず安心しました。私は声をかけてみました。相手は50代くらいの女性で、「大丈夫ですか?」と聞くと、「ええ、私は大丈夫です。でも、私の車も前の車にぶつかってしまいました」と言いました。荷台も巻き込んでしまったようです。
前の車に乗っていた男性も無事でした。警察と保険の担当者に電話し、状況を説明しました。警察が到着し、個別に状況を聞いた後、保険会社とのやり取りをするように言われました。お互いに心から謝り、離れました。
私の車は変な音を立てていましたが、なんとか家に帰ることができました。ショックでしたし、申し訳なかったです。数日後、保険の担当者から電話があり、私に9割の過失があるとのことでした。女性からは修理の見積書が届き、保険から支払われました。男性からの連絡はまだでした。
車と保険は父親の名義でしたので、両親に知られることになり、怒られました。過去の借金のため、車のローンを組むことができず、父親に代わりにローンを組んでもらい、毎月返済していました。修理不可能な状態で廃車にし、スクラップ工場に持って行き、1万5千円で買い取ってもらいました。
エリカが東京に行ってすぐ、日雇いや短期の派遣から卒業しようと、今も勤めている工場に長期の派遣として行き始めたばかりでした。数年勤めれば社員にもなれる可能性があると聞き、真面目に働こうと決意しました。しかし、わずか1週間で車を失い、どん底にいる気分でした。車で40分かかる通勤もできなくなり、数日間は売った車のお金でバス通勤しましたが、バス代が毎日1000円近くかかり、持ちませんでした。
そこで、残った1万円を片手に自転車を買いに行き、片道1時間以上かけて仕事に通うことにしました。その頃の私はかなり痩せていたと思います。自転車通勤も慣れてきた頃、奇妙な電話がかかってきました。知らない番号からで、「前の事故に巻き込まれたものですが、大丈夫ですか?」との声が聞こえました。相手は事故にあった車に乗っていた人で、「台車はうちの会社のもので、修理費用がかかるみたいで、お金を払ってもらえますか?」と言いました。
私は保険の担当者と話してもらえるように言われましたが、不審に思いました。私が前の車に追突したことは確かですが、その前の車にもぶつかったにもかかわらず、傷はほとんどなかったはずです。保険が使えない理由があるようで、相手は直接払ってほしいと言いました。金額を聞くと、200万円とのこと。しかし、その金額は持ち合わせがないと答えると、「100万円でいいよ」と半額に値切られました。
私は一括で支払う余裕がないため、見積もりを送ってほしいと伝えましたが、相手はそれを拒否しました。「見積もりを取ったら金額を分割して払うことはできませんか?」と尋ねると、「ダメだ」との返事でした。
いくらなら一括で支払えるのか手元にお金がありません。分割払い以外は無理です」と伝えると、「じゃあ50万ならいけるでしょう」と言われましたが、現金を持っていないことを再度伝えました。「毎月1万円くらいならなんとかなるけどな」と言われ、もうどうしようもないと思いました。
男性との話し合いの結果、車の修理代を月々の分割払いで払うことになりました。振込先を聞いたところ、教えてもらえないと言われ、「毎月支払いの日に電話するから、待ち合わせ場所はその時に指定する」と言われました。事故の責任を感じつつも、さらに支払いが増え、落ち込むしかありませんでした。これまでの日々とは違う現実に直面し、頑張るしかないと思いました。
自転車通勤も1ヶ月を過ぎ、初めての給料が入りました。手取りで15万円で、とても嬉しかったです。そんな時、久しぶりにナオミから電話がありました。「来週末、東京に行こうよ。エリカに会って、結婚祝いもしてなかったしさ」との誘いに、喜びを感じました。しかし、お金がかかることを考えると、躊躇しました。
その後、ナオミの彼氏が交通費を出してくれるという話になり、「ブーイヤーのチケットも買ってあげる」と言われ、心から感謝しました。久しぶりに笑顔になり、エリカに会えることを楽しみに、1週間頑張ることにしました。

>>Summarize<<
マサオです、こんにちは。
Hello, I'm Masao.

寒さが厳しくなり、我が家の断熱材の不足が冬の寒さを感じさせます。
The cold has become severe, and the lack of insulation in our house makes us feel the winter chill.

しかし、外で働く人や寒さに耐える動物たちを考えると、屋根のある暖かい家に感謝せずにはいられません。
However, when considering the people working outside and the animals enduring the cold, one cannot help but be grateful for a warm home with a roof.

事故後、車の修理代の問題が生じました。
After the accident, issues arose regarding the repair costs for the car.

相手との話し合いで、支払い方法について話し合いが行われましたが、一括支払いはできないとして分割払いでの合意に至りました。
Discussions were held with the other party regarding the payment method, and an agreement was reached for installment payments as it was not possible to make a lump sum payment.

その後、給料日を迎え、自転車通勤を続ける中で手取りの給料が入りましたが、それでも支払い負担は大きく、落ち込む日々が続きました。
Afterward, upon receiving my paycheck, while continuing my bicycle commute, I received my net salary. However, the burden of payments remained significant, leading to continued feelings of discouragement.

その中で、友人のナオミから東京への招待がありました。
During that time, I received an invitation to Tokyo from my friend Naomi.

しかし、交通費や支払いに使うお金がない中、ナオミの彼氏が支援してくれることで、東京旅行が実現しました。
However, despite lacking funds for transportation and expenses, Naomi's boyfriend supported me, making the Tokyo trip possible.

この旅行を楽しみにして、頑張ってきた日々の中で、笑顔を取り戻せたことが何よりの救いでした。
Looking forward to this trip, amid the days of perseverance, regaining my smile was the greatest relief of all.







The 32th work
こんにちは、私はマサオです。九州では紅葉が見ごろですね。美しい自然に囲まれると、嫌なことやストレスも吹き飛んでいきます。自分の悩みなんてちっぽけなもので、日々生きていくことの大切さを思い出させてくれます。世の中にはうまくいかないことやつらいこともありますが、小さな幸せを見つけて、毎日を少しずつでも楽しく過ごしていけたらな、と思っています。
前回までのあらすじですが、飲み屋で知り合ったナオミから東京へ行こうと誘われ、俺たちはエリカに会いに東京へ行くことになりました。東京行きが決まってから久しぶりに服を買いました。ジーンズに新しいチェックのシャツを着て、朝の10時にナオミと駅で待ち合わせました。昼過ぎには東京に着いてエリカと観光する予定です。
しかし、新幹線を待っている間、人身事故があったため列車が遅れています。無事に東京に着くことができるのでしょうか。新幹線を待っている間、ナオミと色々な話をしました。彼女の彼氏についても聞いてみました。すると、彼は30歳以上も年上だそうです。驚きましたが、彼氏は優しい人だそうで、今日も50万円もらってきたそうです。
そう言うと、ナオミは財布を開けて見せてくれました。俺はドギモを抜かれた財布が閉まらないんじゃないかと思うくらいパンパンだった。金もなく、借金しているのに財布にはいつも数百円しか入っていない。俺とは違って、女に50万円ポンと渡せる男もいるのか。そんな話をしていたら、ナオミのスマホに噂の彼氏から電話がかかってきました。事故で新幹線が遅れている旨や到着時刻がわからないなど話しているようでした。不意に、ナオミにスマホを渡された。彼氏が俺と話したいと言っていた。
「あ、俺? いいよ。もしもし、俺マサオと言います。チケット代ありがとうございました。」「いいえ、いいえ、いいんですよ。ナオミにお金は持たせてあるんで、エリカさんのお祝いにぜひ使ってください。くれぐれもナオミが変なことせんよう、マサオさんに任せておきますよ。」「あ、はい、わかりました。」電話を切ると、俺はナオミに聞いた。「任せるって言われたけど、どういうこと? 東京で男を潰しないか心配してるんじゃ? しても内緒にしていたよね、ブーヤン。一泊しかいないし、彼氏はナオミの男遊びを知ってるんだな。」
わざわざ告げ口しないよ、とは答えておいた。しかし、何時間経ったろうか。駅もだんだん込み出したので、俺たちは立って列に並んだ。やっと新幹線に乗れたのは午後5時を過ぎた頃だった。並んでいたので何とか座ることができた。長いこと立っていたので、俺もナオミもぐったりとしておしゃべりする元気もなかった。ナオミはやっと新幹線に乗れたとエリカにランギンしていた。到着が遅くなるので今日の観光はキャンセルになってしまった。ナオミは一週間いるからいいだろうけど、俺は明日帰るのに悲しかった。着いた頃には夜の10時を過ぎていた。外はもう真っ暗だった。ナオミは新幹線で出会い系をやって、東京で飲みに連れて行ってくれる人を探していたようで、駅でその男と待ち合わせていた。「じゃあ、ブーヤン、ナオミは飲みに行くから…」
彼氏に内緒にしてね。うん、気をつけなよ。変な人もいるかもしれないからね。大丈夫だよ。いい出会いがあったら、ナオミも東京で暮らすからね。まあ、そんなことにはならないだろうと内心思いながらも、頑張ってと言って、ナオミと別れた。結局、エリカには会えなかった。この日を楽しみにしていただけに、お金を貯めて長期休みの時に絶対に来よう。そう誓うと、とりあえず今日泊まるところを探した。東京駅は想像していたよりも広かった。
たくさん出口があって、どこから出たらいいのかもわからなかったが、とりあえず人の流れについていくことにした。駅を出ると、見たこともないような高いビルがそびえ立ち、俺の住む街との違いに呆然としていた。眠らない街、夜の光が灯りとても美しかった。俺は都会のど真ん中で金も持たず一人だった。とりあえず泊まるところを探さないと、道を挟んだ向こうに飲み屋買いのようなものが見えて、人がたくさんいたので、そちらに向かって行った。歩いていると、外国人の綺麗なお姉さんに何度も声をかけられ、ドギマギした。
俺は歩いているサラリーマンに声をかけ、この辺りに安いホテルがないか聞いてみた。すると、安く泊まるならホテルビデオがいいよと教えてもらい、道まで親切に教えてもらった。俺はホテルビデオが何なのか、その時は知らなかった。雑居ビルの2階にそれはあった。俺は階段を登り、店に入った。店内にはカウンターとたくさんのアダルトなビデオが並べられていて、店員さんがいた。まずは料金を尋ねられた。いろいろあったが、8時間でシャワーもできて2000円ほどだったかな。それを選ぶと、店員さんからカゴを渡され、一度に10本までですと言われた。
俺はカゴに適当に、いやしっかりと吟味して10本を選んだ。それをカウンターに持っていくと、部屋に案内された。中は1畳くらいの広さで、ネットカフェと変わらない感じだった。ソファーにテレビがあり、横になるスペースがあった。俺は疲れていたので、とりあえずシャワーを浴びた。部屋に戻ると、せっかくなので借りたビデオを見てみようと思った。俺は東京まで来て、一体何をしているんだ?このビデオを見るために東京に来たのか?虚しいと思いながら、2本見たところで眠ってしまった。よほど疲れていたのか、夢も見なかった。ナオミからの電話で起こされたようだ。「ん? ナオミ? おはよう、ブーヤン。まだ駅にいる? エリカと合流したから、ランチしようよ。」「いるよ。行く。」朝の10時だった。俺はまたシャワーを浴びて身支度を整えると、待ち合わせ場所に行った。エリカに会える人目でいいから、顔が見たい。それだけだった。
個室ビデオを出て再び東京駅に着くと、エリカとナオミは既に待っていた。こんなにたくさん人がいるのに不思議だな。遠くからでも、エリカってわかる。髪がちょっと伸びたけど、変わっていない。エリカに会いたかったよ。久しぶりだね。元気だった?うん、元気元気。ランチはナオミのおごりらしいから、さあ行こう。俺たちは、見たこともないような洒落たイタリアンレストランで食事をした。浮かれすぎて、その時何を話したか覚えていない。楽しい時間はあっという間だった。俺は帰らないといけない。エリカとナオミは、この後東京観光するからと、その前に俺を見送ってくれるらしい。エリカが東京駅の中にある駅弁があるお店に連れて行ってくれた。好きなの選んでいいよと言われ、俺は牛タンのお弁当を選んだ。お別れの時間だ。ブーヤン、またね。じゃあ私たち行くね、マサオ、元気でね、うん。もう会えないかと思ったけど、会えてよかった。またね。俺は新幹線に乗ると、右側の窓際に座った。新幹線が東京駅を出発する。俺の短い旅が終わり、東京を過ぎ静岡に入る。見えてきた富士山。夜で見えなかったけど、なんて大きくて美しい。素直に感動していた。そして、駅で手を振る。左手の薬指にキラリと光る指輪が見えて、俺の胸を締め付けた。
>>Summarize<<
マサオは九州の紅葉を楽しむ中、自然の美しさに心が洗われると同時に、小さな幸せを見つけて日々を楽しむ大切さを感じていた。
Masao felt the importance of enjoying each day, finding small joys amidst the beauty of nature while enjoying the autumn leaves in Kyushu.

ナオミからの誘いで東京へ行くことになり、彼は新しい服を買い、ナオミと待ち合わせて東京へ向かった。
He decided to go to Tokyo at Naomi's invitation, bought new clothes, and met Naomi to head to Tokyo.

しかし、新幹線の遅延により予定が狂い、ナオミとの待ち時間に彼女の彼氏や財布の話題が出た。
However, due to the Shinkansen delay, their plans were disrupted, and during the wait with Naomi, the topic of her boyfriend and wallet came up.

ナオミが飲みに行く相手を探Masao noticed that Naomi was looking for someone to go drinking with, which made him worried, but he decided to leave it to her.していることもわかり、マサオは心配そうだったが、それをナオミに任せることにした。


東京駅に到着した彼らは、エリカと再会し、イタリアンレストランでランチを楽しんだ。
Upon arriving at Tokyo Station, they reunited with Erika and enjoyed lunch at an Italian restaurant.

その後、エリカから駅弁屋に案内され、マサオは牛タンのお弁当を選んだ。
Afterward, they were guided by Erika to a station bento shop, where Masao chose a beef tongue bento.

別れ際には、再会を約束し、マサオは新幹線に乗って東京を後にした。
At parting, they promised to meet again, and Masao boarded the Shinkansen, leaving Tokyo behind.

富士山の美しさに感動しつつ、左手の薬指に輝く指輪を見て、胸が締め付けられた。
While being moved by the beauty of Mount Fuji, Masao's chest tightened as he looked at the ring shining on his left ring finger.






The 33th work
こんにちは、マサオです。12月ですね、1年があっという間に過ぎましたね。年を取ると、時間が経つのが早く感じるものですよね。毎日同じことの繰り返しで、新しいことや趣味があれば、毎日がもっと充実するかもしれませんね。
エリカさんのこと、残念ながら東京に行ってしまったようですね。それは寂しいでしょう。しかし、ナオミさんと一緒に東京に行ってお祝いをしてあげたことは素敵ですね。でも、東京を後にして現実に戻ると、寂しさが増すのもわかります。
何を目標に生きていくか、考えるのは難しいことですが、きっと新しい道が見つかるはずです。エリカさんが全てだった日々が戻ってきたと感じることもありますが、自分の人生にはまだまだ可能性があります。家族を悲しませたくない気持ちは大切ですね。
ナオミさんと飲みに行くことが楽しみなんですね。お酒が飲めないとは言え、一緒に過ごす時間は大切なものですね。エリカさんのことを話すのも、心が温まりますね。ナオミさんが東京に行くとき、エリカさんの様子を聞いてみるのもいいでしょう。
ナオミは、年上の男性と付き合ってからこの1年で数回東京に遊びに行っていました。一方で、俺はあれ以来一度も行けていません。エリカのことをちゃんと見てきてほしいと頼んでいますが、少し頼りない自分を感じます。今はナオミに任せるしかないです。エリカの写真をたくさん撮ってきてほしいとも頼んでおり、それが俺の楽しみです。
こんな人生でいいのか、もうアメリカのこと諦めないといけないのか、と考えます。ナオミは出会い系をやっているようで、彼氏ができたこともあるようです。実際、出会い系はどうなのか、簡単に会えるものなのか、女性ならすぐに会えるかもしれませんが、男性は難しいかもしれません。自分の容姿や経済状況に不安を感じますが、ナオミとの時間は貴重なものです。彼女との時間が俺にとっては唯一女性と話せる時間でした。
しかし、もしかしたら他にも俺を好きになってくれる人がいるかもしれません。出会ってみないと始まらないですよね。ナオミから出会い系サイトの登録方法や、女性へのメールの出し方などを教えてもらいました。嘘をつかないように顔写真や年収、職業などを偽らずに掲載することを提案されました。しかし、出会い系サイトでは最初に付与されるポイントがなくなったら、お金でポイントを購入しなければならないようです。出会いにもお金がかかるんですね。それでも、俺は無料のポイントで出会えるように頑張ってみるつもりです。
そして、家に帰って早速出会い系サイトを開いてみると、一件のメールが届いていました。「ユミコです。24歳OLしてます。今すぐ会いたい」という内容でした。こんなかわいい若い女性が俺に会いたいと言ってくれるのか、浮かれてメールを返してみました。
こんばんは、マサオさん。今日は時間も遅いので、明日会えませんか?すると、ユミコさんからすぐに返信がありました。「ホテル別、イチゴでお願いします」とのことで、俺は何のことかわからず混乱してしまいました。急いでナオミに電話をかけました。すると、ナオミは割り切りだろうと言い、業者かもしれないから見極めないとダメだと教えてくれました。俺は見極めるのは難しいと感じますが、エリカを忘れることができるのでしょうか。
携帯のアルバムを開いてみると、古ぼけた写真から最近のエリカまで、彼女の人生を振り返ります。エリカの心に入り込むことはできませんでしたが、彼女にはもう俺は必要ないようです。そんな気持ちになりつつも、出会い系サイトで少しずつ距離を縮められそうな女性を探してみました。
43歳の秋名という女性に目が止まりました。写真は後ろ姿でしたが、普通の女性らしいと感じました。メールを送ると、すぐに返信があり、趣味や好きな食べ物、映画などで盛り上がりました。しかし、ポイントがなくなりそうで、秋名さんに伝えると、LINEでやりとりしませんかと言ってくれました。LINEのIDを教えると、早速秋名さんからLINEが来ました。少しだけやりとりを楽しんだ後、お休みのLINEを交わしてこの日は終わりました。
翌朝、LINEの通知音で目が覚め、秋名さんからのLINEに胸が熱くなりました。エリカやナオミとは違い、心あるLINEに感動しました。秋名さんとのやりとりにウキウキする気持ちで、仕事に向かいました。エリカが結婚してから、自分の周りの景色が色褪せていた気がしますが、ついに春がやってくるかもしれないと感じました。

>>Summarize<<
マサオさんが12月について振り返り、年を取ると時間の経過が早く感じること、エリカさんが東京に行ってしまったこと、そしてナオミさんとの関係について語ります。
Masao reflects on December, noting how time seems to pass quickly as one grows older, and discusses Erica's departure to Tokyo as well as his relationship with Naomi.

ナオミさんは年上の男性と付き合っていて、東京に数回遊びに行っている一方、マサオさんは行けていません。
Naomi is dating an older man and has been to Tokyo several times, while Masao hasn't been able to go.

出会い系サイトを通じて新たな可能性を模索するマサオさんの姿勢も描かれます。
Masao's attitude of exploring new possibilities through online dating sites is also depicted.

マサオさんはエリカのことを忘れることができるのか、出会い系サイトでの経験を通じて新しい展開を迎えるのか、自問自答します。
Masao questions whether he can forget about Erica and whether he will experience new developments through his experiences on dating sites.

ナオミさんから出会い系サイトのアドバイスを受け、異性とのコミュニケーションを始めますが、最初に受け取ったメールに戸惑いを覚えます。
Masao receives advice from Naomi about online dating sites and begins communicating with the opposite sex, but he feels confused by the first email he receives.

それでも、秋名という女性とのやりとりに希望を感じ、新たな出会いに期待を膨らませます。
Still, he feels hopeful about his interaction with a woman named Akina and is excited about the possibility of a new encounter.

文章を通じて、マサオさんの内面の葛藤や成長、そして新たな可能性に対する期待が描かれています。
Through the text, Masao's inner conflicts, growth, and expectations for new possibilities are depicted.

エリカの影響やナオミとの関係性、出会い系サイトでの経験が、彼の人生にどのような影響を与えるのか、興味深く読み進められます。
The influence of Erica, the relationship with Naomi, and the experiences on dating sites are intriguing aspects that readers follow closely to understand their impact on Masao's life.







The 34th work
こんにちは、マサオです。クリスマスの予定はもう決まりましたか?楽しいことを計画していますか?友達や家族と過ごすのはいいですね。クリスマス料理も楽しみですね。一人で過ごすのもいいですよ。自分にご褒美をあげる日にするのも素敵ですね。
さて、マサオさんのお話の続きですね。エリカさんを忘れようとして、新しい出会いを楽しんでいる様子が伝わってきますね。秋名さんとのやり取りも順調そうですね。しかし、LINEの既読がつかないと心配になりますよね。翌朝、秋名さんからLINEが来ました。彼女は早くから休んでいたそうです。体調が悪いのかもしれないので、無理をせずに休んでほしいとのことでした。その後、仕事に向かいました。エリカを忘れられたらいいなと思いながら、仕事を終えて家に帰ると、明菜さんにLINEをしましたが、既読になりませんでした。不安になったマサオさんは、自分の携帯が鳴ったのを見て驚きました。電話に出てみると、それは知らない番号でした。追突事故の男性かと思いましたが、実はエリカでした。
エリカは泣いていて、何かあったのか心配でした。しかし、エリカは何も言わず、電話を切ってしまいました。再度電話をかけても、着信拒否されてしまいました。マサオさんはエリカのことばかり考えるようになり、秋名さんに正直に話すべきか迷いましたが、心に忘れられない女性がいることを伝えることが失礼だと感じました。それでも、次の日の朝に秋名さんにLINEを送り、夜に話したいことがあることを伝えました。秋名さんは夕方以降は難しいと返事しましたが、昼休みに話すことにしました。
昼休みに秋名さんから電話がかかってきました。周りに人がいたので、トイレに駆け込んで話しました。マサオさんはエリカのこと、借金をしてしまったこと、そして結婚してしまい忘れようとしていることを全て正直に伝えました。
週末、俺たちは昔からある喫茶店で待ち合わせをしていました。俺はコーヒーを頼みながら、ドキドキしながら秋名さんを待っていました。秋名さんは約束の時間よりも1時間も早く着いていたそうで、そしてついに彼女がやってきました。初めて会う秋名さんは大人の女性で、黒髪に落ち着いたワンピースを着ていました。彼女は優しそうな雰囲気で、俺たちは挨拶から始めました。
明菜さんからの質問に答えながら、俺は彼女のことを知っていくうちに、彼女が結婚していることを知りました。俺は驚きましたが、それでも彼女を受け入れました。しかし、彼女は離婚したいと話し、子供たちと一緒に生活してくれる優しい人を探していたそうです。そして、俺と一緒になりたいと言ってきました。
しかし、俺は戸惑いました。なぜ俺なのかと。俺には派遣の仕事しかなく、借金もあるし、彼女の状況を受け入れる自信がありませんでした。彼女の口調がヒステリックになってきて、彼女は自分の状況を受け入れてくれる人はいないと言いました。彼女は妥協するしかないと思ったそうですが、俺は派遣でも真面目ならいいんですと伝えました。
マサオさんのお父さんが社長だって言ったけど、それは過去の話だし、実家がお金持ちってわけじゃないよ。でも秋名さんは、それにこだわらず、500万円もらってマサオさんと一緒になりたいって言ってきたんだ。でも、マサオさんはお金がないし、秋名さんが自分で問題を解決するしかないと思うんだ。帰りたい気分になったマサオさんは、店を出て、秋名さんからのLINEには返事を返したけど、それでも悔しくて眠れない日が続いていたんだ。
そして、ある日、ナオミからのLINEで、エリカが戻ってくるって言われた。
>>Summarize<<
マサオさんはクリスマスの予定を考えており、エリカさんを忘れようとして新しい出会いを楽しんでいます。
Masao is considering his Christmas plans and trying to enjoy new encounters in an attempt to forget about Erica.

秋名さんとのやり取りも進んでいたが、エリカからの電話があり、彼女の様子が気になりました。
The interaction with Akina was progressing, but Masao received a call from Erica, which made him concerned about her well-being.

エリカは泣いていて、何かあったのか心配でしたが、具体的な話はせずに電話を切ってしまいました。
Erica was crying, and Masao was worried that something had happened, but she hung up without giving any specific details.

再度の電話も着信拒否されてしまい、マサオさんは心を乱されました。
Masao's call was rejected again, leaving him feeling unsettled.

その後、秋名さんにはLINEで正直な気持ちを伝え、週末に会う約束をしました。
Afterwards, Masao expressed his honest feelings to Akina via LINE and made plans to meet up over the weekend.

週末、喫茶店で待ち合わせをしていたマサオさんは、秋名さんと初めて会いました。
Over the weekend, Masao, who had arranged to meet at a café, met Akina for the first time.

彼女は落ち着いた雰囲気の大人の女性で、挨拶から始めました。
She was a mature woman with a calm demeanor, and they began with greetings.

しかし、彼女が結婚していることを知り、驚きました。
However, when he learned that she was married, he was surprised.

彼女は離婚したいと話し、一緒に生活してくれる優しい人を探していると告げ、それがマサオさんであることを示唆しました。
She mentioned that she wanted a divorce and was looking for a kind person to live with, implying that Masao might be that person.

しかし、マサオさんは戸惑いを感じ、自身の経済状況や彼女の状況を受け入れる自信がないことを伝えました。
However, Masao felt perplexed and expressed his lack of confidence in accepting his own financial situation and her circumstances.

その後、マサオさんは店を出て、秋名さんとの関係に悩みましたが、エリカが戻ってくる可能性を示唆するナオミからのLINEにも動揺しました。
Afterward, Masao left the café and wrestled with his feelings about his relationship with Akina, but he also felt unsettled by a message from Naomi hinting at the possibility of Erica's return.







The 35th work
こんにちは、マサオでございます。新年明けましておめでとうございます。年末はどのように過ごしましたか?
私は部屋を大掃除したり、ちょっとしたリフォームなどをしていました。職場の先輩からなんとソファーをいただいたので、人生で初めてソファーを使っています。実家からは魚やお肉、ハムなども送られてきましたので、豪華に過ごすことができました。そちらの様子もまた日常編で公開したいと思います。
前回までのあらすじは、きっかけは出会い系だったが、毎日たあいのない会話をかわすようになったアキナさん。私の借金のことやエリカのことを受け入れてくれ、私は次第にアキナさんを好きになろうと思うようになった。そしてついにアキナさんと会うことができたのだが、まさかアキナさんはしていた。そして離婚したいからと、私に遺留分として500万用意してほしいと頼んできた。もちろん私にそんな大金はないから断ったのだが、そんな頃東京に行ったエリカが戻ってくるとの情報が私の日常はまた騒がしくなりそうだ。
数日経ったある日、朝から秋名さんからLINEが来ていた。「おはようございます。毎日辛い日々ですが、なんとか頑張ります。正尾さんしか頼る人がいません。来ていた旦那さんとお金を払っても離婚したいだけの理由があるんだろうとは思う。秋名さんの子供が犠牲にならないといいなぁと思う。でも私にはどうすることもできない。力にならなくてすみません。旦那さんのことで悩みがあったらどこかちゃんとしたところに相談してみてはどうですか。いい方向に向かうよう祈っています。」
そう返信すると、私は仕事に向かった。ここでちょっと私の収入について話していきたいと思う。今は派遣だが、長期での工場で働き始めていた私の給料は大体こんな感じだ。残業や休日出勤によっても違うし、時給なので盆休みや正月休みのある月は安くなる。手取りで16万から20万といったところだろうか。私は今まで飲み屋の女、エリカにはまって借金をし、さらにその借金を両親に返済してもらったのをいいことに、また借金をしてしまう。過去の私は日雇いや派遣で稼いだお金を、すべてエリカに使い、さらにその友達ナオミにもアシやメシとして使われていた。
仕事も長続きせず、家賃を滞納して、保証会社から実家に連絡が入ったことや、借金の返済が遅れて、そんな時も、実家に連絡が入っていた。車のローンも組めず、父ちゃんに代わりにローンを組んでもらっていた。そんなこともあり、俺は両親から信用は全くなく、今の派遣会社に入ってからの給料は全部父ちゃんが持っている通帳に入るようになっている。そして父ちゃんがそこから借金の返済を立替えてもらっている車のローンを支払ってくれている。そこから俺は毎月8万円を生活費としてもらっている。そこから家賃28000円、通信費8000円、電気8000円、水道5000円、猫10000円、灯油4000円、ガソリン8000円を払い、残りの9000円が食費と雑費だ。その他、仕事が終わった後、物流倉庫でバイトしたりして、足らない分を補填している。エリカが東京に行ってから、ずっとこんな感じだが、なんとか暮らせている。もちろん、秋名さんとお付き合いすることになればデート代金などはバイトで稼ごうと思っていたが、500万なんてとても用意できる状況ではないのだ。
俺は秋名さんからお金を用立ててほしいと連絡が来るたび、苦しくなっていた。お昼の休憩に携帯を見たらLINEが来ていた。500万なんて無理ですよね。あの、とりあえず1万円なんとかしてもらえませんか。旦那に離婚の話をしてから生活費ももらえなくなって、子供にご飯を食べさせられないんです。なんとかお願いします。1万円か、今の俺に余裕はないが、バイトの給料からならなんとかいかんいかん。自分ではまともな判断ができない俺は、弁当を食べ終わるとナオミに電話して事情を話してみた。帰ってきた答えは、ブーヤンばっかじゃないの、その女変だよ。退金は無理だから払えそうな金額だったらもらえると思って。そもそも本当に離婚する気あんの?結婚すらしてるかも怪しいじゃん。ブーヤンてば相変わらず、エリカが戻ってきたらまたうちらにお金いるんだから、その女早めに切った方がいいよ、ということだった。エリカならまだし、もうちらはとは?ナオミもアキナさんと変わらないじゃんと思ったが、それを言わなかった。騙されてるのかな?でも本当に困っていたら?ご飯が食べられないのは子供がかわいそうだ。俺は1万だけと決めて明菜さんに会うことにした。
仕事が終わると、明菜さんに指定されたショッピングモールの駐車場に向かった。明菜さんと会うと、俺は封筒に入れた1万円を渡した。「俺もお金ないのでもうこれだけしかあげられないですが、ご飯だけはちゃんと食べてください。これからは困ったことがあればちゃんとしたところに相談してくださいね。もうできないからありがとうございます。マサオさんはやっぱり優しいですね。そんなところが次だと思います。また連絡しますね。」これで秋名さんと子供たちがお腹いっぱい食べられたらいいなと思った。しかしそれで終わらなかった。2時間後、秋名さんからまたお金の催促が来ていたのだ。「1万円助かりました。もらったばかりでまたこんな話大変心苦しいのですが、あと1万円3日後によだててもらえませんか。旦那が帰ってこなくて電気と水道が止まっています。」俺は相談に乗ってくれたナオミには1万円だけ渡したことすぐにまたお金をよだててほしいと頼まれたことをLINEしたらこっぴどく怒られた。
まさかナオミに怒られる日が来るなんて。そしてその夜、電話が鳴った。この番号、エリカだ。「もしもし、エリカ元気?おい、あんた、ナオミに聞いたよ。何やってんのよ?」エリカからも怒られた。「あ、あのね、事情があってさ。なんか旦那さんが酷いらしくて、ご飯も食べられないって。あんたのことだもんね、それ信じたんだばっかじゃないの?でもさ、嘘って証拠もないから可哀想になって。ふーんなら証拠を集めるまでよ。証拠なんて無理だよ。大丈夫ってそこんとこナオミと話し合ってるから。化けの皮を剥がしてやりましょう。」
なんかエリカ楽しそうだったな。それはそうと、エリカ戻ってくるって聞いたよ。いつ頃なの?8月には戻るって。旦那さんとうん転勤になったから、3年くらいでまた東京に戻るんだけどね。もうすぐだね。俺、楽しみにしてるから、あんたの彼女探し手伝ってやるよ。見る目ないからね。エリカは笑ってたけど、俺は彼女ができることはないとは分かってた。やっぱりずっと入り方だけしか見えない。もうずっと片思いでいいや。電話を切ると、ナオミからLINEが来てた。まずアキナにLINEを返して、お金をあと1万円用意するって返事して、それから待ち合わせはショッピングモールで、駐車場もこっちが指定してね。ナオミがそこで待ってるから、アキナが来たらお金を渡して、ナオミがアキナの車を移行するからさ。家さえ作れあとは家を張り込みね。OK?そんなんで大丈夫かな?そんなことより、俺、あと1万円持ってないよ。大丈夫、エリカからお金預かってるよ。アキナの嘘がわかったら返してもらわないとね。
ブーヤン、頑張ろう。ナオミもやけに楽しそう。俺は言われた通り、アキナさんにあと1万円渡すとLINEをして、ショッピングモール緑の5番の駐車場に来てと伝えた。当日、俺は明菜さんとの待ち合わせの1時間前にショッピングモールに着いた。直美と打ち合わせてたから、直美から1万円を受け取ると軽く打ち合わせをして、俺たちはお互いの車で明菜さんが来るのを待った。時間ぴったり、明菜さんが登場した。「マサオさん、ごめんなさいね。助かります。」今日の明菜さんはやけにおしゃれしてた。俺のために化粧もバッチリだった。「いえ、あとはお金ないから、これっきりにしてください。できたらいいんですけど、今日は急ぐので帰りますね。」明菜さんは俺から1万円を奪い取るようにして車に乗り込んだ。直美はしっかり明菜さんから目を離さず、待機してる明菜さんの車が発進した。赤っぽいフィットなので尾行しやすい。後を追うように、直美が発進した黒のライフなので、尾行がバレにくいだろう。2人の車はショッピングモールを出て見えなくなった。どうなるんだろう、ちょっとドキドキしてた。
>>Summarize<<
マサオです、新年明けましておめでとうございます。
Masao here, Happy New Year!

私は年末、部屋の大掃除やリフォームをしていました。
I was cleaning my room and doing some renovations at the end of the year.

先輩からソファーをいただいたので、初めてソファーを使いました。
I received a sofa from my senior, so I used a sofa for the first time.

実家からは魚やお肉、ハムも送られてきて、豪華な年末を過ごせました。
From my parents' home, I received fish, meat, and ham, so I was able to have a luxurious New Year's.

前回までのあらすじでは、出会い系アプリをきっかけにして毎日アキナさんとの会話に頼っていたこと、アキナさんに借金やエリカのことを打ち明け、次第にアキナさんに惹かれていったこと、そしてアキナさんと実際に会ったが、アキナさんが私を騙していたことがわかりました。
In the previous summary, it was revealed that I had been relying on daily conversations with Akina-san, initiated through a dating app. I gradually confided in Akina-san about my debt and Erica, and started to develop feelings for her. However, when I finally met Akina-san in person, I discovered that she had deceived me.

そして、アキナさんは離婚を希望しており、500万円の遺留分を要求してきました。
And then, Akina-san expressed a desire for divorce and requested a 5 million yen inheritance.

しかし私にはそのような大金はなく、断りました。
However, I did not have such a large sum of money and declined.

その後、東京にいるエリカが戻ってくるという情報があり、私の日常はさらに騒がしくなりそうです。
Afterward, there was information that Erica, who is in Tokyo, would return, which seems to make my daily life even more tumultuous.

数日後、秋名さんからのLINEで、彼女が困っていることを知りました。
A few days later, I learned from a text message from Akina-san that she was in trouble.

彼女は旦那との関係が悪化し、離婚したいと思っているが、生活費がなく、子供たちにも食事ができない状況でした。
She was in a situation where her relationship with her husband had deteriorated, and she wanted a divorce, but she didn't have enough money for living expenses, and her children couldn't afford to eat.

彼女は私に1万円の支援を求めましたが、私は自分の収入が限られていることから、苦しい決断を迫られました。
She asked me for 10,000 yen in support, but I was faced with a difficult decision as my income was limited.

また、ナオミにも同様の支援を求められましたが、彼女からは怒りの反応がありました。
I was also asked for similar support by Naomi, but she reacted with anger.

その後、エリカから電話があり、彼女もまた私に対して怒りを表しました。
Later, I received a call from Erica, who also expressed anger towards me.

彼女は私の信頼を裏切られたと感じているようでした。
She seemed to feel that I had betrayed her trust.

しかし、彼女もまた困っている様子でした。
However, she also appeared to be in distress.

私は葛藤しながらも、秋名さんに1万円の支援をしました。
Despite my inner conflict, I provided 10,000 yen in support to Akina.

仕事が終わると、明菜さんとの待ち合わせ場所に向かい、彼女に1万円を渡しました。
After work, I headed to the meeting place with Akina and handed her 10,000 yen.

その後、彼女との車でのやりとりを経て、心配ながらも彼女たちが無事に去っていく様子を見送りました。
Afterward, following the exchange in the car with her, I watched them leave, feeling anxious but relieved that they departed safely.











The 36th work
こんにちは、マサオです。最近、俺の住む町は暖かいんだ。1月だけど、まるで4月上旬みたいな陽気だ。春が待ち遠しいね。新しいことの始まりや、桜が街を彩る季節でもある。マサオの部屋へようこそ。
前回、アキナさんから500万円を貸してほしいと言われたけど、断ったら食費がないからと1万でいいからと言われ、それを彬奈さんに渡してしまった。それを知ったエリカとナオミからは怒られた。そして、彬奈さんが本当に困っているのか証拠を掴もうと言い出したナオミが、彬奈さんの車を尾行する計画を立てた。
俺はお金を用意するからと言い、彬奈さんを呼び出した。そして待ち合わせ場所に明菜さんが現れた。俺から1万円を受け取った明菜さんの車を、ナオミが追いかけた。俺の心は複雑だった。また女の人に騙されたのか?と思うと悲しかったが、明菜さんの言うことが本当だった場合、俺はまた明菜さんにお金を渡してしまうかもしれない。明菜さんがいつも口にする子供のことが気がかりだったからだ。本当にご飯も食べられなくて、電気も止まっているところに子供が住んでいたら、そう思うと秋名さんのことが嘘であってほしい。そう思うようになっていた。
ショッピングモールの駐車場でナオミからの連絡を待っていた。今日は家を突き止めるだけだから帰ってていいよと言われたが、なんだか気になって家でゆっくりする気にもなれなかった。1時間ほど経っただろうか。ナオミから電話がかかってきた。
「ナオミ、どうしたんだ?」
「キャハハハ、ヒヒヒ、おかしいよ。」
ナオミは笑いが止まらないようだった。俺は少し落ち着くのを待って再度聞いてみた。
「ナオミ、何があったんだ?」
「秋名さやばいって。」
「うん、わかった。何があったの?教えてよ。ごめん。」
「えっとねえ...」
ナオミの話はこうだった。
秋名さんの車を追っていくと、パチンコ屋に着きました。ナオミもよく行く場所だったので、すぐに分かりました。秋名さんはパチンコをしに店内に入り、ナオミも後を追いました。店内で秋名さんが台を選ぶ様子を見ていると、急に誰かを見つけたようにして、その人の隣に座りました。男性に1万円を渡す姿を見て、驚きました。男性は若く、20代のようでした。アキナさんとは違う人でした。二人は一緒に店を出て行きました。追いかけようかと思いましたが、結局やめました。アキナさんが本当に困っているか確かめたかっただけでした。
エリカとナオミのアドバイスがなかったら、またお金を渡していたかもしれません。ナオミは俺を心配して、アキナさんを呼び出してお金を取り返してくれると言ってくれました。でも、もういいや、と思いました。エリカが立て替えてくれたお金は返すし、もうアキナさんとは会いたくないです。ナオミに感謝して、家に戻りました。夜は眠れず、悲しみと怒りが交錯しました。朝になり、秋名さんからLINEが来ました。
マサオさん、おはようございます。マサオさんのおかげで電気代も払えて、子供たちも喜んでいます。次回の生活費はいつもらえますか?また食費が足りなくなりそうです。
「はぁ?なんで俺があんたの生活費を用意しないといけないの?しかも生活費でもないじゃん。若い男に渡してたじゃん。」
頭に血が昇り、秋名さんに電話して文句を言おうと思ったけど、もういいやと思ってLINEで返信しました。彼女に俺のお金を使われるのは納得できないので、連絡してこないでくださいと伝えました。既読になったけど、それ以上の返信はありませんでした。秋名さんをブロックしました。
やっぱり俺に彼女ができる日なんて来ないんだろ。俺にはエリカがいるし、無理して彼女を作る必要もないよな。今まで通りでいいや。
ほどなくして、エリカが東京から帰ってきました。旦那さんの転勤で3年しかいられないそうですが、それでも俺にとっては貴重な時間になるに違いありません。
俺とエリカとナオミは久しぶりに集まろうとしていました。この日は俺がバイトを入れて食事代を貯めていた休みの日で、なじみの居酒屋さんで待ち合わせました。エリカは旦那さんが車で送ってくれると言っていましたが、俺は徒歩で店に向かいました。
エリカの旦那さんを見るのはなんだか複雑な気分でしたが、ありのままのエリカを知りたかったので、この日をドキドキして迎えました。
久しぶりに会ったエリカとナオミは終始はしゃぎっぱなしだったので、俺も二人の楽しそうな姿に心から笑いました。この時間がずっと続けばいいのにと心から思いましたが、現実はそうもいかないことを知っています。
>>Summarize<<
マサオは最近、暖かい日が続く町で、春の到来を待ち望んでいた。
Masao had been eagerly awaiting the arrival of spring in his town, where warm days had been prevailing recently.

前回、アキナからの借金の申し出を断ったが、食費が足りないと言われ、彬奈に渡した。
I refused the loan offer from Akina last time, but when she said she didn't have enough money for food, I ended up giving it to Akina.

その後、ナオミは彬奈の状況を確かめるために彼女の車を尾行した。
Afterward, Naomi followed her car to check on Akina's situation.

明菜が現れ、1万円を受け取り、ナオミが彼女を追跡した。
Akina appeared, took the 10,000 yen, and Naomi pursued her.

しかし、アキナは別の男性に1万円を渡していた。
However, Akina was handing the 10,000 yen to a different man.

エリカとナオミの助言がなかったら、またお金を渡していたかもしれない。
If it hadn't been for the advice of Erica and Naomi, I might have ended up giving her money again.

ナオミはアキナを呼び出してお金を取り戻すことを提案し、マサオは秋名をブロックした。
Naomi suggested calling Akina to get the money back, and Masao blocked Akina.

エリカが3年ぶりに帰ってきて、マサオとナオミとの再会を計画していた。
Erica returned after three years and was planning a reunion with Masao and Naomi.

待ち合わせの居酒屋に向かう途中、マサオは秋名の行動について考えた。
On his way to the appointed izakaya, Masao pondered about Akina's actions.

居酒屋でエリカとナオミと再会し、楽しい時間を過ごしたが、現実はそう簡単には変わらないことを理解していた。
Masao reunited with Erica and Naomi at the izakaya, enjoying a good time, but he understood that reality wouldn't change so easily.








The 37th work
こんにちは、マサオです。最近あった出来事を話そうと思います。
仕事の合間に撮影のためにスマホを2台持ち歩いているんです。ある日、着替えるシーンの撮影のためにジャンパーのポケットからスマホを取り出そうとしたら、なんとモバイルバッテリーと電気のリモコンが出てきたんです。何が起きたのか、自分でもわからないくらいでした。スマホを探しても見つからず、まさか間違えたのかと不安になりました。モバイルバッテリーは形も厚みもスマホに似ているので、混同したのかもしれません。ポケットから電気のリモコンを取り出しているところを、職場の同僚に見られて、不思議がられました。
そして、職場での出来事があった後、エリカとナオミと一緒に居酒屋で飲み会をすることになりました。久しぶりの再会で、日常の懐かしさを感じました。エリカとナオミはアキナさんのことで話が盛り上がり、私はその場に居づらく感じました。そんなにアキナさんのことを話題にする必要があるかと思いつつ、話題を変えようとしました。
エリカに「最近どう?」と尋ねると、彼女は旦那との関係がうまくいっていないようで、泣いているようでした。そして、ナオミについて聞くと、彼女はまだそのおじいさんと付き合っているようで、それがちょっと面倒だと嘆いていました。そのおじいさんは30歳以上も年上で、大人げないと感じることがあるそうです。
ナオミはお金をもらっているから、その男性と会っていた。この事実を受け入れてほしかった。しかし、ナオミは他の男性と会った場合は怒ると言っておきながら、そのことを受け入れることができなかった。そういうナオミとの将来を考えると、エリカとナオミの意見に納得せざるを得ない。彼女たちは、ナオミが他の人を見つけることを見守るべきだというのだ。この話には理解が及ばないが、好きな人が他の人と一緒にいることに嫉妬する感情もある。
居酒屋での飲み会が終わり、日常が楽しく感じられるようになった。お金を貯めて、再びエリカと食事に行こうと思った。数日後、エリカとナオミからファミレスに呼ばれた。彼女たちは既に酔っており、ブーヤンという言葉を連呼していた。エリカは就職を決めたと言い、ナオミの面倒も見ることにした。しかし、ナオミは派遣やバイトを長続きさせないことで心配をかけている。エリカは髪を切りに行く予定で、そのお金がないことを言い出すが、エリカは自分で切ってあげると言った。そして、公園に車で向かった際、不意にゴミ袋をかぶされた。
エリカとナオミは俺の髪を切るためにハサミを取り出し、不気味な声を出しながら切り始めた。ナオミは怖がるが、エリカは段をつけることが流行っていると言い、終わった後、髪型を確認すると意外にも気に入った。家に帰ると後ろを確認し、髪がガタガタであることに愕然とするが、修正するお金もない。また、壊れたメガネも買い直せないため、白いテープで修正を試みる。
次の日、同僚に「個性的でおしゃれ」と言われるが、笑顔が偽りだと感じる。その後、エリカとナオミをバイト先の物流倉庫に連れて行き、俺もそこで面接を受けて採用された。これで再びエリカと会えることに喜ぶ。エリカは安全靴が必要だと言い出し、それを買ってあげたが、ナオミも同じようにねだられる。職場で楽しそうに連絡先を教えたりしていたエリカを見て、俺は彼女の気持ちを考えるが、友達以上の関係にはなれないのかと悩む。
>>Summarize<<
マサオさんは仕事の合間に撮影のためにスマホを2台持ち歩いています。
Masao carries two smartphones with him for filming between work.

ある日、ジャンパーのポケットからスマホを取り出そうとしたら、モバイルバッテリーと電気のリモコンが出てきました。
One day, when trying to take out his smartphone from his jacket pocket, a mobile battery and an electric remote control came out.

スマホを探しても見つからず、混同したのか不安になりました。
He couldn't find his smartphone, which made him anxious if he had mistaken it for something else.

その後、居酒屋でエリカとナオミと飲み会をしました。
Afterward, Masao had a drinking party with Erica and Naomi at an izakaya.

エリカは旦那との関係がうまくいっていないようで、ナオミは年上の男性と付き合っていると嘆いています。
Erica seems to be having trouble with her husband, while Naomi is lamenting that she is dating an older man.

ナオミは他の男性と会っていたため、自分たちの意見に納得できないマサオさんに対して、エリカとナオミはナオミの気持ちを見守るように促します。
Naomi, having met with another man, Erica and Naomi encourage Masao to understand Naomi's feelings by watching over her.

その後、ファミレスに呼ばれた際、エリカとナオミがマサオさんの髪を切り始め、酔っている中でナオミにゴミ袋をかぶされました。
Later, when invited to a family restaurant, Erica and Naomi started cutting Masao's hair, and Naomi put a garbage bag over him while intoxicated.

翌日、マサオさんは髪とメガネの修正に苦労しましたが、仕事では同僚から「個性的でおしゃれ」と言われるも、笑顔の裏に何かを感じます。
The next day, Masao struggled to fix his hair and glasses, but at work, despite being called "unique and stylish" by his colleagues, he sensed something behind their smiles.

その後、物流倉庫で働くことになり、エリカと再び会えることに喜びを感じます。
Afterwards, he started working at a logistics warehouse, feeling joy at the prospect of meeting Erica again.

エリカは安全靴が必要と言い出し、マサオさんが買ってあげますが、ナオミも同じように頼んできます。
Erica insisted on needing safety shoes, and Masao bought them for her, but Naomi also asked for the same thing.

マサオさんは友達以上の関係になれないのかと悩みつつも、エリカとナオミとの日々を楽しみます。
While wondering if he couldn't become more than friends with Erica and Naomi, Masao enjoys his days with them.










The 38th work
こんにちは、マサオです。前回の話、看板のときに、俺の家の水道管が破裂したんです。2階の水道は出しっぱなしにしておいたのですが、ショックでした。しかも、破裂した水道管は壁の中で、修理が終わるまで水も使えず大変でした。さて、お話の続きをしていきましょう。
東京からエリカが帰ってきて、俺とエリカとナオミの懐かしい日々が戻ってきた。俺たち3人は昔のように集まったり、同じバイト先で働いたり楽しく過ごしていました。今日は3人で物流倉庫でのバイトの日で、2週間が経ったけれど、珍しくナオミも続いています。今までは1週間も仕事が続かなかったナオミなので、俺は心配だったのですが、今回は違うようです。
ナオミが辞めたらエリカも辞めてしまう恐れがあるので、俺は必死にナオミの機嫌を取っていました。私たちが働いているのは、あるドラッグストア向けの商品を店舗ごとに箱詰めする仕事です。軽いものもあるがもちろん重たいものもあり、これはナオミが仕事が嫌いにならないよう荷物を持ってあげたり、忙しくなるとナオミの仕事を手伝ったりしていました。
ナオミが仕事が続いているのにはもちろん理由があります。バイトを取りまとめるリーダーの小金丸さんを狙っているのです。シフトのなどは小金丸さんにラインで提出することになっており、ラインを交換したナオミは仕事以外でも小金丸さんにラインをしているようです。しかし、ナオミはフラれたらバイトを辞めてしまうのではないかと思うと、俺は心の中で『小金丸さんにナオミに優しくしてください、お願いします』といつも思っていました。
「このバイトはとてもきつく、一日中走り回っているようなものなので、辞める人が多かった。なので、やめてほしくないからか、俺の心配を急に…」
「小金丸さんは、直美ともそれなりにうまくやっているようだった。俺はエリカの働く姿を見られるだけで幸せだった。」
「あまりにもこれって、どこに持っていけばいいの?あの搬入口のところだよ。わかった、ありがとう。」
「このバイト歴は、俺の方が長い。エリカに頼られる日が来るなんて、天にも昇る気持ちとはまさに楽しくて、給料ももらえるなんて、バイトって最高じゃん。俺の人生、ここら辺がピークだったかもしれない。」
「とにかく、毎日が楽しかった。しかし、その楽しい雰囲気は徐々に変わり、不穏な空気が流れ始めていた。直美は、とにかく後先を考えずに言葉を発する、周りの空気が読めないのだ。いつもそれをエリカが助けていた。」
「今回はエリカが近くにいないときに、それをそう、ナオミさん…」
「歯ブラシの数が合ってなかったです。1本足りなかったですよ。俺たちは店舗ごとに、その店舗が必要としている数を箱に詰めないといけない。歯ブラシが5本なら、きっちり5本。洗剤が10個なら、きっちり10個。間違いは許されない。特に足らないのは大問題だなので、俺たちは箱詰めした商品をさらに数が合っているのか、箱から出して数える仕事をしています。そして、合っていたらようやくすることができるのです。」
「直美はこの検品でよく引っかかっていた。直美さん、昨日もでしたよね。『ちゃんと仕事してください』はぁ。知らんし、直美じゃないもん。ちゃんと箱にあなたのサインがあります。ブーヤンに手伝ってもらったし、絶対ブーヤンだよ。」
「突然、俺に振られて、俺はびっくりしていました。『えっ、俺、直美はさ、ちゃんと数えたら合ってたんだから、間違ってないから、ブーヤン、ちゃんとしてよね』」
「俺は重たいもの、箱入りの飲料水なんかを手伝ったけど、歯ブラシは俺は手伝ってないよ。ここで、そういうべきか悩んだが、ナオミが泣きそうな顔になっていたので、カバーごとにした。」
「すみません、俺かもしれないです。以後気をつけます。誰がしているかわかるように、箱ごとにサインする決まりになってます。勝手に持ち歯以外の手伝いはしないでください。」
「はい、わかりました。その場は丸く収まったかなと思ったが、甘かった。」
「なに、あのワハンガツク、ナオミの声がそこら中に響き渡った。その場の空気が凍りつく音が聞こえた気がした。周りがざわついた。」
「『なになに、どうしたの?なに、あの子、もう帰る』、ナオミは顔を真っ赤にしながら仕事場から出て行った。」
「『え、ナオミ、ちょっと待ってよ。俺は慌ててナオミを追いかけて、帰る。って、俺の車で来てるよね。車で30分かかるんだよ。歩いて帰るの、ナアミ。』、ナオミは俺の車の前にいた。」
「『ブーヤン、鍵貸して。終わるまで待ってる。戻らないの、このままやめないよね。』、知らない俺は車のキーを渡すと、仕事場に戻った。何も知らないエリカは、ナアミの姿を探しているようだった。」
「『ナアミ、知らない?なんか変な感じ、みんなこっちをジロジロ見てんだけど』、俺はエリカはナオミのパートナーだ。みんな知っている、俺は事情をエリカに話すと、エリカはため息をついた。『またかい、いつもなんでこうなるんだろうね。今回はお気に入りの黄金丸さんもいるし、大丈夫かと思ったんだけどな』」
「俺たちは急いで仕事を終わらせると、車に戻った。ナオミは俺の車でエンジンをかけて、音楽を聴いていた。」
「『ナオミ、どうしちゃったの、大丈夫?』、エリカ、あのおばはん、ひどいんだよ。」
「ナオミね、一生懸命頑張ってるのに、わかってるって、ナオミは頑張ってるよ、知ってるから。」
「明日からまた頑張ろう、考える。お腹すいたから、ファミリーレストラン寄りたい。」
「俺たちは仕事場を出て帰り道にあるファミリーレストランに寄った。いつものごとく、二人は生ビールからのスタートだ。労働の後のビールは最高なんて言ってるけど、選手の俺はいつも飲めないんだよ。わかってる、エリカとナオミは、ビールにフライドポテト、唐揚げなんかを頼んでいた。ナオミの機嫌も治ったようだった。」
「すると、エリカがこんなことを言い出した。」
「『コガネマルさんにLINEしてみたら、こういう…』」
「『辛いことがあったって、うん、そうだね。あの馬藩の文句、言ってやる』、何やら、二人は楽しげにLINEの文章を考えていた。」
「俺に見せてくれた内容がこうだ。」
「ごめんなさい、あるパートさんに文句を言われてしまい、傷ついて泣いてしまったので、その場を離れました。明日からまた頑張ります。よかったら、今度ご飯に行きませんか?」
「ナオミは以前、あった100キロという体重を73キロまで落としていたし、何より顔は抜群に可愛い。こっちゃり好きや年配の男性からはかなりモテモテの存在だった。しかし、リーダーという立場だ、誘いに乗るだろうか。」
「返事は思ったよりも早く来た。『ナオミちゃん、心配したよ。俺はナオミちゃん、やめて欲しくないよ。明日仕事が終わったら焼肉に行こうか、もちろんご馳走しますよ』」
「『キャー、返事来た、焼肉行こうって、キャー、ドキドキの展開じゃん』、俺は嘘でしょと思ったけど、確かに小金丸さんから来たLINEは本物だった。」
「密かに俺も、明日小金丸さんとナオミが仕事中にどんな態度で過ごすのか楽しみになった。まだ食べている途中での出来事だった。」
「『やば、帰らないと怒ってるっぽい。仕事終わってご飯してるだけじゃねえ、エリカの旦那って、いつも面倒くさいよね。うん、でも、切れたら大変だからさ、帰ろう』、俺は気になったけど、それ以上のことは聞けなかった。」
「また明日のバイトでエリカに会えるし、この時の俺はまだ深く考えていなかった。」

>>Summarize<<
マサオさんの物語は、前回の水道管の破裂から始まりました。
Masao's story began with the bursting of the water pipe last time.

ショックな出来事でしたが、修理が終わるまで大変でした。
It was a shocking event, but it was tough until the repairs were completed.

その後、東京からエリカが帰ってきて、マサオ、エリカ、ナオミの3人は再び楽しい日々を過ごしていました。
After that, Erica returned from Tokyo, and Masao, Erica, and Naomi spent happy days together again.

特に、物流倉庫でのバイトの日々は、3人が昔のように集まったり、楽しく働いたりしていました。
In particular, the days of working at the logistics warehouse were spent with the three of them gathering and working joyfully, much like they used to in the past.

ナオミが仕事を続けることになったのは珍しいことで、マサオは彼女の機嫌を取るのに必死でした。
It was unusual for Naomi to continue working, so Masao was desperate to keep her in good spirits.

ナオミが辞めたらエリカも辞めてしまう恐れがあり、マサオは心配でした。
Masao was worried that if Naomi quit, Erica might also quit.

そして、ナオミがバイトを続ける理由は、小金丸さんを狙っているからでした。
And the reason Naomi continued the part-time job was because she was aiming for Mr. Kogane-maru.

シフトの交換などをきっかけに、ナオミは小金丸さんにアプローチしていました。
Naomi was approaching Mr. Kogane-maru, particularly through shifts exchanges and such.

しかし、直美との問題が起こりました。
However, there was an issue with Naomi.

歯ブラシの数が合わなかったことで、直美は怒り出し、場の空気が凍りつくような状況になりました。
Due to the discrepancy in the number of toothbrushes, Naomi became angry, and the atmosphere became tense.

マサオはナオミを守ろうとしましたが、直美との問題は解決しませんでした。
Masao tried to defend Naomi, but the issue with Naomi and Naomi was not resolved.

それでも、明日のバイトでエリカに会えることを楽しみにしていたマサオでした。
Still, Masao was looking forward to seeing Erika at work the next day.

ナオミからのLINEによる返信があり、焼肉に誘う内容でした。
There was a reply from Naomi via LINE, inviting to have barbecue.

それに加えて、エリカが小金丸さんに文句を言おうとしていることが分かりました。
In addition, it became apparent that Erica was planning to complain to Mr. Kogane about something.

この出来事により、マサオの気持ちは複雑になりましたが、彼はまだ深く考えていませんでした。
This event left Masao with mixed feelings, but he hadn't thought deeply about it yet.







The 39th work
こんにちは、マサオでございます。 前回、バイト先のパートさんと喧嘩したナオミナオミは、 バイト先のリーダー小金丸さんにLINEをし、 食事の約束を取り付けた。 一方、エリカは食事の途中だったが、 旦那さんが怒っているからと帰ると言い出した。
さて、お話の続きをしていきましょう。 マサオの部屋へようこそ。俺たちはファミレスを出た。 いつもナオミは自宅まで送り迎えしてきたが、 エリカは近所のコンビニまで迎えに行き、 帰りもそのコンビニで降ろしていた。 結婚もしているし、近所の目もあるから仕方ないかもしれない。 でもなんだか寂しかった。
翌日、今日もバイトの日だ。 バイトが終わって、 本当にナオミと小金丸さんは焼肉に行くのだろうか? エリカとナオミを拾ってバイト先に向かった話はもちろん、 今日のデートの話題だねえ。
ナオミ「今日楽しみだね。」 小金丸さん「ナオミに誘われて、昨日からドキドキしてるんじゃない?うん、楽しみ。絶対に落としてやるんだ。金を味方につけとけばうちらも働きやすくなるしね。」
ナオミ「そうだ、ブーヤン着替え持ってきてるから、車に乗せといていいよね。」 エリカ「仕事終わったら着替えるからさ。」 ナオミ「うん、それはいいんだけど、わざわざ着替えるの?」
エリカ「そもそもナオミって、そんな理由で小金丸さんに近づいてんの?好きって気持ちあるの?」 ナオミ「うん、結構タイプだし。」 エリカ「結構タイプって、好きってことなんだろうか。俺にはよくわからない。」
マサオ「まあ、今まで派遣やバイト先では必ずと言っているほど、その男性社員と飲みに行ったり、いい仲になったりしていたし、毎度のことだ。何人だろうか、何十人だろうか。俺はナオミとそういう関係にあった男たちを見てきたのだ。ナオミって本当に人を好きになったことあるのかな。俺はずっと疑問だったけれど、そんなこと言えるはずもなく、毎度ナオミの恋の応援や協力はしてきた。出会い系で男と会うときはボディガードだってやってきたのだ。今回の小金丸さんは独身みたいだし、うまくいくといいな。そろそろナオミにも落ち着いてほしい。」
バイト先に到着した。 出勤したら、まず出勤表に時刻と名前を記入する。 そして今日の自分の持ち場を確認して仕事に入る。 そこにはいつもコカネマルさんがいた。 コカネマル「リーダー、おはようございます。」 マサオ「おはようございます。」 コカネマル「今日もよろしくお願いします。」 マサオ「おはよう、がね。」
あれ、コカネマルさん緊張している? 俺たちにおはようを返しているが、 ナオミの顔を全然見ない。 意識してるのか、片思い歴の長い俺には、 恋する男の気持ちが手に取るように分かるのだ。
ナオミはいつも男性に甘えるのが上手で、自分が飽きたらどうでもよくなることもよくあった。今日は私たち3人とも同じBレーンに配置されていた。普段は別々になることが多いのに、友達同士だから話しているのかな、と思ったが、珍しいことだった。みんなで一緒にいるのは初めてかもしれない。でもナオミと一緒で嬉しかった。マサオも一緒にいくように言ってくれたし、私はエリカと一緒で嬉しかった。もちろん、口には出さなかったけど、私とエリカとナオミはBレーンに並んで荷物を詰めていた。
仕事中にはおしゃべりは控えなければならないけど、エリカとナオミは話が止まらないようだった。もしかして、昨日言ってたこと、本当に黄金丸さんに頼んだのかな。当たり前のことだけど、これで仕事が楽しくなるし、何を頼んだのか気になるな。
私は手を動かしながらも、二人の会話に耳を傾けていた。やっぱりそうなのかな。ナオミハートさんにいじめられてるから、エリカとマサオと同じ持ち場にしてほしいって言っただけだよ。それを聞いてくれるなんて、黄金丸さん、ナオミに気があるんじゃないかな。そう思って、黄金丸さんはナオミに心を奪われたんだと確信した。
楽しそうに話しているエリカとナオミを見つめている女性がいた。以前にも注意されたことがあるパートAだった。そして、その周りのパートさんたちもこちらをにらんでいた。何か言っているようだった。誰かさんが色仕掛けで持ち場を変えてもらったみたいだね。あの子ちょっと変なのかな。でも、リーダーも悪いんだよね。Aさんが一番長くやってきたのに、それもそのはずだ。
このレーンは比較的楽な持ち場で、冬でも搬入口から離れていて、雨もあまり降らないし、寒くもない。今までは長年勤めていたパートさんが担当していたのに、エリカとナオミは気にもしていない様子だった。
休憩時間になったので、私たちは休憩室に向かった。小金丸さんもそこでコーラを飲んで休憩していた。お疲れ様、ナオミちゃん。仕事は順調かな?うん、ガネのおかげで楽しくやってる。今夜も楽しみだね。でも、パートさんには行っちゃだめだからね。2人の会話、聞こえてますよって、休憩室にいたパートさんたちが言っていた。
ナオミの行動力、すごいよね。うん、本当にそうだね。このバイト先が気に入っていたし、シフトも自由だから重宝していた。ナオミの恋がうまくいくのかな、いいなと思うけど、問題を起こして首になるのも嫌だなと思った。
休憩の後、夜の10時頃には荷物がなくなり、バイトは終わった。私たちは退勤票を記入して、すぐに帰れるが、リーダーはまだ仕事がある。
その間に、ナオミは俺の車で持参した服に着替えていた。バイト中はジーンズにパーカーみたいな格好なんだけど、俺はそういうラフな格好も可愛いなと思っていた。ナオミは白いニットに水玉のふわっとしたミニスカートに着替えていた。ストッキングを履いて茶色のブーツを履いていた。やば、ナオミ可愛すぎ。この前、ね、アウトレットで買ってもらったの。これ、まあまあ高いブランドだよね。未だに誰かに見つかせているのか。東京に行く時にお金をくれた初老の人だろうか。別れたとか言ってたけど、まだ続いてたのかな。どうでもいいけど。
しばらくして、他の丸リーダーが出てきた。ナオミはリーダーの車の助手席に乗り込んだ。車は倉庫の駐車場を出て行った。今宵、彼らはどんな夜を過ごすのだろう。
なんだかドキドキした。さて、うちらも帰ろうか。うん、エリカ、帰ろう。今日はナオミがいないから、エリカと二人きりだ。送り届けるまでの30分、夜のドライブだ。
何を話そう。あ、のさ、エリカ、お腹空かない?なんか食べて帰る。俺おごるからさ。うーん、お腹は空いたけど、今日はまっすぐ帰るよ。あ、うん、そうだね。旦那さんも待ってるしねーがーん、言われた。ごめんね。監視されているようなもんだから、今のバイトも何度も喧嘩して許してもらったからさ。
楽しそうなの、奥さんが働くの反対なの。うん、そう。なんだよ。ほら、うちの旦那、バツイチじゃん。前の奥さんが浮気症だったらしくて、女は信用できないみたいなんだったら。エリカよりもっと真面目そうな人を選べばいいのに、いくらでもいるでしょう。確かに、エリカは魅力的な女性だけど、恵梨香の旦那さんは、エリカのどこを好きになったんだろう。
俺はいつものコンビニまでエリカを送っていった。降りようとしたエリカだったが、「あ、やば、あの車、旦那のじゃん。ちょっと、コンビニ出て」と言われた。何事かと思ったが、言われた通り、コンビニを出て、数軒先のスーパーに車を停めた。
「旦那さん、コンビニ行ったの?たまたま?どうだろうね。いつも、ナオミに送り迎えしてもらってるって言ってるから、確認したかったんじゃない。いつもならナオミもいるから別にいいんだけど、助手席はいつもナオミだし。でも、今日はナオミいないじゃん。変に誤解されそうだから。そうだね、何もないんだから変に疑われるのは嫌だもんね」とここから歩いて帰るよ、また次のバイトでね、うん、わかった、気をつけて帰ってね。
俺はエリカが見えなくなるまで、車の中からエリカを見送った。なんだか不安だった。いつか急にエリカがいなくなるような、いつか急に会えなくなるような、そんな不安だった。
基本、土日はエリカとナオミはバイトには入らない。次のシフトの火曜日になった。この日、エリカは仕事早く終えた旦那さんに送ってもらうということだった。なぜかナオミもお姉ちゃんの車を借りて、自分で通勤すると言っていた。俺避けられてるのかな。土日の間に何かあったのかな。いろいろと心配していたが、バイト先で会った二人は至って普通だった。
おはよう、マサオ。ブーヤン、オッハー。今日、面白い話してあげるね。
おはよう。うん、わかった。焼肉を食べに行ったナオミと小金丸さん。あの日から二人に会うのは今日が初めてだ。
出勤票を書きに行くと、小金丸リーダーがいた。そして、ナオミはリーダーに駆け寄ると、あからさまにベタベタし始めた。腕を絡ませたり、明らかにイチャイチャというやつではないか?もちろん、そんな二人をパートさんたちは冷ややかな目で見ていた。しかしお構いなしに二人の世界に入るナオミとリーダーだった。これはもう行くところまで行ったな。

>>Summarize<<
こんにちは、マサオです。
Hello, I'm Masao.

ナオミが前回のバイトで喧嘩したパートさんとの関係修復を図るために、バイト先のリーダーである小金丸さんと食事の約束を取り付けました。
Naomi arranged to have a meal with Kokamaru, the leader at work, in order to mend her relationship with the part-timer she had an argument with during the last shift.

一方、エリカは食事の途中で旦那さんが怒っているという理由で帰ることになりました。
On the other hand, Erica had to leave in the middle of the meal because her husband was angry.

その後、バイト先での出来事が続きます。
After that, the events at the workplace continue.

エリカとナオミはファミレスを出た後、マサオの部屋へ向かい、バイトが終わるまでリーダーである小金丸さんとナオミのデートの話題が続きます。
After leaving the family restaurant, Erica and Naomi headed to Masa's room, where the topic of Naomi's date with the leader, Konamaru-san, continued until the end of their shift.

バイト中、ナオミは小金丸さんにドキドキしながらも積極的にアプローチし、二人の関係は次第に深まっていきます。
During work, Naomi actively approached Konamaru-san with excitement, and their relationship gradually deepened.

次のバイト日、エリカとナオミはバイト先での関係について話しつつ、バイトを始めます。
On the next shift, Erica and Naomi begin their work while discussing their relationship at the workplace.

しかし、ナオミの行動が周囲のパートさんたちの不満を引き起こし、ナオミとリーダーの関係はバイト先で注目されるようになります。
However, Naomi's actions cause dissatisfaction among the other part-time staff, and her relationship with the leader starts attracting attention at the workplace.

バイトが終わった後、ナオミはマサオの車で着替え、ファッションを楽しむ姿が描かれます。
After work, Naomi changes clothes in Masao's car and is depicted enjoying fashion.

エリカとの会話からは、ナオミの恋愛に対する姿勢や周囲との関係が浮かび上がります。
The conversation with Erica reveals Naomi's attitude towards romance and her relationship with those around her.

その後も、ナオミとリーダーの関係がバイト先で注目され、エリカやマサオは心配や不安を抱えながらも、普段通りにバイトを続けます。
The relationship between Naomi and the leader continues to attract attention at work, and Erica and Masao continue to work as usual while harboring worries and anxieties.






The 40th work
こんにちは、マサオです。
前回、小金丸のリーダーと焼肉に行ったナオミとバイト先では、一目もはばからず、リーダーとナオミはイチャイチャしていました。もちろん、パート3たちは面白くなかったです。一方、俺は、エリカを送っていた夜のエリカの浮かない表情が気になっていたので、マサオの部屋にようこそ。
バイト先に着き、出勤票を記入すると、俺たちは持ち場に入りました。やっぱり今日も3人は同じレーンでした。エリカはよほど気になっていたのでしょう。仕事の準備もそこそこに、ナオミとおしゃべりを始めました。「なになに、さっきの偉くラブラブじゃん。まあねー、もう金はナオミの虜だと思うよでさ。焼肉行ってどうなったの? 焼肉食べて飲んでたんだけど、金の方から告白してきたの、リーダー、やるじゃんでで、どんな風に言ってのよ? 横で聞いていた俺もドキドキしてきた。
なんかね、急にナオミちゃんが好きです。『付き合ってください』って、王道だよ。マジウケるね。今伝えなきゃダメだと思いましたって、今じゃなきゃって、なんで? それで焼肉の後どうしたの? 金の家に行きたいって言ったの? 飛んでお泊りしたリーダー、一人暮らしなんだじゃあ、もうそうなったんだ。早くない? 早すぎるよ。こういうのって相性もあるからさ。早い方がいいじゃん。そこはあんまり理解できないけど。
いつものことか。そんでね、今日から誰の家で暮らそうと思うんだ? 開いた口が塞がらないってのはこのことだよ、ナオミは。いつも気に入った男ができると、そこに転がり込む癖があった。時には母親と同居している貯籠の家だったり、解体業や土木作業をしている男の寮だったり、様々だ。今回も早速転がり込んだな。そして飽きるまで居座るのだ。その後、俺たちはおしゃべりをしながらも仕事をこなしました。俺はリーダーが気になって、リーダーの方をちらちら見てしまった。
リーダーは常にナオミを見つめていました。現場のバイトをまとめるリーダーがそんなんで大丈夫なんだろうか。ハートさんたちの冷たい視線に気づいてないこともないと思うが。恋は俺にも気持ちはわからなくもないが、早くも片思い。仲間を卒業してしまったリーダーに少しだけ嫉妬してしまった。今日も無事バイトが終わり、出荷数が少なく早めに終わったナオミは、リーダーが終わるまで待っているというので、俺がエリカを送っていくことになりました。帰り道、「ねえ、今日は早く終わったし、飲んで帰ろうよ。あ、マサは運転ね。」「私が飲みたいの」「うん、もちろんいいよ。俺が運転するから、エリカ飲んだよ。ほら、夜中まで開いてる居酒屋あるじゃん、帰り道にそこ行こう」。
俺たちは海鮮の美味しい遅くまで開いている居酒屋で飲むことにした。店内は保湿になっていて、落ち着けそうな雰囲気だった。お腹すいたし、適当に頼むよ。エリカが食べたいものを頼んでいいよ。残ったら俺が食べるからさ。久しぶりの二人きりでの食事だが、俺にメニューの決定権がないのは相変わらずみたいだ。
生ビールとコーラで乾杯だ。こうしてるだけで俺は最高に幸せだった。マサオまかない親子、いくら丼だってこれ美味しそうと頼んで俺は言われた通りまかない親子いくら丼を頼んだ。到着した丼は、サーモンとイクラが乗っていてとても美味しそうだ。エリカは生ビールを片手にサーモンやイクラを楽しんでいた。あっという間に生ビールを飲み干し、レモンサワーを頼んでいた。そしてサーモンとイクラを食べ終えたエリカは当たり前のように丼に残ったご飯を差し出してきた。「はい、ご飯、マサオのね。」「はい、了解しました。」
寿司も上だけ食べてシャリは俺に押し付けるエリカのことだ。予想はしていたが、やっぱりねという行動を取ったエリカになんだか俺はほっとしていた。あの頃の日常が戻ったみたいで、なんだか嬉しかった。
一品料理にちょこっとだけついてくるサラダも俺の担当だ。鉄板下がりステーキの下に敷いてあるパスタも俺の担当だ。楽しそうにお酒を飲むエリカを見ているだけで満足だった。旦那さんが厳しい人みたいだから、こうやってストレス発散してくれたらいいな、そんなことを考えていたら、突然エリカの表情が曇った。「エリカ、どうかした?」「エリカ、なんか言ってよ。」
「カッターシャツがシワになってるの、なんでかな?」俺はエリカが何を言っているのかわからなかった。「朝着て行ったシャツが帰ってきたらシワになってんの、なんでだと思う?」「え? どこかで脱いで固まなかった時とか?」「そうだよね、それしかないよね。」
「エリカ、どういうこと? 何の話?」エリカは俺の質問には答えず、喋り続けた。「最初はね、気のせいかと思ったの、私がちゃんとアイロンかけてなかったかな? って思ったの。でもまた3日後くらいに同じことが起こった。それ以来アイロンは気にしてたはずなのに、帰ってきたらシワになってた。」「誰の話? 旦那さんのこと? なんだか嫌な予感がしてさ、それから着ていくシャツをさらにシワ一つないくらいピッチリとアイロンかけてやったんだ。でもそれから数日後、また今まではそんなことなかったからさ、こっちも気づくよね。」
「3回続くと確信に変わった、職場で着替える時、丸めておいてるとか、制服あるって言ってたよね。それも思ったからさりげなく聞いてみたんだよ、制服に着替えるときシャツどうしてるの? って。そしたら脱ぐときはちゃんとハンガーにかけてるよって。そもそもきっちりしてる人だから、脱いだ服を放り投げるような人じゃない。今まではシワになって帰ってくることなかったんだから、そっかー、バカだよね、この質問の意図に気づかなかったなんて、ていうか、そんな服で帰ってきたらおかしいってわからないもんなの?」俺は男が服を脱いで畳む余裕もないシチュエーションを想像してみたと、それは夢中で絡み合う男女の姿だった。「まさか、エリカの旦那さん、浮気してるの?」「エリカ、大丈夫?」「うん、あの、俺、尾行は得意だから。」
なんかあったらチカレになるから言ってよ。うん、そろそろ帰るね。
心配だったけど、エリカ奥の日は仕事してバイトに行って、体はクタクタだったけれど、なかなか寝つけなかった。最近エリカが暗かったのは旦那のせい? 幸せになってほしくて、エリカの結婚を喜んだのに、自分は浮気してるのにエリカを束縛するって何なんだよ。こんなことってないよ。俺に何ができるだろう。証拠を掴むのは得意だけど、勝手に動いていいものかいろいろ考えているうちに、は明るくなり、スズメがチュンチュンと泣き出した。もう朝か、結局一睡もできないまま仕事に向かった。その日も仕事の後バイトを入れていたので、寝不足は辛かったが、エリカに会えると思うとなんとかなりそうだ。
仕事を終え、バイトに向かったエリカは、ナオミが迎えに行くとのことだった。バイト先についたエリカが心配だったけれど、思ったより元気そうだった。でもエリカはいつもギリギリまで俺を頼ってこない。
「おはよう、エリカ。もう大丈夫なの?」「おはよう。昨日のあれ、聞かなかったことにして。なんかあったらこっちから言うから、わかった?」「エリカはいつも俺から何か聞かれるのを嫌がる。エリカが自分から話してくれるまで待つしかないな。」
一方、リーダーとナオミのイチャつきっぷりはどうこしていたか。ついにはナオミを現場に入れず、事務作業をさせるという名目で自分のデスクに座らせていた。パソコンも触れないナオミが事務作業? さすがにエリカも呆れていた。「エリカ、今日からナオミね、金のお手伝いすることになったから、マソーとエリカは楽な持ち場に入れといたよ。」
入ってすぐのバイトの女にそんなことを任せるのか。どうせ適当にやるか感情で持ち場を決めるに決まっている。やはり問題はすぐに起きる。黄金丸リーダー、どういうことですか。今日私がつくこのレーンは、重いものばかりで普段は男性が担当してるはずです。私無理です、ごめんね。人手が足らなくて女性にもついてもらうことにしたんだよ。私もです、あんな重いもの無理です。
さすがにやりすぎでは、俺は慌てて間に入った。「すみません、そこ、俺が担当します。ちょっと腰が割れて、リーダーに相談したから入れ替えてもらったみたいなんですけど、俺がやりますから。」
なんで俺がリーダーをカバーないといけないんだ。当たり前じゃない。なんなの、最近ナオミさんが入ってからどうかしてるわよ。次こんなことしたら、やめますからね。そう言うとナオミを睨みつけた。党の本人は知っとこっちゃないという顔でスマホゲームをしていた。

>>Summarize<<

マサオは前回、小金丸のリーダーと焼肉に行ったナオミとの関係について気にかけていた。
Masao was concerned about the relationship between Naomi and the leader of Konkinmaru, whom they had gone to yakiniku with last time.

一方、エリカの旦那の不審な行動にも心配がよぎっていた。
Meanwhile, Masao also had concerns about Erica's husband's suspicious behavior.

バイト先では、エリカが元気そうに見えたが、彼女はいつも俺に頼ってこない。
At the part-time job, while Erica seemed to be in good spirits, she never relied on me for anything.

リーダーとナオミのイチャつきには困惑し、特にナオミの仕事ぶりには疑問を感じていた。
I was perplexed by the intimacy between the leader and Naomi, and particularly puzzled by Naomi's work performance.

ナオミは重い仕事を拒否し、リーダーにカバーさせるように要求した。
Naomi refused to do heavy work and demanded that the leader cover for her.

これに対し、マサオは自らその仕事を引き受けることを決意した。
In response, Masao decided to take on the job himself.

しかし、ナオミは問題行動を続け、周囲の反感を買っていた。
However, Naomi continued her problematic behavior, earning the disapproval of those around her.

エリカの夫の不審な行動については、彼女の話から掴んだ情報が怪しいものであることがわかる。
The suspicious behavior of Erica's husband becomes apparent from the information gleaned from her conversation, which seems dubious.

エリカの不安や心配を聞いているうちに、マサオは彼女のことを気にかけるようになっていた。
As he listened to Erica's anxieties and worries, Masao began to grow concerned about her.

その後、彼女との食事での会話や、彼女の様子から、以前の日常が戻りつつあることを感じ、ほっとしていた。
Afterwards, through conversations during their meal and observing her demeanor, Masao felt relieved to sense that their previous normalcy was gradually returning.

一方で、ナオミの問題行動にはさらに疑問符が付く。
On the other hand, Naomi's problematic behavior raised even more questions.

彼女の振る舞いに対して周囲からの反感が高まりつつあり、今後の展開が気になるところだ。
There is growing resentment from those around her regarding her behavior, and the future developments are a cause for concern.
>>Summarize<<







The 41th work
「こんにちは、マサオです。前回、エリカから旦那が浮気をしているかもと打ち明けられました。一方、バイト先では、ナオミと小金丸リーダーの孔子混同した態度に、パートさんたちがしびれを切らしてしまう。俺もいつまでも構えるわけではない。二人には仕事とプライベートを分けて欲しいと思っていました。エリカと働ける職場は貴重ですからね。」
「エリカーブーヤン、ご飯食べて帰ろうよ。うん、いいけど、今日はリーダーのところに泊まらないの。最近ずっと一緒だからいいの、お腹も空いたしね。」
「俺たちがロッカーに向かおうとした時、ナオミが現れました。『あねえ、ナオミちゃんもう帰るの。今日はエリカとご飯食べて帰るから』と言います。『うちには今日は来ないの?』と俺は聞きました。『今日はうちに帰るお母さんも心配してるから』とナオミが答えます。『そっか、そうだね、わかった。また明日待ってるから』と俺は言いました。」
「俺たちは3人で駐車場で待ち合わせ、ナオミの車で帰ることにしました。『店は原平でいいよね、マサオ?現地集合でわかった後でね』とナオミが言います。俺は行きつけの居酒屋に車を走らせ、ちょうどエリカとナオミも到着したようでした。」
「店内に入ると、大将が『あんたたちよう来たね』と迎えてくれました。俺たちはいつものやりとりを交わし、名物のイカ玉チーズと焼き鳥を注文しました。エリカとナオミは生ビール、俺はコーラを頼みました。」
「その時、ナオミから重大な発表がありました。『ここはナオミのおごりだから、二人とも好きなものを頼んでいいよ』と彼女が言います。『お金どうしたの?ガネがね、お小遣いくれるんだ』とナオミが続けます。俺はその発言に軽くショックを受けました。彼女はお金や結婚相手を重視しているようで、それには違和感を覚えました。それを指摘するのは難しいけどね。」
「ナオミはちゃんとした家庭があって、奥さんもいるから遊びなんかじゃないんだよね。遊びだから誰でもいいっていうわけじゃなくて、相手がそこそこ可愛くて面白かったらいいんだろうね。奥さんにしたい人と遊びの女って違うと思うんだよ。だから相手が独身だったらナオミを選ぶかは別にして、ナオミは可愛いかもしれないけど掃除もしないし、前の彼氏と住んでた家はゴミ屋敷だったし、金銭感覚もおかしいし、男遊びも激しいんだよね。だから彼らの不倫相手にはなれても奥さんにはなれなかったんだよ。」
「ナオミが真っ赤になって叫んだよ。『ご、ごめん。ナオミは良いところいっぱいあるし、良い人見つかると思う』ってエリカが間に入ってくれたんだ。『ブーヤンにはいられたくない』って言ったんだね。『ごめん、俺が悪かったよ。年収200万にも満たない男だ。これで結婚して家族を養うのは厳しいかもしれない』って俺が言ったら、エリカが許してあげてくれたんだ。」
「こうやってエリカと会えるのもナオミのおかげだし、仕方ないかな。ちょうど俺たちの大好物のイカ玉チーズが到着したんだ。美味しくて、ナオミの機嫌も治ったし、話はエリカのことに戻ったんだ。『エリカ、旦那さ。浮気してるかもって言ってたじゃん。どうなったの?』って聞いたら、『お、俺の最も聞きたい話題だ。浮気はしてると思うんだけど、家庭を壊したくないと思ってるみたいだし、いいかなって思ってる』って返してきたんだ。」
「エリカの旦那、稼ぎもいいし、どうせ遊びでしょってナオミが言ってた。さっきまで既婚者に遊ばれてると指摘されて、そんなことないってキレたけど、立場が変わると遊びでもいいらしい。たださ、最近さらに束縛がひどくなって、位置情報アプリ入れられそうなんだよね。」
「そうなったら、こうやって飲むのも厳しくなりそうだね。『何?旦那うざー。俺も完全にナオミに同意します』って言ったら、一人の男が店に入ってきたよ。一人客みたいで、カウンターに座った俺は、ナオミの視線が彼を捉えてることに気がついたよ。『あの人、かっこよくない?』って聞いたら、『うーん、まあ悪くないね』って返して、ちょっと声かけてくるみたいだったんだ」
「ナオミはその人のところに行ってしまって、そして彼を連れてテーブルに戻ってきた。『あの、こちらの女性に声かけられたんですが、ご一緒してもいいでしょうか?』って彼が言って、『あ、もちろんです、一緒になりましょう』って返してたんだ。『あっくんだって、42歳、バツイチらしいよ』ってナオミが言って、『もうそんなことまで聞いたのか』って俺は思ったよ。話を聞くと、あっくんはそこそこ大きい企業で研究員として働いてるらしいんだ。給料もいいんだろうな、ナオミが好きそうだった」
「これをきっかけに、二人は付き合い始めたんだけど、リーダーとも完全に別れたわけじゃなかったみたい。そして、そんな頃、ナオミが誕生日を迎え、俺とエリカでお祝いすることになったんだ。ナオミはあっくんも連れてくるって。自撮りの美味しい居酒屋を予約して、プレゼントに、俺とエリカで化粧ポーチを買ったよ」
「当日、31歳になったナオミの誕生日パーティーが開かれたんだ。美味しい自撮りの炭火焼きに舌鼓を打ちながら、俺も酒を飲んだし、エリカとナオミが2次会に行こうと言い出した時だったよ。『あっくんの態度が変わったナオミちゃん、俺たち終電で帰らないと帰れなくなるよ』って俺が言ったら、ナオミが『あの、この辺ビジネスホテルとかもあるし、泊まったら?』って言ってさ。『せっかくの誕生日だしそうしようね』ってあっくんも同意して」
「俺たちは終電で帰るって決めてたけど、ナオミが『なんで?だめなん?今日誕生日だよ』って言ってさ。『じゃあ一人で残れば?俺は帰る』って言ったら、あっくんは俺たちの分だと言い、財布から2万円を取り出してテーブルに置いて、店を出て行ったんだ」
「『何?あっくんって融通きかない男だね、ほんと』って言ったら、『せっかく誕生日の場を設けて楽しく飲んでたのに、台無しだよ』ってエリカが悲しそうな顔で言ってたんだ」
「『ナオミ、気にしないでいいんじゃない?2時間行こうよ』って俺が言ったら、ナオミは『そうだね』って悪君を追いかけたんだ」
「残された俺とエリカ。エリカも帰ると言い出したよ。後日、俺たちはバイト先で顔を合わせたんだけど、ナオミとエリカの雰囲気がなんか変だったんだ」
「『おはよう、二人とも』って挨拶したら、『どうかしたマサオ?』ってナオミが言って、『おはよう、ナオミ』ってエリカが返した。『バイトやめるって?そうなの?』って俺が聞いたら、『そうね、旦那にはナオミと働くって言ってるから、許してもらってるし、辞めないといけないな』ってエリカが答えたんだ」
「『ナオミ、どういうこと?』って俺が聞いたら、『あっくんが普通にお昼ちゃんとした仕事してほしいって、二人のことだからうちらは口出せないし、仕方ないね』ってナオミが答えてさ。『あっくんがエリカとブーヤンと仲良くするのは良くないって、俺が仕事も探してパソコンとか教えるから、底辺にいる人たちと付き合うのやめたらって』ってエリカが言った」
「多分ナオミが危ない目にあったり、巻き込まれるって俺はさすがに頭にきた。一番危ないのはナオミじゃん。あっくんは今までナオミがしてきたこと知ってんの?知らないでしょ?」
「ふとエリカを見ると悲しそうな顔をしていて、俺は胸が痛んだ。俺たち3人の関係が少しずつ確実に変化していた。」

>>Summarize<<
マサオは挨拶し、前回エリカから旦那の浮気疑惑を聞き、バイト先ではナオミとリーダーの態度に戸惑う。
Masao greeted and felt puzzled by Naomi and the leader's attitude at work, after previously hearing about Erica's husband's suspected infidelity.

マサオは仕事とプライベートを分けたいと思っており、エリカとの職場は貴重だと感じる。
Masao wants to separate work from personal life and feels that the workplace with Erica is valuable.

その後、ナオミとエリカとの食事会で、ナオミが誕生日を祝い、あっくんと付き合い始める。
Subsequently, during a meal with Naomi and Erica, Naomi celebrates her birthday and starts dating Akkun.

しかし、あっくんの態度に不安を感じる。店を出る際、あっくんの行動にマサオとエリカは動揺し、ナオミの安全を心配する。
However, Masao and Erica feel uneasy about Akkun's attitude. As they leave the restaurant, Akkun's actions disturb them, and they worry about Naomi's safety.

後日、バイト先でナオミとエリカの不穏な雰囲気を感じ、マサオはナオミが危険な状況に置かれていることに心を痛める。
Later, at their part-time job, Masao senses the tense atmosphere between Naomi and Erica, and he is troubled by the fact that Naomi is in a dangerous situation.






The 42th work
こんにちは、マサオです。
前回、小金盛リーダーという彼氏がいるのにも関わらず、居酒屋で知り合ったアックンと付き合いだしたナオミ。そのアックンはバイトリーダーの小金丸さんと違って、大きい企業で研究員として働いていました。そしてアックンは、俺とエリカがナオミと名古屋区するのが気に入らないようでした。
ナオミはアックンを手放したくないためか、一緒に働いていたバイトをやめると言い出しました。俺たち3人はいろんなことを乗り越えてきたし、ナオミともずっと友達でいたかった。しかし、エリカはナオミの態度に悲しみを隠せませんでした。
俺たちはどうなっていくのだろう。さて、お話の続きをしていきましょう。
マサオの部屋へようこそ。
その日、バイトから帰った俺は悶々として眠れませんでした。怒りに近い感情だった。ナオミに彼氏ができるのはいいことだ。結婚もしてほしいし、落ち着いてほしい。しかし、彼氏に言われたがって、友達の縁まで切ろうとするなんて。
エリカはいつも危なっかしいナオミを助けてきたし、俺だってそうだ。用済みってことなのか。エリカの悲しそうな顔が頭から離れない。それに、ナオミがバイトを辞めたらエリカとも働けない。俺たち3人はずっと仲良くしていけると思っていたのに。
明日のバイト、ちゃんと来るかな?いろいろ考えているうちに、眠ってしまったようだ。
アラームの音で目が覚めた。なんか変わってるけど、この曲好きだな。エリカがそういった曲をアラームに設定していた。なんかエリカに呼ばれているようで、絶対に寝坊することはなかった。
2時間くらいは眠れたのかな?疲れが取れてない。頭も痛かった。簡単におにぎりの弁当を作り、仕事に向かった。
仕事中も、頭の中をいろんなことが駆け巡り、集中できなかった。仕事、早く終わらないかな。早くバイトに行きたい。
休憩中、エリカとナオミにLINEをしてみた。今日のバイト、来るよね?
仕事後は終わって、携帯を確認してみたが、二人とも既読にはなっているものの、返信はなかった。
俺は一度家に帰り、急いで準備を済ませると、バイトに向かった。なんだか不安だった。別に俺たちはずっと友達でいようとか、約束したわけでもない。でも、すでに俺は3人でいることが生活のすべてになっていた。突然一人になってしまうかもしれないことが恐怖だった。
思い返せば、俺はエリカと出会い、多額の借金をしてすべてを失った。
仕事仲間や両親からの信用、友達もいなくなった。そして、ますますエリカに依存していった。そしてナオミとも出会い、奇妙な関係ではあるが、3人でバカみたいなことをして過ごすのが楽しかった。
エリカもナオミもいなくなったら、気がつけば俺には世間話をする友達すら2人以外にはいなかった。
バイト先に到着したら、ナオミの車があった。じゃあ、エリカも来てるよね。
休憩室に二人はいた。「エリカ、ナオミ来てたんだね。もう来ないかと思って心配したよ。」
「マサオ、おはよう。急に辞めるわけにもいかないでしょ。」「ブーヤン、オハー。まだガレとも別れてないしね。ちゃんと話してからかな。」「そっか。でもとにかく、今日は会えてよかった。」
二人とも突然泣き出した俺に、二人はびっくりしていた。「何泣いてんのよ、ばっかじゃないの。」エリカは笑い出した。「ブーヤンてば、ウケる。」ナオミも笑い出した。
ほっとした俺は笑いながらさらに泣いてしまった。「この心地いい関係がずっと続けばいいのに、心からそう願った」ところで、「リーダーとはいつ話すの?」。
「今日、バイト終わったらご飯に食べに行こうってなってるんだ。でね、エリカとブーヤンもついてきてよ。なんか、別れ話って怖いじゃん。」「リーダーって、そういうタイプ?わかんないけど。」「なんかあったらいけないから、俺も行くよ。ありがとう。」
「さあ、今日も頑張りましょう。」俺たちは持ち場に向かった。ナオミに惚れ込んでいたリーダーは、ナオミを働かせず、ジムとして自分のデスクに座らせていたが、今日は違うみたいだ。「ナオミ、今日は普通に働くんだそうだよ。だって、別れようって話するのに頼めないじゃん。ここまでしてやったのに」とか言いそうだもんね。
「いや、リーダーは今まで十分してきたと思うが」と、そうも言えず、黙々と作業に入った。
普通に働くナオミの姿を見て、パートさんたちは、「あの二人、別れたんじゃないの?リーダーが上に怒られたんじゃない?」など、噂話をしているのが聞こえた。
今日も無事にバイトが終わった俺たちは、三人でいつものファミレスで小金丸リーダーが来るのを待った。「生ビデオを見ると、ビールと唐揚げとポテトね。別れ話に立ち会うんだから、ちょっと飲まないと耐えられないナオミもお酒入ってないと言えないかもしれないし。」
「別れ話って体力使うから、ステーキも頼んで、ブーヤン君たち、何もしなくてもいつも飲んでるじゃん。しかも、毎回、短時間で出会いと別れを繰り返してる。ナオミって、俺より体力あるでしょ」と思ったが、言われた通りに注文した。頼んだ料理が続々と到着した。
生ビールを飲みながら、どうやって話を切り出そうか、エリカとナオミは打ち合わせをしていた。
「普通にさ、別れたいんだけどって言えばいいよね。あっくんのことは言うべきかな?それは言わなくていいと思うよ。なんか合わなかったとか、適当に言えばいいんじゃない。」
俺は今まで誰とも付き合ったことがない。よって俺にできるアドバイスは何もなかった。
30分くらい経ったところで、黄金丸リーダーが来た。
「リーダー、お疲れ様です。」
「あれ?みんな、今日はどうしたの?ナオミに誘われて、みんなで食事することになりました。」
「そうなんだ。みんな、お疲れ。実は俺もみんなと話したかったんだよね。3人仲がいいじゃない。ナオミちゃんと付き合ってるからさ、仲良くしたくて、これからよろしくね。」
「あ、はい。」俺はちょっと胸が痛かった。
「そんなさ、もったいぶってもリーダーに申し訳ないじゃん。はっきり言った方がいいと思うけど、無理。ブヤン、代わりに話してよ。」
「なんで俺が…?え?どうかしたの?なんかあった?」
俺は長引かせても確かにしょうがないと思い、心苦しかったが言うことにした。「あの、リーダー、ナオミが言いにくいようなので、俺から言わせてもらいます。そのナオミは、リーダーと別れたいらしいです。」
「あ?えっと、そうなの?うん、ごめんなさい。」さっきまで穏やかだった雰囲気が一変した。
「うん、それは分かったけど、この二人いる?自分で言うことじゃない?それとも俺に恥かかせたいの?ここまで呼び出して、なんで関係ない人からこんな話されなきゃいけないのさ?」
「だって、言いにくかったからさ。もういいよ、いいからさ。」ナオミは急に感情を爆発させた。「この前買ってあげたネックレス、あげたお金も全部返してね。売ったって?ついこの前買ったよね?おかしいんじゃないの?どうにかして用意しなよ、男に取り入れるの得意でしょ?最近一緒にいても携帯気にしてたし、おかしいと思ってたんだよね。どうせ他に男でもできたんだろ?それから、君たちもうバイト来なくていいから。黄金丸さんはお金を持っているんだよ。店を出て行ったねえ。」
「ナオミ、これでよかったの?」「うん、やっぱり最低なやつじゃん。別れて正解。」
俺はちょっとだけリーダーを気の毒に思った。しかし、バイトをクビになってしまったバイトリーダーの一存でクビにできるかはわからなかったけど、どの道、リーダーと顔は合わせづらいし、ナオミはバイトに来れないだろう。
「もう、あのバイトいけないね。ねえ、ナオミ、どうするの?」「悪君の言うこと聞く?」「どういうこと?」
なんだか嫌な空気が流れていた。エリカとブーヤンは絶好する。

>>Summarize<<
マサオは前回の出来事から不安に押しつぶされる日々を送っていた。
Masao had been living through days overwhelmed by anxiety since the last incident.

ナオミがアックンとの交際を選び、さらにバイトを辞めると告げたことに対して、彼は怒りと悲しみを感じていた。
He felt anger and sadness towards Naomi's decision to choose her relationship with Akkun and further resign from her part-time job.

彼はナオミとエリカとの友情に固執し、三人で過ごす時間が自分の生活の中心となっていた。
He was clinging to the friendship between Naomi and Erica, and the time spent together with the three of them had become the center of his life.

仕事中も、そのことが頭から離れず、集中できない日々が続いた。それでも、ナオミとエリカにバイトに来るかどうかをLINEで問い合わせたが、返事はなかった。
Even during work, he couldn't get it out of his head, leading to days of being unable to concentrate. Nevertheless, he inquired through LINE whether Naomi and Erica would come to work, but received no response.

バイトに行くと、ナオミとエリカがそこにいた。
When he went to work, Naomi and Erica were there.

彼らは、ナオミがアックンとの関係を切り出すのに協力するように促されたが、その結果、ナオミは激怒し、バイトを辞めることになった。
They were encouraged to assist Naomi in breaking things off with Ackun, but as a result, Naomi became furious and decided to quit the job.

これにより、マサオはバイトリーダーとしてのリーダーシップを維持することが難しくなり、さらにはナオミとの友情も揺らぐことになった。
As a result, Masao found it difficult to maintain his leadership as a shift leader and his friendship with Naomi was further strained.

バイト後、マサオとエリカはファミレスでリーダーとの別れ話をすることを決めたが、その場でナオミがリーダーに向けて激怒し、関係を終わらせることになった。
After work, Masao and Erica decided to have a farewell conversation with the leader at a family restaurant, but Naomi became furious with the leader on the spot, leading to the end of their relationship.

ナオミの態度に失望したマサオは、リーダーに同情する一方で、ナオミとの関係も疑問視するようになった。
Disappointed by Naomi's attitude, Masao sympathized with the leader while also starting to question his relationship with Naomi.

次の日、マサオはバイトに向かう途中で、ナオミがエリカともう関わりたくないと言ったことを思い出し、不安と焦りに包まれた。
The next day, on his way to work, Masao remembered Naomi saying that she didn't want anything to do with Erica anymore, which left him feeling anxious and rushed.

彼は自分たち三人の関係がどうなるのか、心配していた。
He was worried about what would happen to their relationship among the three of them.








The 43th work
こんにちは、マサオです。すっかり春ですね。しかし、俺の心はぽっかりと穴が開いたようです。前回、ナオミと黄金丸リーダーとの別れ話に立ち会いました。俺とエリカの話は無事に終わり、ナオミとリーダーは別れることになりました。しかし、その後ナオミの口から耳を疑うような言葉が出てきました。「エリカとブーヤンと絶好して」。さて、お話の続きをしていきましょう。
マサオの部屋へようこそ。どういうこと?彼氏の言うことを聞くんだ。それ、あっくんに言われたの?俺たちと絶好してって言われた?うん、あっくんがそうじゃないと結婚できないって。あの二人が友達なら不安でしょうがないって。俺ならまだしも男だしわかるよ。でもエリカとも?それってナオミのことちゃんと考えてんのかな?
そうだよ、ナオミのためって言ってたもん。それっておかしいよ。ナオミの友達も仕事もあっくんが決めて、あっくんの言う通りに生きていくの?マサオもういいよ。エリカでもいいんだって、ナオミが決めたことだから仕方ないよ。それにナオミにも結婚して幸せになってほしいじゃん。エリカ、ごめんなさい。いいよ、だから幸せになるんだよ、ナオミ。
俺たちの長く奇妙な友情は終わりを告げました。大行で帰るナオミを見送りました。まんまるの顔で、いつもニコニコ笑っていたナオミ。もう見ることはないんだな。うちらも帰ろうか。うん。
帰り道、エリカはずっと無言でした。エリカはいつも助手席ではなく後部座席に座るので、エリカの表情は見えませんでしたが、泣いているような気がして、俺も声をかけることができませんでした。いつものコンビニでエリカを下ろしました。エリカはこちらを一度も振り返ることはなく、帰っていきました。俺はエリカさえも失ってしまったような気持ちになっていました。もうバイトにはいけない。エリカと会うことはできるのだろうか。俺はついに一人ぼっちになってしまったのだろうか。
あれから一週間がたった平日の昼間に、エリカに「元気してる?」とLINEを送ってみましたが、何も返信はありませんでした。俺はただ派遣の仕事に行き、飯を食べ、寝るだけの毎日を送りました。俺の生き甲斐って、なんだろう。自分の人生が、ひどくつまらないものに思えてきました。たかられても、こき使われても、急に呼び出されてもいいから、俺はエリカやナオミと関わっていたかったのか。エリカに会いたい。
でも、会えない。もっと連絡をしたかったけれど、エリカの旦那さんは束縛がひどく、エリカの行動に厳しい人みたいなので、俺から連絡するのは極力避けていました。もう40を過ぎて、俺にあるのは借金だけ。生きている意味はあるのだろうか。借金の返済もあるため、派遣の仕事だけでは生活できません。新しいバイトを探し、別の倉庫で副業を始めました。
仕事に行き、バイトに行き、体はクタクタ。エリカ達とバイトしていた頃は全然苦じゃなかったのに、寒い倉庫で3人で働いている頃から3ヶ月が経ち、季節は暖かい春になっていました。周りの人たちは春の訪れを喜び、テレビでも桜の開花状況や花見の様子が取り上げられるようになっていました。しかし、俺の心はどんより冷たく沈んでいました。まだった両親を悲しませるわけにはいかない。その気持ちだけが俺を活かしていました。
夜、寝ているとLINEの音が鳴りました。俺は友達にもいないから、LINEが来るのはエリカかナオミだけでした。もしかしてエリカだ。俺はエリカからのLINEにすぐ気づけるよう、寝る時も着信音量を最大にして枕の横に置いて寝ていました。
「明日お花見に行かない?」「嘘?やった!エリカに会える!」俺はもちろんOKしてお弁当を作る約束をしました。その足で24時間空いているスーパーに行き買い物をしました。夜中だけど眠れそうにない。メニューはエリカの好物の唐揚げとエビフライ、だし巻き卵。それから明太子のおにぎり。下準備をしておこう。俺は鶏ももに下味をつけ、冷蔵庫にしまいました。そのまま一睡もせずに朝を迎えました。子供の頃の遠足の前日のワクワクした気持ちを思い出しました。鶏ももを揚げる油のパチパチとした音さえも俺を楽しませてくれました。
待ち合わせのコンビニには30分以上ついてしまいました。そわそわして待っていた時間通りにエリカがやってきました。春らしいブラウスにジーンズを履いていた。マサオ、久しぶり。うん、ほんと久しぶり。今日はありがとう。ふふ、ありがとうってエリカは笑いました。眩しい。俺にもやっと春が来た。
エリカを車に乗せると目的の場所に向かいました。近所でも花見スポットはあるが人目もあるので、少し離れた山の上にある公園に向かいました。桜はちょうど満開で、俺たちは公園にあるベンチに座り、弁当を広げました。「やった!唐揚げじゃん!エビフライもある!美味しそう!」。「あと、もちろんこれもいるでしょ。」俺はクーラーボックスからビールを取り出しました。「さすが!気が利くじゃん!」エリカは美味しそうに唐揚げを頬張り、ビールを飲みました。「今日から3日間、旦那さんは出張とのことだった。桜、綺麗だね。それでさらにお酒と美味しいおつまみ、最高じゃん。俺も最高にハッピーだよ。」俺は見捨てられてなかったんだよ、かった。エリカもお酒が入って酔っ払ってきたのか、話題はナオミのことになりました。「ナオミ元気にしてるかな。ナオミのことだから元気に決まってるよ。俺はちょっと許せないけどね。」「私も正直、ムカついてる。」
別に縁を切らなくても、たまに電話したりご飯行くくらいいいじゃん。ね、出会い系とか飲みとか行かなきゃいいだけじゃん。ね、あっくんって俺ちょっと不安なんだよね。そういう男いるじゃん、女をさ、自分の思い通りにしたいんだよ。こういう関係とか、ちょっと変わってるかもね。幸せになったらいいけど、確かにナオミがいなくて寂しい気持ちはある。でも、こうやってたまにエリカに会えるならそれもいいかなと思うようになっていた。
3人でずっと年を取っても一緒にいられるはずはなかった。どこかで終わりが来るのもわかっていた。そしてその後俺に何も残らないことも。エリカは弁当を完食してくれた。美味しかったと言ってくれた。俺に何も残らなくても、こうやって過ごしてきた時間は記憶に残る。それだけでいいのかもしれない。俺はエリカを送っていった。
また旦那がいない時、飲みに行こうと言ってくれたナオミがいなくなって、飲みに行け息が詰まると言っていた。次はいつ会えるかわからないけれど、それまでにちょっとでも痩せておこう、そう思った。
しかし、次は思ったよりも早くやってきた。その日の夜中、電話がかかってきたのだ。LINEの着信音、エリカだった。どうしたの?なんかあった?こんな時間に、マサオ?飲んでないよね?車出せる?うんうん、飲んでない、出せるよ。いつものコンビニまで行けばいい?お願い、急いでね。何かあったのか、夜中の2時だ、俺は急いで着替えると車に乗り込んだ。
待ち合わせのコンビニにはすでに、エリカは到着していた。俺の車を見つけると、エリカはすぐに車に乗り込んできた。「どうしたの?何かあったの?どこに行くの?ナオミのところに連絡があって、急いで行かないと、ナオミ。こんな時間に、何が?」
>>Summarize<<
こんにちは、マサオです。春の到来と共に、ナオミと黄金丸リーダーの別れ話に立ち会い、その後ナオミから意外な言葉を聞きました。
Hello, this is Masao. With the arrival of spring, I attended the farewell conversation between Naomi and the leader of Kogane Maru, and later heard surprising words from Naomi.

「エリカとブーヤンと絶好して」という言葉に戸惑いつつも、彼女たちの決定に従うことにしました。
I decided to go along with their decision, despite feeling puzzled by the phrase "being with Erica and Buyan".

しかし、それが友情や自分の人生にどんな影響を与えるのか不安になりました。
However, I became anxious about what impact it would have on our friendship and my own life.

エリカとの友情も突然終わりを告げ、彼女との関係を失った寂しさに心が押しつぶされそうになりました。
The friendship with Erica also came to an abrupt end, and I felt as if my heart was being crushed by the loneliness of losing her.

エリカに会いたいという気持ちと、彼女の旦那からの束縛が厳しく、連絡を取りにくい状況に置かれました。
I found myself in a situation where I wanted to see Erica but struggled to communicate with her due to the strict control exerted by her husband.

さらに、借金の返済や生活の不安も抱えながら、派遣の仕事や副業で生計を立てていました。
Furthermore, I was making a living through temporary jobs and side gigs while also grappling with debt repayment and financial insecurity.

しかし、エリカとの再会が訪れ、お花見に行く約束をしてワクワクしました。
However, when the opportunity to reunite with Erica arose and we made plans to go cherry blossom viewing, I felt excited.

エリカとの楽しい時間は、心の支えとなりました。
The enjoyable time spent with Erica became a source of comfort for me.

それでも、ナオミの突然の電話で再び現実に引き戻され、彼女の呼びかけに応えるために急いで出かけました。
Still, I was abruptly pulled back to reality by Naomi's sudden phone call, and I hurriedly went out to respond to her summons.

エリカとの再会やナオミとの思い出は、心に残る大切なものでした。
The reunion with Erica and the memories with Naomi were precious things that remained in my heart.

しかし、友情や人生の意味についての不安や疑問は消えませんでした。
However, the anxieties and uncertainties about friendship and the meaning of life did not disappear.












The 44th work
こんにちは、マサオです。前回、俺とエリカはナオミと絶好調だった。その理由はナオミの彼氏、アックンの希望だったんだ。エリカは落ち込んでいたけど、数ヶ月経つとナオミのことは懐かしい思い出になっていた。俺とエリカは花見を楽しんで、飲みに行く約束をした。まるで昔の2人に戻ったみたいだった。
しかし、花見をした日の夜、夜中の2時にエリカから電話があった。ナオミが大変だから今すぐ来てと。何があったのか、マサオの部屋へ行く途中で心配した。待ち合わせのコンビニに車を走らせた。エリカはコンビニの中にいた。車を止めてコンビニに行くと、エリカが慌てていた。化粧もしていないすっぴんだった。どこに向かえばいいのか尋ねると、まるまる市に急いで行くように言われた。俺は車を走らせ、何があったのか考えながら向かった。
まるまる市は田んぼしかない田舎だった。ナオミが泣きながら電話してきた。彼氏と一緒に住んでいるまるまる町で追い出されたらしい。こんな夜中に女の子を追い出すなんて最低だ。急いで現場に向かった。
夜中だったので車も空いていて、思ったより早く着いた。真っ暗な田んぼ道を歩くナオミを見つけた。窓を開けてエリカが声をかけると、ナオミは車に乗った。ナオミの顔は涙でぐちゃぐちゃだった。化粧も取れて、マスカラが流れたのか真っ黒い涙になっていた。
何があったのか尋ねると、ナオミが仕事を辞めたことが原因で喧嘩になり、追い出されたそうだ。彼氏がお味噌汁をこぼしたことで口論になり、ムカついてしまったらしい。彼氏からは無職だから口を挟むなとか、仕事が続かないのは自分のせいだとか言われたそうだ。こんな時間にこんな場所で女の子を一人で帰らせるなんて普通はしないだろう。
帰らせるにしても、タクシーを呼んでやって、タクシー代を貸すくらいはしてもいいんじゃないのかな。話を聞くと、すでにナオミの家族とも親交があり、一緒に食事もしているようだった。俺が親なら、こんな真夜中に真っ暗な田舎道に放り投げる男との付き合いは許さないだろうけどな。あっくんって、ナオミのことを大事にしているとは思えないな。どうするのこれからでも、あっくんのことが好きだし、俺もあっくんってどこか冷たい男だと思うよ。ナオミはまたすぐに彼氏ができると思うよ。別れた方がいいのかな。
鍵の決着はつかないまま、ナオミの家に着いた。鍵は持ってないらしく、インターホンを押していた母親とお姉ちゃんが出てきた。そういえば、なんでナオミは両親ではなく、エリカに電話してきたんだろう。その答えは話を聞いていると分かった気がした。
なんで喧嘩なんかしたの?ナオミが仕事辞めたから?ナオミのことを思って叱ってくれたんでしょ?ナオミをもらってくれる高級鳥の男なんだよ。そうそう現れないわよ。あんたはさ、顔は可愛いんだから、適当にいい子のフリしとけばいいの。こんなチャンス逃したらどうするの?あんたは、さ、まともに仕事もできないんだから、いい男と結婚する以外の生きる道はないのよ。わかってる。でも、いつもあっくん。ナオミのことバカにするし、何してもダメみたいなこと言われるし。今日だってこんな時間に放り出されたんだよ。ナオミが口応えしなかったら、うまくいくの?縁起でもいいから、結婚までは我慢しなさい。
俺は自由すぎるほど両親にはいろいろしてもらったけれど、さすがにナオミの母親はひどいと思った。ナオミは厄介者なのか?それとも本当に自立できないのか?ナオミのことを理解しているから来る発言なのか?区別はなかったけれど、そして母親と姉の怒りは俺たちに向けられた。「エリカさん、マサオさん、あなたたちとお付き合いしている頃のナオミは、仕事も続かないし、適当に生きてきました。やっと結婚できそうな相手を見つけたんです。ほっといてくれませんか?この子は一人じゃ生きていけません。このままずっと仕事もせず家に居座られても困るんです。」
そういえば、エリカと俺が出会うまで、ナオミは子守だと言っていたな。つまり、親の気持ちとして、ナーミを養ってくれる相手が欲しいわけだ。エリカは怒りに触れているように見えた。「わかりました。でも、それが本当にナーミの幸せか考えてあげてください。」
帰ります。ナーミを母親に引き渡すと、俺たちは車に乗った。「エリカ、ブーヤン、また電話するから出てね。」エリカは何も答えなかった。俺たちは家に帰ることにした。なんなのあれ、普通あんなこと自分の娘に言うかな。だよね。俺もびっくりした。なんかナオミかわいそうだね。でも、ナオミの人生だからね。どんなにいろいろ言っても、うちらがナオミを養っていくのは無理だもんね。実際そうだよね。これから年も取っていくし、いつまでもあのままではいられないよね。なんだか悲しかった。時間が止まって、俺たちずっとこのままならいいのに。でも、現実はそうじゃない。一日一日歳をとっていく老後のこととかも考えないといけない年齢になる。そしていつか俺もおじいちゃんになる。目を背けたいけれど、これが現実だ。家に着く頃には朝方になっていた。
とりあえず寝るわ。来たらまた連絡する。うん、わかった、おやすみ。エリカをおくぎ届けると、俺も家路を急いだ。もう眠れそうにないな。俺はそのまま家事を済ませることにした。
時間は昼前になろうとしていた。エリカから電話があった。「おはよう。さっきナオミから電話があって、あっくんと別れたって言ってたそうなんだ。まあ、そうなるよね。親かなんていうかわからないけど、ナオミっていつも男の家を転々としてたじゃん。自分の家に居場所がなかったからなのかもしれないね。俺は今まではそんなナオミを理解できなかったけれど、やっと納得できた気がした。年上ばかりを好きになるのも、そういった事情が絡んでいるのかもしれないな。」
「でね、金曜日って予定、空いてる?ナオミが3人でご飯行きたいって。うん、いいよ。落ち込んでるかもしれないしあげましてやろう。」約束をして電話を切った。俺はそのまま派遣会社に電話をして、月曜日から木曜日まで仕事が終わった後の夜勤のアルバイトを入れた。手持ちがちょっと心もとなかったからだ。しかし週末エリカに会えると思うと、睡眠時間を削ってのアルバイトへの足取りも軽かった。ナオミともちゃんと話したかったしな。忙しくしているとあっという間に週末になった。俺は仕事を終えると、急いでシャワーを浴びて身だしなみを整えた。
待ち合わせのファミレスに着いたエリカとナオミは、到着していた生ビール片手に唐揚げやポテトを食べていた。懐かしい二人の姿になんだか俺もほっとしていた。しかし俺が到着するなり、少し酔っ払ったエリカから驚きの言葉を聞いた。「ねえ、ナオミ、あっくんと寄り戻したらしいよ。え?そうなの?また早い展開だね。」「そうなの、あの日の次の日かな、あっくんから電話があって、やっぱりナオミちゃんが好きだってで、ね、あっけなく復縁したってこと。人騒がせな…でもさ、俺たちと会うのは大丈夫なの?」「もう悪君の家に住んでないから今は大丈夫だよ。また同棲を始めたら色々言ってくるんだろうな。」その日は楽しく飲んでお開きとなった。
ナオミの家族のことは気になったけど、口に出すのはやめておこうとエリカと決めていた。しかし数日後、またナオミと悪君は別れた。そして俺たち3人はまた同じバイト先で働くことになった。いつもの俺たち3人に戻れたかと思ったが、そうは思えなかった。数日後、別れたと言っていた悪君とまた復縁していた。「あんたたち、1週間ごとに別れと復縁を繰り返してない?一体どういう付き合いしてるのさ」「付き合って3日くらいしたらいつも喧嘩になるんだもん。」「ナオミ、それって悪君と会わないんじゃないかな」「相性みたいなの、そんなことないもん。」しかし、ナオミと悪君の付き合いは最悪の終わり方をすることになる。

>>Summarize<<
マサオとエリカは、ナオミの彼氏であるアックンの希望により、前向きに過ごしていた。
Masao and Erika were spending their time positively due to the wishes of Naomi's boyfriend, Akkun.

しかし、ナオミとアックンの関係が崩れ、ナオミはアックンとの口論の末に追い出された。
However, Naomi and Akkun's relationship deteriorated, and Naomi was kicked out after an argument with Akkun.

ナオミを心配したエリカからの電話で、マサオはナオミを迎えに行くことになり、ナオミは悲しみに暮れていた。
Upon receiving a call from Erica expressing concern for Naomi, Masao went to pick her up, finding Naomi in distress.

ナオミは仕事を辞めたことが原因でアックンと喧嘩になり、追い出されたと話した。
Naomi explained that she had gotten into an argument with Akkun and was kicked out because she quit her job.

ナオミの家族は、ナオミを育ててくれる相手を探しているということが分かり、エリカはその親の気持ちを理解しながらも、ナオミの幸せを考えていた。
Naomi's family revealed that they were looking for someone to support Naomi, and while Erica understood their parents' perspective, she also had Naomi's happiness in mind.

ナオミは一時的にアックンと復縁するが、関係は再び崩れ、ナオミはアックンとの関係を終わらせることになる。
Naomi temporarily reconciles with Akkun, but the relationship deteriorates again, leading Naomi to end things with Akkun.

その後、マサオ、エリカ、ナオミの3人は再び同じ職場で働くことになり、ナオミとアックンの関係は最悪の形で終わる。
Afterward, Masao, Erika, and Naomi find themselves working together again at the same workplace, and Naomi's relationship with Akkun comes to a disastrous end.










The 45th work
こんにちは、マサオです。
前回までのお話では、ナオミに振られた俺とエリカのお話でした。きっかけはナオミに彼氏ができたことでした。しかし、数ヶ月後、ナオミから呼び出された俺とエリカは、真夜中にアックンと喧嘩して追い出されたナオミを実家まで送り届けました。しかし、ナオミの家族はナオミを心配する素振りすら見せませんでした。その後、俺とエリカとナオミはまた3人でバイトを始めました。アックンとナオミは寄りを戻しましたが、長続きせず別れたりくっついたりを繰り返していました。
それでは、お話の続きをします。俺たちが新しくバイトを始めたのは、通販商品を扱う倉庫での軽作業でした。たくさんの人が働く大きい倉庫で、仕事内容も簡単だったので、エリカもナオミも楽しく働いていました。俺は昼間に派遣の仕事があるため、19時から23時まで働いていました。一方、ナオミとエリカは16時から23時まで働いていました。
休憩時間には、社員や長く働いている派遣やバイトの人たちで賑わっていました。いつも俺たちは車に戻って休憩していましたが、その時は決まって俺の車でした。仕事内容は簡単でしたが、立ち仕事で体を動かすため、体は疲れていました。休憩中は、持ち寄ったお菓子を食べながらリラックスする時間でした。
そしたら、店の中でアックンが怒り出して、「これなら10万で買えるし、買ってあげるって言ってんだから、素直に買ってもらえば言ってきたの。服もバッグも、自分が気に入ってないものはいらないよね。」と言っていました。しかも、店員さんや他のお客さんもいるのに大声で怒り出していて、俺からしたら買ってくれる人がいるだけで羨ましいけどな。ブーヤンは人生で一回も彼女できたことないんだから、ナオミの気持ちはわからないよ。そりゃそうだけど、改めて言われると結構ショックだな。」
おしゃべりをしているうちに休憩も終わり、俺たちはその後も黙々と仕事をこなしました。今日も無事にバイトが終わったエリカとナオミはご飯を食べて帰るらしいです。俺は誘われなかったし、明日も朝から派遣の仕事があるのでそのまま帰りました。派遣とバイトも掛け持ちはそれなりにきつかったけれど、それよりも楽しい気持ちの方が上回っていました。明日のバイトの休憩のお菓子は俺が買っていこう。エリカの好きなチョコの中にクッキーが入ったやつと、冷たいコーヒーも水分補給に入れて持っていこう。
いつの間にか朝になっていました。最近はよく眠れる体が疲れているのもあるけど、充実しているからかな。エリカは俺の心の安定剤みたいなものなのかもしれません。そういえば、エリカは今旦那さんの転勤でこっちにいるけど、3年くらいで戻ると言っていました。2年とちょっとで何かが変化しているといいな。俺は張り切って仕事に向かいました。
仕事が終わればバイトが待っている俺はその日、お菓子とアイスコーヒーを持って張り切ってバイトに向かったのですが、エリカとナオミはお休みしていました。何かあったのかな。次のバイトは来週だ。俺は一人黙々とバイト先で作業をこなしました。一人ぼっちの休憩時間、チョコを食べていると電話が鳴りました。あれ、エリカだ。もしもし、エリカ。どうしたの、マサオ。バイト中だよね、休憩でしょ。ちょっと早退できる。えっと、うん、わかった。俺はお腹が痛くなったと嘘をつき、バイトを早退しました。心の中でごめんなさいとつぶやきながら、早退して呼び出されたファミレスで、エリカとナオミは酔っ払っていました。
ちょっと、二人とも何やってんの?バイト休んで飲んでたの?駐車場までは行ったのよ。そこでナオミが買いたいって、だって筋肉痛で手が上がらないんだよ。確かに今回のバイトは荷物によっては重たいものもある。15キロほどの荷物を棚から下ろしたり、荷台に乗せたりするのだから慣れてないと筋肉痛になるだろうな。そっか、確かに筋肉痛はつらいよね。俺も初めて引っ越しのアルバイトをした時は全身が筋肉痛で布団から起き上がるのも辛かったことを思い出した。で、エリカは平気なの?うん、平気。ビリーズブートキャンプずっとやってるから、昔痩せるから頑張ろうと。エリカにビリーのDVDを借りたことを思い出した。1日ともたなかったエリカ、ずっとやってたんだ。なんか感激してしまった。
「来週からはちゃんと行くって言ってやるからわかった。」で俺はなんで呼ばれたの?「別になんとなく、ブーヤン呼ぼうってなっただけ。」俺はなんとなくでバイトを早退させられたのか。そして酔っ払った二人の会話に耳を傾けながら食事をした。でね、もっくんがご飯作ってくれてさ。もっくんって優しいんだね。もっくん?あっくんじゃなくて?で、またなの?うん、そういう関係じゃないってば。だってもっくんとは友達だもん。
「ちょっと待ってよ、話わからないんだけど、誰?もっくんって。最近できた友達?あっくんのこと相談したり、たまに遊んでる。え?本当に友達なの?うん、そうだよ。ナオミはあっくんが好きだし、結婚したいもん。それにもっくんには婚約してる人がいるよ。そうなんだ。でも男はわからないからさ、気をつけなよ。」
ブーヤン受ける、何が受けるのか、さっぱり理解できなかった。それからたびたびモックの話は出てきたが、男女の関係にはなっていないようだったナオミとあっくん。そして、結婚の話も具体的に進んでいて、式場を決めたり、ドレスを見に行ったりの話もちらほら聞くようになっていた。エリカも嬉しそうだった。「結婚したら家族ぐるみで仲良くしようね」とはしゃぐエリカとナオミに、俺は胸が痛かった。正直も結婚したら、3家族で仲良くできるじゃん。そうしよう、ブーヤン。誰でもいいから、結婚しなよ。はっはっは、笑うしかなかった。しかし、破天荒な刹那的に生きてきた俺たち3人のことだ。人生、そんなにうまくいくわけがない。エリカとナオミとマサオの物語、終わりの時は、刻一刻と近づいていた。
>>Summarize<<
マサオが前回ナオミに振られた後、エリカとの関係を築いていた。
After being rejected by Naomi last time, Masao had built a relationship with Erika.

ナオミが彼氏を見つけてから数ヶ月後、ナオミが深夜にアックンと喧嘩して追い出された際、マサオとエリカが彼女を実家まで送り届けた。
A few months after Naomi found a boyfriend, Masao and Erika escorted her to her parents' house after she got into a late-night argument with Akkun and was kicked out.

しかし、ナオミの家族は彼女を心配する素振りを見せず、3人は再び一緒にバイトを始めた。
However, Naomi's family showed no signs of concern for her, and the three of them started working together again.

その後、3人は通販商品の倉庫で働き始め、仕事は簡単で楽しんでいた。
Afterward, the three of them started working at a warehouse handling mail-order products, where the job was simple and enjoyable.

マサオは昼間に派遣の仕事があり、夜は倉庫で働いていた。
Masao had a daytime dispatch job and worked at the warehouse at night.

休憩時間には車でリラックスし、アックンの愚痴を聞いたりしていた。
During breaks, they relaxed in the car and listened to Akkun's complaints.

ある日、エリカとナオミが休みを取り、マサオは一人でバイトを続けた。
One day, Erika and Naomi took a day off, while Masao continued working alone.

休憩中にエリカから電話があり、早退して彼女たちが酔っ払っているファミレスに行った。
During a break, Masao received a call from Erika and left early to join them at a diner where they were drinking.

そこでナオミが新しい友人の「もっくん」について話し、結婚の話が出ていた。
There, Naomi talked about her new friend "Mokkun" and marriage came up in the conversation.

エリカとナオミの幸せそうな様子に対し、マサオは寂しさを感じた。彼らの物語は終わりに近づいているようだった。
Masao felt a sense of loneliness witnessing Erika and Naomi's happiness. It seemed like their story was coming to an end.










The 46th work
こんにちは、マサオです。前回、エリカとナオミと一緒にファミレスに行った時の話を続けましょう。
ナオミはただの友達としてモックンという新しい男性の名前が出てきたそうです。一方で、ナオミは彼氏の悪君との結婚が具体的になっていたそうです。
俺たち三人は、大手通販会社の倉庫でバイトをしながら、たまには三人で飲みに行ったりして、楽しい日々を過ごしていました。ナオミはアックンと結婚してもバイトを続けると言っていたそうです。
エリカが東京に帰るまでの2年間は、みんなで楽しく過ごしたいと話していたそうです。そして、夏になり、倉庫の中はとても暑く、バイト後は汗だくになっていました。そのため、生ビールが別格で、飲んで帰る日が増えた気がしたそうです。
そんなある日のバイト帰り、俺たちは繁華街まで出かけ、屋台で餃子を食べることにしました。エリカが提案したビールは、暑い中でも心地よく、すでに汗だくの状態でした。
その後、ナオミの結婚式について話し合うことになりました。しかし、ナオミの家族の事情から、俺たちは結婚式には呼ばれないことになりました。それでも、ナオミの幸せそうな笑顔を見て、俺も嬉しくなりました。
しかし、数日後の休憩時間に、ナオミとアックンの関係について話が出ました。ナオミは、アックンとの喧嘩で子供の話になり、生活費が足りないために、ナオミが10万円くらい稼がないと子供は作れないと言っていました。
養育費のことをナオミに働けと言っているようで、それは嫌な感じがしますね。養育費が必要なのはわかるけど、言い方が問題だよね。でも、ナオミは仕事をちゃんと続けられないし、頑張りたいと思っているのにいつもうまくいかないの。人間関係もうまくいかないことも多いし、ナオミは言いづらいことを言っちゃう癖があるのかもしれないね。
でも、ナオミの裏表のないところが好きだよ。自分が思ったことを素直に言うところがね。俺も派遣で製造業をしているけど、以前は職を転々としていたし、単発のバイトで食いつなぐこともあった。その時は本当に嫌だったし、なんで普通にできないのかって自問自答したりしたな。
でも、俺も変わりたいって思ってた。でも、普通にはなれなかった。ナオミも今の気持ちをアックンにちゃんと話してみたらどうだろう?甘えだとか言われるかもしれないけど、みんなうまくいかないこともあるし、不安を話すことは大切だよ。
でも、結局はナオミの幸せを願っているだけだし、彼女の良いところも悪いところも受け入れないとね。彼女が追い詰められたり辛い思いをするのはつらいから、私たちは彼女をサポートしてあげたいと思っているんだ。
休憩が終わり、作業に戻った後、その日のバイトも無事に終わった。ナオミは帰ってからアックンと話し合うと言っていたけど、どうなるのか心配ではあるけど、口を出すわけにもいかず、見守ろうとエリカと決めた。でも、やっぱりアックンはナオミの気持ちを理解できるはずもないんだろうな。
金曜日の夜、集合がかかった個室のある焼き鳥屋で待ち合わせた。今日は個室なんだね。
何かあったの?壁に耳あり、障子に眼やりって言うでしょ?他の人に聞かれたくない話でもするのかな?とりあえず二人の話を聞くことにしました。内容によると、悪君に例の話をした後のことのようでした。悪君はナオミがこれからも働けるようにと、パソコンを教えたり、言葉遣い、一般教養などを教えていたみたいです。
しかし、ナオミはローマ字も読めず、漢字もほとんど書けなかったため、教える側にも苛立ちがあったようです。彼女は他の人が当たり前にできることがなぜできないのか、ケンカになって家を飛び出したそうです。
その後、仲直りして少しずつナオミのことを理解していくことになり、結婚は予定通りに進むことになったようです。しかし、ナオミは悪君を裏切ってしまったことを後悔し、泣いていたそうです。
その後、エリカに事情を聞いた後、モックンとも会わないことになったようです。ナオミは自分を大事にしないところがあったものの、泣いている姿を見て、あっくんのことが今までの彼氏と違うのかと思い、結婚したいと思うくらいだったそうです。
その後、2ヶ月近くが過ぎ、バイトではいつも通り作業をし、休憩では楽しいおしゃべりをしていました。しかし、この頃からナオミが体調を崩し始め、バイト後の食事の時に急にトイレに行ってしまいました。
ナオミの具合が心配で、救急車を呼ぼうかと叫ぶ中、何が起きたのか分からないままでした。
>>Summarize<<
こんにちは、マサオです。
Hello, I'm Masao.

前回、エリカとナオミとファミレスに行った話を続けます。
Continuing from last time, let's talk about the story where Erica, Naomi, and I went to the family restaurant.

ナオミはただの友達として新しい男性の名前、モックンについて話しました。
Naomi talked about a new guy named Mokkun as just a friend.

一方で、彼氏の悪君との結婚が具体的になっていました。
On the other hand, her marriage with her boyfriend Akkun had become more concrete.

俺たちは大手通販の倉庫でバイトをしながら、時には三人で飲みに行ったり、楽しい日々を過ごしていました。
We were working part-time at a major online retail warehouse, and at times, we would go out for drinks together, enjoying some fun days.

ナオミは結婚してもバイトを続けると言っていました。
Naomi said she would continue working part-time even after getting married.

エリカが東京に帰るまでの2年間は楽しく過ごしたいと話していた頃で、夏になると倉庫の中は暑く、ビールが別格で飲む日が増えました。
During the two years until Erica returned to Tokyo, we wanted to have fun. When summer came, the warehouse became hot, and we found ourselves drinking more beer, which felt exceptional.

ある日のバイト帰り、繁華街まで出かけて屋台で餃子を食べた後、ナオミの結婚式の話題が出ました。
One day after work, we went to the downtown area and ate dumplings at a food stall. Afterwards, the topic of Naomi's wedding came up.

しかし、ナオミの家族の事情から俺たちは結婚式には呼ばれないことになり、それでもナオミの幸せな笑顔を見て嬉しかったです。
However, due to Naomi's family circumstances, we ended up not being invited to the wedding. Still, seeing Naomi's happy smile made us glad.

その後、ナオミとアックンの関係についての話がありました。
After that, there was a discussion about Naomi and Akkun's relationship.

アックンは養育費の問題でナオミに働けと言っていたようで、これが嫌な感じがしました。
It seemed like Akkun was telling Naomi to work due to the issue of child support, which felt unpleasant.

ナオミは仕事を続けたいと思っているけど、うまくいかないことが多く、言いづらいことを言ってしまう癖があるようです。
Naomi wants to continue working but faces many difficulties, and it seems she has a habit of saying difficult things.

それから、アックンとの関係について話し合うことになりました。
After that, it was decided that there would be a discussion about Naomi's relationship with Akkun.

アックンはナオミのことを理解しようと努力していますが、ナオミの気持ちを完全に理解するのは難しいかもしれません。
Akkun is making an effort to understand Naomi, but fully comprehending her feelings might be difficult.

ナオミはアックンとの関係で悩んでいるようで、友人のモックンに相談していましたが、その後は会わないことになりました。
Naomi seems to be troubled about her relationship with Akkun and had consulted her friend Mokkun about it, but they ended up not meeting afterward.

その後、バイトでの休憩中にナオミが急に体調を崩し、トイレに行ってしまいました。
Afterwards, during a break at work, Naomi suddenly felt unwell and rushed to the restroom.

心配した俺たちは救急車を呼ぼうかと叫びましたが、何が起きたのか分からず、ナオミの様子を見守ることになりました。
We shouted whether we should call an ambulance out of concern, but without knowing what had happened, we decided to watch over Naomi.







The 47th work
こんにちは、マサオです。
前回までのお話では、結婚を控えていたナオミとアックンの関係が描かれていた。しかし、価値観の違いから喧嘩ばかりしていたナオミは、不器用で周りとうまくいかない一面を持っていた。一方、アックンはナオミに普通になって欲しがっていたが、ナオミは当たり前のことができない自分に反発して家を飛び出してしまった。そして、男友達のモックンに会いに行き、一夜の過ちを犯してしまう。
しかし、後悔したナオミはモックンとは二度と会わないと誓い、元のアックンの元に戻った。2人の結婚の準備は着々と進んでいたが、ナオミは体調を崩し、ファミレスのトイレに駆け込んでしまう。しかし、大丈夫だと言ってすぐにトイレから出てくる。
数日後の朝、エリカからの電話で目が覚めたマサオは、エリカが家に来たいということを聞く。ドキドキしながらも掃除をして待っていたマサオは、お昼時には何か軽く作ろうと冷蔵庫を物色していると、電話が鳴る。俺の家はインターホンが壊れているので、着いたら電話をするように伝えてあった。
エリカが来たので、俺は急いで階段を駆け下りて玄関の扉を開けた。上がってくると、長い付き合いだが、ナオミが俺の家に上がるのは初めてで、色々と面白がっていた。二人を二階に通し、俺はコーヒーとお菓子を出した。
今日はどうしたの?何もないのに家に来ないでしょ。ナオミがさ、あれが来ないって。あれ、鈍いな。毎月来るやつ、女の子の日。あーなるほど、え、それって子供ができたってこと?おめでとう。そう簡単じゃないんだって。ナオミ、モックンとの過ちから来てないらしいから、アックンの子供とは限らないで、検査した病院はなんて言ってる?検査をするのに、ブーヤンの家に来たの?どういうこと?検査薬持ってきたから、トイレ貸してえ?まだなの?なんで俺の家なのさ、一人で検査する勇気なくて。で、今日は私は家に旦那もいるし。だからって外で検査するのもなんだから、マサオの家にしようってなった。まあいいけど、早い方がいいからトイレ使っていいよ。ブーヤン優しい。トイレ1階だよね、行ってくる。あ、1階はお風呂だよ。トイレはそこ、俺は部屋の奥にある襖の扉を指さした。ブーヤンのお家、変だね。まあいいや、行ってくる。ナオミは検査薬をかたてにトイレに入った。
でも、子供できてたらどうするの?とりあえず病院に行けばトイレに行くよ。いつ頃の妊娠か分かると思うんだ。もっくんとの軸とかぶってなければ何も問題ない。どっちの子供にしても産んでほしいよね。私もそう思ってるけど、あとはアックンともっくんがどうするか。ナオミがトイレから出てきたそのまん丸い笑顔からは、結果は読み取れなかった。
で、どう?見せて。ナオミが明日、俺はこんな経験もなく、それを見ても結果がどうなるかわからなかった。どうしよう、赤ちゃんいる直美、妊娠してる。とりあえず病院、午後から空いてるとこ探して、この日は土曜日。俺は近所で土曜も開いてる病院を探した、あった、まるまるレディースクリニック。
ここからじゅっぷんくらい、ありがとう。行ってくる、終わったらまた来るから、わかった。エリカとナオミは家を出て行った。テーブルの上に置かれた普通ならあるはずのない妊娠検査薬。俺はこれをどうしたらいいのだろう?3時間くらい経っただろうか、二人が戻ってきた。おかえり、どうだった?わからなかった、どっちの子でもおかしくない感じ、どうしよう、ナオミは、アックンの子供だと思う。
モックンとの関係は一回だけだし、確率だけ言えば悪君の方が高いね。でも、絶対じゃないんでしょ。モックンの子供である可能性はゼロじゃないって感じかな。どうしよう、ナオミ赤ちゃん産みたい。もちろんそれが一番だよ。問題は悪君との結婚だよね。隠して産むの?離してから産むの?あの悪君が浮気相手の子供かもしれないって、知って許してくれると思う?どうだろう。
俺は大好きなエリカなら違う人の子供でも育てたいと思う。でも悪君はそうじゃない気がする。隠して産む?でもそれも何か違うような気がする。悪君は自分に似てないとなると、DNA鑑定するタイプだろう。「君には黙っていればバレないよ」と言われるかもしれないけど、ナオミ、俺は偉そうなこと言えないけど、嘘は良くないと思う。後々大変なことになる気がする。
私も黙って産むのはちょっと怖い気がする。でも結婚と子供を産むのは別だから、一人で産むっていう方法もあるよ。大変かもしれないけど、ずっと秘密を抱えて生きるより、後々君の子供じゃないってわかるより、子供のためにもいい気がする。
そんなぁ、ナオミ一人で育てられる?ナオミにできるのかなぁ。ナオミはすでに涙目だった。そんな重大なこと、他人が決めることじゃないよな。でも結婚する相手に浮気した事実、どちらの子供かわからない、妊娠を伝えるには、ナオミには何もない。そんなことはないよな。重すぎるだろう。とりあえずモックンにも行った方がいいのかな。自分の子供かもしれないって思ったら、知りたいんじゃないのかな。
とりあえずモックンに行ってみるね、ナオミはその場でモックンに電話かけ始めた。赤ちゃんもどんどん成長する、悠長にしている時間はない。ナオミが話しているのを聞いていたが、なんだか穏やかではなかった。10分ほどで電話終わったようだ。
で、なんだって?うん、知らないって、俺は関係ないって、困るから、生まないでお金を払うって、うわっ、最低じゃん。で、結局どうするの?あっくんには話すの?言わなきゃダメだよね。
大丈夫?ついて行こうか?とりあえず、お母さんに話すよ。エリカとブーヤンから話してくれる俺はいいよ。でもあのお母さんだよね、俺たちが行って大丈夫かな。ナオミ一人だったら何もいないと思う。だからついてきて泣きそうだったので、俺たちはナオミの実家までついていくことにした。
俺たちは車を走らせ、ナオミの実家に向かった。車では誰もしゃべらなかった。どうすればいいのか、簡単に答えが出せるものではない。
実家に着くと、ナオミがインターホンを鳴らした。母親が出てきた。「またあなたたちなの?もういい加減、ナオミを巻き込まないでちょうだい。この子はやっといい人との結婚が決まったの、あと少しなの、帰ってちょうだい。」
エリカは黙っていたので、俺が話すことにした。「あの、ナオミさん、妊娠してます。」「えっそうなの、ナオミよかったじゃない。順番が逆になっても全然いいのよ、ドレス直さなきゃいけないかしら。」「そう言うとナオミを連れて家に入ろうとした、違うんです、あっくんの子供じゃないかもしれないんです。」「ナオミ?どういうこと?お母さんごめんなさい、子供かもしれない。」「あんたまたまたなの、あれほど結婚までは気をつけなさいって言ったのに、ごめんなさいごめんなさい。」ナオミはまるで小さな子供のように泣いていた。
ナオミのお母さんは俺たちの方を見た。そしてすごい顔で俺たちを睨みつけると、「だからあれほど、うちの娘に関わるなと言ったでしょう。もうすぐ結婚して、すべてが終わるはずだったのに、どうしてくれるの、ナオミが一人で子供を産んで育てられると思うの、タダでさえまともに働けないのに、なんてこと。」どうしたら、お母さんの声がだんだんと小さくなっていった。
ナオミのお母さんはそれ以上は何も言わず、ナオミを連れて家に入った。これから、どうなるんだろう。

>>Summarize<<
ナオミとアックンは結婚を控えていたが、ナオミは自身の不器用さとアックンとの価値観の違いに悩んでいた。
Naomi and Akkun were on the verge of getting married, but Naomi was troubled by her own clumsiness and the differences in values between her and Akkun.

喧嘩の末、ナオミは一夜の過ちを犯し、後悔してアックンの元に戻った。
After a fight, Naomi made a mistake one night, but regretted it and returned to Akkun.

しかし、体調不良から妊娠を疑い、検査を行った結果、赤ちゃんができていることが判明した。
However, suspecting pregnancy due to poor health, she underwent testing, which revealed that she was indeed pregnant.

ナオミは自分の子供を産みたいと思いつつも、相手が誰かわからない不安から悩んでいた。
Naomi was torn between wanting to have her own child and the anxiety of not knowing who the father might be.

悪君との結婚を控えながらも、浮気相手であるモックンとの関係も考えさせられる状況にあった。
While preparing for marriage with Akkun, Naomi found herself contemplating her relationship with her affair partner, Mokkun.

ナオミは検査結果を知らせるためにモックンに連絡し、その結果、モックンは関与を否定した。
Naomi contacted Mokkun to inform him of the test results, and as a result, Mokkun denied any involvement.

しかし、ナオミは悩みながらも子供を産むことを決意し、アックンにも話すことにした。
However, despite her worries, Naomi decided to go ahead with having the baby and also decided to talk to Akkun about it.

しかし、アックンのお母さんはナオミとの関係を快く思っておらず、ナオミに対する非難を浴びせた。
However, Akkun's mother did not approve of Naomi's relationship and criticized her harshly.

ナオミは今後の選択に迷いながらも、自分の子供を育てる決意を固める。
Naomi remains uncertain about her future choices but is determined to raise her own child.









The 48th work
こんにちは、マサオです。
マサオの部屋へようこそ。一度の過ちから妊娠してしまったナオミ。あっくんの子供か、もっくんの子供か、どちらかもわからない。ナオミを実家に送り届けると、母親はナオミを叱りました。「こんなことになったのは、私たちがナオミを関わったからだ」と言われ、俺たちはナオミの家を後にしました。帰り道でねえ聞いた?ナオミのお母さん、すべてが終わるはずだ。結婚してこれからいろいろ始まるのに終わるはずって、ナオミのこと、どう思ってんだろう。俺もそこは引っかかった。これから幸せな暮らしが始まるはずならわかるんだけどね。ナオミ、大丈夫かな?子供、どうするんだろう。別に監禁されてるわけじゃないんだし、すぐ連絡は来ると思うよ。
俺の予想通り、ナオミからの連絡はすぐにあった。前回からなぜか俺の家が人で集まる場所になっていた。エリカからもうすぐ着くと連絡があったので、俺は玄関の影を開けておいた。ガラガラガラガラッ、エリカとナオミが到着したようだ。「ブーヤンの家、ボロすぎてドアが開かないよ。この玄関、どうなってんの?」ナオミが私が開けるから、どいてパンッ、エリカ。「すごーい、2階にいても聞こえてくる」2人の会話に思わず笑ってしまった。二人が部屋に入ってきた。「マサオの家の階段、ボロすぎスリッパ用意しといてよいらっしゃい。次からはそうしとくね」。またこの家に来てくれるのか、俺はちょっと嬉しかった。
であれからどうなったの?あっくんにはバレてるかもしれない。話によると、ナオミとあっくんは反動性のような暮らしをしていた。驚くことに、あっくんはナオミの整理の時期まで把握しているようで、手帳に予定日を書き込んでいたらしい。整理が来ない体調が悪そうなナオミ。「もしかして子供が?」とあっくんも思っていたらしい。それでね、聞かれたナオミは、つい認識していることをあっくんに言ってしまったらしい。「だってナオミ、聞かれたら嘘とか上手にできなくて、まあいつかは言わないといけないだろうから、それは仕方ない」としないあっくんは、「なんて言ってきたの?産んでほしいって喜んでくれた」。
でも、悪君の子供じゃないかもしれない可能性は?話してないんだよね。それは聞かれなかったから言ってない。結局、前回から何も進んでいないってことか。
それでね、ナオミのお母さんは悪君の子供ということにして、産みなさいって。それは果たして正しいことなのか?決めるのはナオミにしかできないよ。私にもわからないから。そんなぁ、ナオミどうしたらいいかわからない。エリカとブーヤンが決めてよ、そんなこと。俺には決められないよ。人生を変えてしまうようなアドバイスなんて、俺とエリカにはできないけど、どうなってもナオミの味方でいよう、支えになろうと思っている。
この日は結局何も決まらず解散となった。時間が解決してくれる、そんなわけないよな。ナオミにはとても言えないが、本音を言うならば、一人になって子供を産むのが一番いいような気がしていた。誰に嘘をつくわけでもなく、後ろめたい気持ちもなく、子供を産むにはそれしかないと思っていた。
しかし、ナオミの母親の言っていた言葉、仕事も続かず、自分のことすらまともにできない。ナオミに子育て、母親には協力も望めそうにない、など。どうすればいいんだろう。自分のことじゃないのに、悩みにならんで眠れない日々が続いた。しかし、数日後、事態は一変した。この日も俺の家に集合となった。ナオミの浮気が悪くにばれたそうなの。
ナオミは下を向いたまま私から話すけど、子供ができてもふさぎ込んでるナオミを見てピンときたみたい。「まさか俺の子じゃないの?って聞かれたって、それでナオミは嘘がつけないから、認めてしまった」というわけで。
あっくんはなんて?怒り狂ってナオミとの結婚もやめるし、お金は出すから子供もいらないって、そう、なっちゃうよね。どうするの?あっくんの子供産みたいけど、お母さんがダメって、うーやん。エリカと一緒に育ててよ、一人じゃ不安だよ。せっかく授かった命、俺も協力したいけど、俺は借金もあるし、派遣もいつクビになるかわからない。エリカにだって、家庭がある、現実的な話とは思えなかった。うちら3人とナオミの子供で助け合って生きていけたらいいけど。そう、俺もそう思う。
でも、今の俺たちには…。俺はずっと気になっていたことを聞いてみた。「エリカ、あのさ、聞いてもいい?」「何?エリカの子供って、どうしてるの?」「何のこと?あ、あれ?今でも信じてたの?マサオがいろいろ言ってきて、面倒だったから、適当にそう言っただけよ。いるわけないじゃん。冗談ってわかるやろうーやん。やっぱりバカだね」「そうだったんだな、なんだかほっとした。前聞いた時、うるさいって怒られてからずっと気になってたけど、聞けなかったんだ」。
そっか、俺の家は国道沿いで家も古いから、外の車の音が家の中まで聞こえる。でも、この時は静かな時間が流れていた。世界に俺たち3人だけのような気がしていた。ナオミは急に俺の部屋の床に転がった。そして、エリカも。2人は天井を見ていたけど、ナオミが泣き出してしまった。そんなナオミを優しく抱きしめ、頭を撫でるエリカ。俺は部屋の隅に座って、エリカとナオミをずっと見ていた。
前世では、エリカはナオミのお母さんだったのかな、なんとなくだけどふとそう思った。今までちゃんと生きてたら、こうはならなかったのかな、これまで適当に生きてきたからね、今を楽しく生きてきたからね、俺たち俺たちはよくこんな話をしていた。はみ出し者で、誰にも理解されない。俺たち3人がいつか協力し合って老後を暮らそうというものだ。俺とエリカが料理をして、ナオミがホールで接客。俺たちの小さなお店。実際に安く借りられる店舗を探したこともあった。夢を語る時間は楽しかった。エリカとナオミはお酒を飲んでいるもんだから、話がどんどん大きくなって、どんな料理を出そうかななんて真剣にメニューを考えたりした。そんな時間が俺はとても楽しかった。
でも、実際はどうだ、夢を叶えるために何か努力をしたか、夢を語るだけの俺たち。結局、夢を叶えるために何か努力をしたか。子供一人守れないじゃないか。しばらく三人とも黙ったままで、それぞれが何かを考えて言うように見えた。口を開いたのはナオミだった。「アックンからメールが来てる、お金下ろしてきたから、今から取りに来てって。うむにしても、お金はいるからもらっといたが、いいよ、うん。エリカとブーヤンもついてきてね」。
俺たち三人は車に乗り込み、アパートに向かった。到着すると、ナオミは行ってくると言った。俺たちは駐車場に車を止めて、様子を見ることにした。ナオミがインターホンを鳴らすと、勢いよくドアが開いて、ドアにぶつかったナオミが倒れた。俺とエリカは慌ててナオミに駆け寄った。
ナオミ、大丈夫?お腹に赤ちゃんいるのに、乱暴なことしないで。悪君は謝ることもなく、冷ややかな目で倒れるナオミを見ていた。そして、財布からお金を取り出すと、投げつけた風で一万円札が舞い上がり、コンクリートの駐車場に散らばった。それを必死に拾うナオミ。俺とエリカもお金を拾い集めた。いくらなんでも、その態度はないでしょう。俺は悪君に怒りがこみ上げていた。
なんで?怒りたいのはこっちだよ。結婚も破談になったんだよ。会社での俺の立場も考えて、バツイチで、次は結婚が破談、恥ずかしくて会社に行けないよ、ごめんなさい。泣けばいいと思ってんの、とりあえず子供は産まないでね、そう言うと中に入った。そして、ナオミの荷物を玄関から次々に放り投げた。服、ドライヤー、可愛らしい木箱からは化粧道具が散らばった。
もっと普通に荷物出せませんか?気持ち悪いから、早く荷物も出したいのわかる?頭悪い人たちにはわかんないよね、理性もない人たちだもんね。俺はぐっと怒りを抑え、ナオミの荷物を拾って、俺の車に積んだ。荷物を出し終えた悪君はまた勢いよく扉を閉めた。帰ろうか、ナオミを送っていった。また、お母さんが出てきたらうるさいから、ここでいいと。ナオミは途中で降りた。荷物はどうするの?化粧品だけ持っていく。あとはブーヤンが預かっておいて、ナオミ。また何かあったらすぐ連絡頂戴ね、うん、エリカ、ブーヤン、バイバイ。
この日から、ナオミとは連絡がつかなくなってしまった。

>>Summarize<<
マサオの部屋へようこそ。
Welcome to Masao's room.

一度の過ちから妊娠してしまったナオミ。
Naomi became pregnant from a single mistake.

あっくんの子供か、もっくんの子供か、どちらかもわからない。
It's unclear whether the child is Akkun's or Mokkun's.

ナオミを実家に送り届けると、母親はナオミを叱りました。
When we dropped Naomi off at her parents' house, her mother scolded her.

「こんなことになったのは、私たちがナオミを関わったからだ」と言われ、俺たちはナオミの家を後にしました。
"We're in this situation because we got involved with Naomi," her mother said, and we left Naomi's house.

ナオミのお母さんは、結婚してこれからいろいろ始まるはずが終わるはずだと言っていたことが気になりました。
I was bothered by what Naomi's mother said about how marriage should mark the beginning of various things, but instead it seemed like everything was coming to an end.

ナオミの子供の父親については、あっくんや悪君の可能性があるものの、はっきりとはわからない状況でした。
The father of Naomi's child could potentially be Akkun or Mokkun, but the situation was unclear.

ナオミはその後、浮気が発覚してしまい、あっくんは怒り狂ってナオミとの結婚をやめ、子供もいらないと言いました。
Naomi's infidelity was later discovered, leading Akkun to become furious and call off the marriage with Naomi, stating that he no longer wanted the child either.

ナオミは悪君の子供を産むことを希望していましたが、お母さんには反対されていました。
Naomi wished to have the child of Akkun, but her mother opposed it.

俺たち3人はナオミを支えたいと思っていましたが、現実的な問題や不安もありました。
We wanted to support Naomi, but there were practical issues and concerns.

ナオミの状況が解決することを願いつつも、俺たちの関わり方や未来について考える日々が続きました。
While hoping for a resolution to Naomi's situation, we continued to ponder our involvement and future.

しかし、ナオミとの連絡が途絶えてしまい、不安と戸惑いが募るばかりでした。
However, with the communication with Naomi ceasing, our anxiety and confusion only grew.













Final episode
こんにちはマサオでございます
まずこの動画についての説明をさせていただきたいと思います
俺のチャンネルダメ派遣男マサオには2つのコンテンツがあり
一つはこちらのエリカとナオミの物語という続きものになっている
ストーリーもう一つが
料理メインの派遣男の日常と料理となっております
俺の情けない借金人生の物語を見てみたいなという方は
こちらは最終回となっておりますので
エリカとナオミの物語を
再生リストの第1回目から見ていただくことをお勧めいたします
そんなの興味ないよお料理だけ見たいよという方は覇権男の
日常と料理を再生リストから見ていただくといいかと思います
ではお話を始めましょう
マサオの部屋へようこそ
前回アックンと別れることになったナオミ落ち込んではいたものの
ナオミを家まで送り届けた悪君の家に置いていたナオミの荷物は
俺がしばらく預かることになった
俺はすぐに連絡が来るだろうと車に乗せたままにしておいた
しかし1週間経っても2週間経ってもナオミから連絡はなかった
エリカにも聞いてみたがLINEも既読にならないらしい
エリカ曰くもしかしてつわりがひどいのかもしれない
と言っていたがさすがに心配になったのだろう
家に行ってみようとなったエリカを迎えに行くと
早速ナオミの家に車を走らせたナオミ
もしかしたらお母さんにスマホ取り上げら
れてるんじゃないかな
俺もそれは思った
落ち込んでるにしても
LINEも返事がないなんてナオミらしくないよね
家に着いてどうする?堂々と俺がピンポンしてみるよ
友達なんだからそれくらいいいよね
ナオミが無事か分かるだけでもいいんだからさ
そしてナオミの家に到着した俺たちは
車を降りてインターホームを鳴らそうとした
しかしなんとも言えない違和感があった
一応ピンポンしてみた音はない
これってもしかしてうん多分そうだよ
ナオミの家は表札はあるものの以前とは違う何かを感じた
玄関から左に見える窓は台所らしく洗剤が置いてあったり
調理器具がかけられている
様子がすりガラス越しに見えていたのだが何もない
2階の窓には
ナオミの部屋らしいピンクのカーテンがかけられていたのだが
それも取り払われているようだった
ナオミの家には以前普通に感じられた生活感がまるでなかった
誰も住んでいないみたい引っ越した?わからないけど
もう空き家みたいだね
なんでなおみどこに行っちゃったの
仕方なく俺たちは引き返すことにした
なおみの行く家をあっくんに聞いてみようとも思ったけれど
なおみとの最期を考えたらありえないだろうと思った
何もできない
なおみからの連絡を待つしか
エリカはなおみに何かあって
家族で引っ越すことになったんじゃないか
珍しく新聞を読んだり
ネットの地方ニュースを検索したりしていたが
結局何もわからなかった
いつも元気なナオミがいないのはこんなに寂しいものなのか?
せめて元気でいてほしいと思いながら毎日を過ごしていた
そしてついにエリカからもしばらく考えたいことがあるから
連絡を控えたいと言われた俺はなんでだと詰め寄ったけど
最後はうるさいと電話を切られたわけもわからず俺は一人になった
連絡をしてみても無視されて俺はついに何もかも
なくしてしまったのかと落ち込んだ
でも行きなきゃいけないいつかきっと連絡が来ると信じていた
そして3ヶ月くらい経っただろうか
エリカから連絡が来たマサオ
今から会える迎えに来てよいつもこうだ
本当自分が思うままに生きてるよな
俺がどれだけ心配したかいらないです
と思いながらもやはり嬉しかった
もちろん俺はウキウキしながら待ち合わせ場所のコンビニに行った
食も細くなっていたからか
体重も15キロほど落ちていたエリカ
俺を見てびっくりするかなと思ったけど
何も言われなくてちょっとショックだった
しかしそれよりも驚いたのはエリカと一緒にナオミがいたことだ
ナオミ元気だったの?心配したよ
ブーヤン、ナオミのこと心配してたの?ウケる
なんでだよ、当たり前じゃん
と思ったけど、とりあえず無事でよかった
で、今からどうするの?ご飯でも行く?
今日はさ、前に行った公園に行こうよ
あの高台にある実はね、ナオミとお弁当作ったんだ
コンビニでお酒も買ったから、マサオはコーラね
お弁当?ナオミが?食べれるの?ブーヤン失礼だよ
卵焼きくらい作れるってありがたく食べなよ
なんだか変な笑い方をしていた
俺は純粋に二人がお弁当を作ってくれたことが嬉しかったし
また三人揃ったことが何より一番嬉しかった
なんだかんだ言っても腐れえんだよな
周りから見たらどうしようもない三人組だけど俺は誇らしかった
公園に着くと屋根付きのベンチに座った
高台にあるこの公園は見晴らしもよく
人も少ない昼下がり晴れ渡る青空と
この景色に俺はワクワクしていた
スカイステの弁当容器には
定番の唐揚げとえのきのベーコン巻き小ぶりのハンバーグ
ちょっと不格好な卵焼きなどが入っていた
めっちゃ美味しそうさすがエリカだね
卵焼きはナオミかなさあさあ飲みましょう
エリカは保冷バッグからビールやチューハイ
お礼のためのコカ・コーラを取り出したブーヤン
卵焼き食べてみてよいただきます
俺は卵焼きから食べたとても甘くカステラのようだ
どうブーヤンうん甘いけど美味しいよよかったナオミね
卵焼きは甘い派なのハンバーグもとても美味しい
何よりとても楽しい3人とも笑顔だったエリカとナオミは
景色がよく見える場所
まで移動して2人並んで下に見える街を眺めていた
俺は3人での時間が戻ったことが何よりも嬉しく
エリカとナオミを微笑ましい気持ちで見ていたが
この2人はもう酔っ払って何もできないだろうと思い
ゴミなどの片付けをすることにしたと呼ばれた
マサオ振り返るとエリカとナオミは俺を見ていた
どどうしたのナオミとね話し合ったんだ
それでね今日は3人で集まったのはお別れのためだよ
えっどういうことブーヤンナオミね赤ちゃんダメだったんだ
今まで適当に生きてきたからバチが当たったんだよ
そう、そうだったんだ
でもそれと何の関係があるの?うちら3人集まるといつも適当じゃん
仕事も続かないし成長していける関係じゃなかったじゃん
一緒にいることで悪い方向に行ってしまう
3人でずっと一緒にいようって
将来は助け合って生きようって言ってもさ
このままじゃどう考えてもそうはなれないよ
エリカに言われてね
ナオミも考えたの本当はね
分かっていたよ今のままじゃダメだって
だからそれがいいと思うナオミもね
ブーヤンとエリカがいたら甘えちゃって
本当はいけないと分かっていることでも
二人が許してくれるならいいやってなってた
分かるよ言ってることはその通りだから
もうずっと会えないの?俺は泣きそうだって
3人ともそれぞれが自分の力だけで生きてみよう
ナオミもね父であいの紹介なんだけど
ちゃんと就職することになったんだ
それもあって家族で引っ越しもしたお父さんも退職してたしね
だからね自分の力だけで頑張って生きるようになったら
また会いたい
私はね多分離婚することになると思う
また3人でバイトや派遣を
てんてんとしても仕方ないし、資格でも取ろうと思う
私もね、ちゃんと自立できたらまた会いたいと思う
エリカ、離婚するの?俺、俺は?
マサオは派遣でもなんでもいいから、一つの仕
事をちゃんと続けること
そして借金を返して親孝行しなよ
そうなれた時、また会おうエリカとナオミの決断は間違っていない
しかし突然すぎて考えがまとまらなかった
確かに3人でいることが良くないのは分かっていた
バイトや派遣を休む時も
辞める時も3人一緒だからと
罪悪感すらも3人で分けてしまっていた
こんな俺たちが将来楽しく居酒屋を開いて老後を暮らそうなんて
夢物語もいいところだそう
分かっていた
このままじゃいけない3人でいる限り抜け出せないって
きっと3人みんなが心のどこかで思っていたこと考えたくなくて
考えないふりをし
てたことエリカが切り出してくれた気がつけば夕方になり
オレンジ色の夕日が沈みかけていた最後の日だったねえ
今ここでLINEを削除してブロックしよう
えそそこまでするの
ブーヤンも携帯出してこうしよってエリカと決めてたの残ってたら
すぐ連絡しちゃうじゃん
特にブーヤンはお、俺かよむしろナオミじゃんと思った
俺たち3人スマホを取り出した
そしてお互い見える位置に差し出すと
まずはエリカが消した
確実に俺とナオミのLINEをブロック削除した
次にナオミだ
初めて見たけど俺のLINEの名前本当にブーヤンにしてたんだ
そしてナオミも消した
そして俺二人が見守る中LINEを開いた
まずナオミを消した
そしてエリカマサオあんたってバカねごめん
俺はエリカのLINEの名前を初めて知り合った時の
エリカの旧姓のフルネームにしていた
結婚してエリカの名字が変わってもずっと変えなかった
それがバレてちょっと恥ずかしかった
そして消したエリカバカなのはエリカだよ
最近はlineでしかやり取りしない時代になったけれど
俺はエリカの電話番号はちゃんと暗記してあるのに
これでバイバイしたらもう連絡取れないね
うん3人がしっかりと自立してまっとうな人間になるまでの間だよ
3年か10年かわからないけど今までいろいろあったよね
他の人に話しても信じてもらうようなことも経験してきたし
なんか思い出まで消しちゃう気がして悲しいよ
その気持ちはわかるよ
なんか何もなかったことになりそうでちょっと怖いそうだ
マサオが本館に行きなんか書いておいたら3人の物語を
俺文章を書くの苦手なんだよねーいいじゃん
それなんか誰かに知って欲しいよね
こんな3人の友情なの変な関係をさ
ブーヤンが本を出してなぁみがその時
しっかりしてたらファンレター書くよ
そしたら連絡して私もそうするタイトルはエ
リカとナオミの物語
本屋さんに並んでないか
たまに探すから本をヒットさせて親孝行しなよ
エリカナオミは声を上げて笑った
む、無謀すぎる俺が本を出すなんて
一生二人とは連絡を取れそうにないじゃないか
そろそろ帰ろうかエリカが言った俺は
最後にどうしても聞いてみたいことがあった
もし俺がしっかりして本も出して金貨をして
親孝行してお金もあって
そしたら俺のこと少しは好きになってくれる
考える
その時のエリカの笑顔は
今までに見たことがないくらい優しさに満ち溢れていた
その笑顔をもう一度見るために俺は絶対に頑張る心にそう誓
った
お別れから1年以上が経っていた
しばらくは寂しさと空虚感で何も考えられなかった
エリカとナオミと真っ当に生きて全員が変わることができたら
また会おうと約束したものの
俺は派遣を頑張る外にどうすればいいのか見当もつかな
かったましてや本を出すなんて俺の想像を遥かに超えていて
何からすればいいのか
ただただ普通の日々を過ごし時間だけが流れていった休日のある日
俺は物を整理しようと押入れの収納ボックスを開けた
その中に昔お土産でもらったお菓
子の缶が入っていた懐かしい俺はそっと蓋を開けた
その中には思い出の品が詰まっていた
まだあったんだエリカの飲み屋時代の名刺ナンバー60エリカ
それにエリカが俺の似替えを変えてくれた
紙切れ彼氏と別れたからいらないと俺にくれた
ティファニーのオープンハートそれから敵若い
頃のエリカいかにも飲み屋の女って頃のやつだった
ああ俺の人生ここから始まったんだ
全てはエリカと出会ったあの瞬間からエリカと出会ってから
すでに20年以上が経過していた
でもちっとも気持ちは変わらないんだよな
そりゃ俺もふらついてしまったことはある
ナオミともその一度そうなりかけたし
秋名さんともお付き合いしようともした
でもそれでもずっと一番はエリカだったんだよな
心は移ろう志は移ろうわず俺頑張らないと一番大きい目標のために
しかし俺はWI-Fiも契約してなかったため
見るのももっぱらテレビのみ情報が何もなかった
パソコンも20代で卒業していたため
世の中のことがまるでわからなかった
そして俺は掛け持ちでバイトをして半年間お金を貯めた
俺は家にWI-Fiをつなぎ中古のパソコンを買った
あまりお金がないので
モニターは中古の2000円のテレビを使った
色々調べるうちに
これからはプログラミングの時代だというものが目について
プログラミングを勉強してみた
独学でやっていたが挫折した
次に動画編集者が足りません
みたいな情報を目にして
動画編集を勉強しようと思った
勉強しながら本を出す方法などを調べたりしていた
俺の昔の知識では
出版社に駆け込んで
原稿を読んでもらうことぐらいしかなかったのだが今では色々
あるんだなということも知った電子版だったり
自分で書いた文章を無料で発信できるサービスもあった
そこで色々考えた結果俺が選んだのがYouTubeだ
今では誰もが気軽に見ているYouTube
俺にもできるかもしれない
そして試行錯誤しながらも出来上がったのが、俺の黒
歴史ともいえる太ったおじさんが
お弁当を2つ食べるだけの動画だった
それでも俺は嬉しかった
人生で初めて
自分自身でやろうと決めたことをやり遂げることができたのだ
エリカ、ナオミ、今頃どうしてるだろう頑張ってるのだろうか
もしかしてどこかで見てくれているだろうか
俺とエリカとナオミの物語を最後までご視聴ありがとうございます
チャンネル登録してもらえたら嬉しいです
こんにちはダメハケン男マサオです
これまで一年にわたりエリカとナオミの物語をご視聴いただ
きありがとうございました
たびたびコメントでもどこまで本当なのか
今現在はエリカとナオミとは会っていないのか
そもそもエリカとナオミは存在するのか
など色々と質問をいただきました
いずれ機会があればこれらについてもお話ししたい
と思いますその他にも本にしてほしい
映像化してほしいなど嬉しいコメントもいただき
ありがとうございます
たくさんの応援コメントもとても励みになりました
俺がこの動画を出すにあたって過去から思い出しながら書いたので
時系列や年齢がおかしなことになっていた部分もあるかと思います
その時は忘れていて、まだお話していないエピソードや、
これ書いて大丈夫かな?と思って控えさせてもらったお
話もあります
他にも皆さんがあっと驚くような真実が待っているかもしれません
それもいずれお話できたらいいと思います
裏、エリカとナオミの物語
ToBEcontinued俺の人生はまだまだ続くのだから